寺山修司

2018年05月11日

若夏雲便りNo.13:木と木

『ちるちる・みちる』という山村暮鳥の作品を青空文庫で見つけました。『青い鳥』みたいな話かと思っていたのに、いろんな童話(?)の詰め合わせという感じ。その中に『老木』という短い話がありました。


老木が「自分はこんなになるまで、自分の木々で雨風からお前を守ってきた。だからお前は立派に成長できたんだぞ」みたいなことを言うのですが、若い木は「それがいまでは唯、日光を遮るばかりなんだから、やりきれない」と・・・。どんな声のトーンで会話しているのか、人により違うでしょうねぇ。なんともやりきれない感じがします。木は自分であちこち動けませんし、枝葉をうまく調整も出来ないし。



もうひとつの「木と木」は寺山修司さんの詩です。この『ダイアモンド』というタイトル、さすがだ・・・!と思いました。多感な10代前半にはじめて読んだ寺山修司作品のひとつです。「寂しい」よりも「淋しい」という漢字が好きなのは、この詩の影響がたぶんにあるでしょう。4月の誕生石がダイアモンドなので、この時期には特に思い出す詩です。




『ダイアモンド』寺山修司


木という字を一つ書きました
一本じゃかわいそうだから
と思ってもう一本ならべると
林という字になりました
淋しいという字をじっと見ていると
二本の木が
なぜ涙ぐんでいるのか
よくわかる
ほんとに愛しはじめたときにだけ
淋しさが訪れるのです





今日は松田聖子ちゃんの♪瞳はダイアモンドが脳内リフレインになりそう(笑) 下記サイトの動画は「ザ・ベストテン!」の時のもの。懐かしい!

https://sp.uta-net.com/movie/3821/



rohengram799 at 10:23|PermalinkComments(6)

2018年05月08日

若夏雲便りNo.10:しあわせってなんだっけ?

♪しあわせってなんだっけ~なんだっけ~ って昔、コマーシャルで明石家さんまさんが歌っていましたが、歌詞が3番まであったのね(゚∀゚;)

http://j-lyric.net/artist/a000dbd/l003a32.html



金沢には「自分の干支から7番目に当たる動物を集めると出世する」という言い伝えがあるらしいです。私は辰年なんだけど、7番目は亥都市だからイノシシかぁ。集めるにはビミョーな動物だわ。ぼたん鍋も食べたことがないし。ウサギだったらラブリーなので、集めまくったかも。



寺山修司さんの『わけもなくさみしかったら』という詩集に「幸福」について書かれたものがいくつかあるのですが、最近私が気にいっているのはコチラです。




「幸福論」がむずかしすぎたら


幸福を買いにゆくのに
買物籠なんかいりませんよ
幸福は
素手で持ってくるに限る!




素手で持つから指のすき間からこぼれてしまうこともあるだろうし、大きすぎて持てないかもしれないし、抱え込んでも、途中で崩してしまうかもしれない。ほどほどの大きさ、重さが一番長く持ち歩けるのかも、なんて思いました。



ポン酢醤油一滴分のしあわせ、それもいいかも(о´∀`о)



rohengram799 at 09:44|PermalinkComments(4)

2018年05月01日

若夏雲便りNo.2:てがみ

ベランダにこいのぼり🎏というお宅を何軒か見かけるようになりました。 近くの幼稚園でも園庭にこいのぼりがたくさん~5月だなぁって思います(笑) ◯◯協会ってたくさんあるな、と思っていましたが、こいのぼりもありましたわ。



【日本鯉のぼり協会】

http://www.koinobori-nippon.jp/




寺山修司さんの詩を読んで、こいのぼりも空の彼方へいる人たちへの手紙なのかなと思いました。



『てがみ』 (寺山修司)


つきよのうみに
いちまいの
てがみをながして
やりました

つきのひかりに
てらされて
てがみはあおく
なるでしょう

ひとがさかなと
よぶものは
みんなだれかの
てがみです





 
rohengram799 at 23:07|PermalinkComments(6)

2018年04月06日

暮歳雲便りNo.9:ガーネット

以前、釧路を舞台にした『旅籠屋あのこの』というラノベを読みました。


霧の街・釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)を少しこえた先に、その宿はある。紺と白、二色の暖簾がゆれる古民家風の《旅籠屋あのこの》。この宿のモットーは「どんな客人も、来るもの拒まず」。そこは死者も生者も訪れる、“あの世”と“この世”を結ぶ宿だったのです~!という内容。


https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321709000193/



北海道でほぼ間違いなく場所がわかるのは函館しかないワタクシ、釧路湿原という言葉は知っていてもどの場所にあるのか、うやむや・・・小学生の時にもっと地図を眺めておくべきだった! 今からでも日本地図、世界地図を買うべきかしら? いろんな観光スポットも出てくるのですが、本当にあるのか?と疑ってしまいました。いやーね(-ω-;)


その中で印象的だったのが、釧路の夕日スポットです。

https://icotto.jp/presses/11958



美しいです~こんな景色はひとりではなく、やはりだれかとふたりでみたい。だれかはだれでもいいわけではなく、やっぱり・・・( 〃▽〃)・・・と自分も相手も最大限、いえ無限大に美化し、妄想炸裂(笑)なワタクシにさらに拍車をかけた寺山修司さんの詩をお届けします。寺山さんの詩は本当に乙女そのものです。




『ガーネット』寺山修司

もしも 思い出をかためて
一つの石にすることが出来るならば
あの日二人で眺めた夕焼の空を
石にしてしまいたい と
女は手紙に書きました

その返事に 恋人が送ってよこしたのは
ガーネットの指輪でした

あかい小さなガーネットの指輪を 見つめていると
二人はいつでも
婚約した日のことを思い出すのです





4月の誕生石はダイヤモンドですが、ガーネットの赤もルビーより好きかもしれない~だれか下さい(笑)

rohengram799 at 22:39|PermalinkComments(4)

2017年11月04日

霜見雲便りNo.3:薔薇は美しく咲く

週刊マーガレットで『ベルばら』の新作エピソードが始まったらしいです。今回はロザリー編。アニメのロザリーの声優さんは好きじゃなかったなぁ、と思いつつ、主題歌の♪薔薇は美しく散る♪を懐かしく脳内ルフランしています。

http://www.kasi-time.com/item-36671.html



『ベルばら』といえば、この前ヒガシがジャニーズの後輩たち(もう名前がわからない!)とテレビに出ていて、ジャニーズの歴史みたいなことをチラリと話していて(ながら見聞きなのであやふや)、そういえば「ジャニーズジュニアスペシャル」という3人組がいて、彼らのデビュー曲が♪ベルサイユのばら♪だったわ(* ̄∇ ̄*)と。このグループ、また曲を覚えている人はいるかしら・・・実家にレコード(笑)があった気がするわ。そして兄の会社に事務職で入ってきたおねーさんがメンバーの誰かの奥さんだった、と言っていたような・・・。


http://blog.goo.ne.jp/1banboshi_/e/52767d5804d75626bb6ea10cea3bdd41



私はデビュー曲以外の記憶がないのですが♪元気ですか♪という寺山修司作詞の歌を歌っていてビックリしました。「小さなロバにまたがって・・・」メルヘン(≧▽≦)


http://j-lyric.net/artist/a05089e/l00d3c8.html





今は秋薔薇の季節。京成バラ園では、先月17日に見頃宣言が出たそうで、昨年より少し遅いとのこと。台風とかありましたが、秋薔薇は開花期間も長いし、今月中頃までは楽しめるかも(*^^*)



休日にはお出かけしたい~でもグダグタ寝ていたい~だんだん引きこもり度が増してきたワタクシです。皆さまは楽しい土曜日を!




rohengram799 at 09:55|PermalinkComments(4)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ