富士塚

2017年01月31日

夢雲便りNo.23:猫だまっ?😱😨😅

自衛隊漫画『ライジングサン』最新巻を買ってきました。富士山25キロ行軍中です。第169号:富士山はムリでも富士塚に登ってみたい!で書いた富士塚は『会長・島耕作』で成子神社にあるものが出て来ていました。自分の知っているとささやかなことでも、漫画に出てくるとなんだか嬉しい😆



今は『猫だましい』を読んでいますが、専門学校時代のカウンセリングの授業を思い出すような・・・堅苦しいのではなくて「ああ、こんなこと習ったわわ~!」みたいな記憶がよみがえる感じ。またいろんな猫に関する本のあらすじなど紹介してくれるので、ありがたい‼(笑) 読んだことのない『長靴をはいた猫』はこういう話だったのかとか、童話似たような出てくる猫いろいろとか、村上春樹さんが訳した『空飛び猫』シリーズは読みたい‼と思いました🎶


「翼のある猫」というのは実在しますが、なんだろう、ファンタジーとはちょっと・・・やはり奇形になるんだろうなぁ、と思いました。羽根ではなく、キツネのしっぽみたいな感じで背中についている感じかな~? 検索したら2つしっぽのある猫の写真も見られると思います。


『猫檀家』という寺で飼われていたネコ🐱が恩返しでその寺を栄えさせる昔話があるのであるそうですが、ネコがらみの話はほっこり系もコワイ系もあってかなりバラエティーに富んでいますが、次の短い話はやはりホラーでしょうねぇ。



『ああしんど』(池田蕉園)

 よっぽど古いお話なんで御座ございますよ。私の祖父じじいの子供の時分に居りました、「三さん」という猫なんで御座ございます。三毛みけだったんで御座ございますって。
 (中略)
 随分ずいぶん永く――家に十八年も居たんで御座ございますよ。大きくなっておりましたそうです。もう、耳なんか、厚ぼったく、五分ぶぐらいになっていたそうで御座ございますよ。もう年を老とってしまっておりましたから、まるで御隠居様のようになっていたんで御座ございましょうね。
 冬、炬燵こたつの上にまあるくなって、寐ねていたんで御座ございますって。
 そして、伸のびをしまして、にゅっと高くなって、
「ああしんど」と言ったんだそうで御座ございますよ。
 屹度きっと、曾祖母おおばあさんは、炬燵こたつへ煖あたって、眼鏡を懸けて、本でも見ていたんで御座ございましょうね。
 で、吃驚びつくり致しまして、この猫は屹度きっと化けると思ったんです。それから、捨てようと思いましたけれども、幾ら捨てても帰って来るんで御座ごぎいますって。でも大人おとなしくて、何なんにも悪い事はあるんじゃありませんけれども、私の祖父じじいは、「口を利くから、怖くって怖くって、仕方がなかった。」って言っておりましたよ。
 祖父じじいは私共の知っておりました時分でも、猫は大嫌いなんで御座ございます。私共が所好すきで飼っておりましても、
「猫は化けるからな」と言ってるんで御座ございます。
 で、祖父じじいは、猫をあんまり可愛かあいがっちゃ、可いけない可いけないって言っておりましたけれど、その後ごの猫は化けるまで居た事は御座ございません。



池田 蕉園(いけだ しょうえん、1886年(明治19年)5月13日 - 1917年(大正6年)12月1日)は、明治から大正にかけての女性浮世絵師、日本画家だそうで・・・満31歳で亡くなっていました。作家さんではなかったんですね。Wikipediaで彼女の浮世絵を見ることが出来ます。しかし・・・猫が「ああしんど」とは・・・しわがれた老婆のような声だったのか、若い娘の少し媚びたような声だったのか・・・気になる(笑)


青空文庫からコピーさせていただきました。犬の話では林芙美子の『美しい犬』がとてもかなしいです・・・こちらも青空文庫で読めますので、検索してみて下さい。タイトルの意味深さにまた涙してしまいます😢



さてさて、なんだかバタバタしているうちに1月も最終日になりました。昨日は暑いくらいだったのに、今日はまた冬にもどってしまいました😨😨😨 体調を崩さないように皆さま、お気をつけ下さい。今月もおやぢネタ満載のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました😆💕✨


また来月もよろしくお願いいたします☺☺☺



rohengram799 at 10:54|PermalinkComments(10)

2010年07月04日

第169号:富士山はムリでも富士塚に登ってみたい!!

少し前に、テレビのパワースポット探訪みたいな番組で《富士塚》というのを紹介していました。


なんでも、富士塚(ふじづか)というのは、富士信仰に基づいて、富士山を真似して造られた人工の山や塚だそうで…。


私がみたのは、富士山の溶岩を積み上げたものだったのですが、すでに存在した丘や古墳を利用したものもあるそうです。


頂上には浅間神社を祀ります。


富士講が盛んになった江戸時代に造られ、関東地方を中心に分布しているらしいです。


基本的に、富士塚の上から富士山をのぞむことができるように築造されるそうですが、今は家屋の高層化が当たり前になっているので、直接富士山を見られるものはほとんどないそうです。


1780年(安永9年)に、高田籐四郎(日行)が江戸の高田に建てたものが、最も古いとか。


この高田富士は、富士講及び富士信仰に関する重要な史蹟であり文化財でしたが、1964年(昭和39年)頃に、早稲田大学のキャンパス拡張(現在の早稲田大学9号館)により、破壊されてしまったとか~!


かわりに?と言ってはナンですが、近隣の水稲荷神社に、富士塚が建てられました。


普段は立ち入ることはできませんが、富士講が行なわれる日は入ることができるそうです。


現在、江古田(東京都練馬区)、豊島長崎(同豊島区高松)、下谷坂本(同台東区)、木曽呂(埼玉県川口市)の4基の富士塚が、重要有形民俗文化財に指定されているそうです。


芙蓉庵の【富士塚日記】という “富士塚アーティスト”の有坂蓉子さんのブログは写真もたくさんあって、いろいろ勉強になります。一度見て下さいね♪


http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/


rohengram799 at 00:05|PermalinkComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ