寿命

2018年06月14日

芸香雲便りNo.14:寿命図鑑

昨日は本屋さんで『寿命図鑑』なるものを立ち読みしてきました。図鑑というだけあって、結構重くて(笑)全部読むことはもちろんムリでしたが、イラストも可愛くて、添えられた言葉も面白かったです。トノサマバッタの「死ぬまで群れるぜ」には笑いましたわ。



【寿命図鑑】

https://iroha-shop.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=0500101000063&vid=&bid=iroha_shop&cat=&swrd=


http://honz.jp/articles/-/43743



あと、第65回産経児童出版文化賞の贈賞式のニュース記事で、紀子さまの受賞作に対しての感想を読みましたが、こちらも大賞作品だけでなく、どの本も読みたくなってしまいました。


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sankei.com/life/amp/180612/lif1806120027-a.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D


【大賞作品:よるのおと】

https://www.kaiseisha.co.jp/news/22079



rohengram799 at 12:47|この記事のURLComments(4)

2015年11月04日

暁雲便りNo.15:すばらしきかな人生

11月になりました。しばらく日中は気温が高い日が続きそうですが、日暮れは早くなりましたね。



どの雑誌で見たのか忘れたのですが『すばらしきかな人生』という漫画がオススメだったので、買ってしまいました。漫画家さんは同じですが、原作者が違い一冊は「まさみ」という名前の女性の様々な人生が描かれています。もう一冊は「ふたたび友郎」。バー「ボレロ」のマスターである友郎は、寿命10年と引き換えに依頼者の戻りたい時間に戻してくれるという話。


過去に戻してくれる、戻れる話ってわりとありますが、この作品でほぉ!となったのは戻りたい年のワインを差し出されるということ。バーのマスターがキーパーソンというのはありましたが、製造年がはっきりしているワインを小道具にした話は初めてだったのでなんか新鮮でした。


例えば私が2001年10月16日に戻りたいとしたら(特に意味はないです)、ラベルに書かれた2001の横に10.16と記入します。マスターはバーの会員証をくれるのですが、そこには日付を3回書き込める欄があるので、満足出来ずにいた時、またお店を見つけられたらあと2回チャンスがあるわけです。まぁ寿命は確実に短くなりますし、必ずしも自分が納得できる人生をやり直せるとは限りませんけどね……。



今月はまた漫画もいろいろ読んでみたいと思っています。また仲良くして下さいませ(*´∀`)ノ



http://big-3.jp/bigcomic/rensai/jinsei/index.html





rohengram799 at 16:26|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ