小柳ルミ子

2012年08月04日

あかね雲便りNo.112:お祭りの夜

♪泣かない約束をしたばかりなのにもう涙 ひとりでお祭りの人ごみを逃れて…


小柳ルミ子さんの『お祭りの夜』名曲ですな~これを歌っていた頃のルミちゃんは可愛かったのに…(´д`)


今日は近くの公園で夏祭り~最近は企業がらみのお祭りで地域の住民の親睦みたいなのは薄れてきた気がします。中学生くらいまでは楽しめるのかも……浴衣姿のコたちが好きな男の子でもいるのかきゃい♪きゃい♪している姿を見かけました。ああ、青春!!(*^^*)


郡山市では2日から今日まで《うねめ祭り》開催だとか。以前第565号:花うつくしく木の実あまくで安積山を詠んだ歌のエピソードを書きましたが、その後こんな悲劇があったようです。


王は大変喜び、歌を詠んだ春姫を帝の采女として献上することを条件に「貢物を三年間免除すること」とします。春姫には次郎という相思相愛の許嫁がいたのですが……辛い決断をし、都へ(/_;)/~~都で帝の御蘢愛を受けていた春姫ですが、仲秋の名月の日、次郎に逢いたくて逢いたくて、猿沢の池畔の柳に衣をかけ入水したように見せて、愛する彼の待つ安積へ向かいます。しかし……里にたどりついた春姫に知らされたのは、次郎の死でした。彼女は雪の降る夜、次郎と同じ山の井の清水に身を投げたのです。


やがてみちのく安積の里にも春が訪れました。山の井の清水のまわり一面に名も知れぬ薄紫の美しい可憐な花が咲き乱れています。「二人の永遠の愛が地下で結ばれ、この花になったのだ」と人々は口にしたそうな…。「安積の花かつみ(学名ヒメシャガ)」とはこの花のことで、この采女物語は、郡山の夏の夜を彩どるうねめまつりとして受けつがれているそうです。


昭和40年に安積郡9カ町村が郡山と合併し、市民が一体となれるまつりをおこしたいということで、郷土の伝説である釆女物語を主題とした『うねめまつり』が誕生しましたが、奈良市でも釆女物語が残されていて、毎年仲秋の名月の晩には『釆女祭』が猿沢の池で行われているそうです。これが縁で郡山市と奈良市は昭和46年、姉妹都市を締結、毎年8月には奈良市から親善使節団が郡山市を訪れ、また仲秋の名月には郡山市から親善使節団が奈良市を訪問、両市の交流を深めているそうです。


人に歴史あり、祭りにも歴史あり……ですね。しかし、なぜ兄弟都市でなく姉妹都市っていうのかしら…ゴロがいいから?(^_^;)イヤイヤ、こちらをどうぞ!


http://www.clair.or.jp/j/exchange/shimai/ans02.html



rohengram799 at 17:30|この記事のURLComments(10)

2012年04月04日

第736号:どこの「星」の砂?( ̄▽ ̄;)

♪二度と出来ない恋を捨てあなた遠く 離ればなれになってゆくの 今 つらいわ…


『星の砂』ときくと、小柳ルミ子さんの歌を思い出す世代です~作詞が関口宏さんで作曲はヒデとロザンナの出門英さん、好きな曲でした♪


パチンコの新台で《大海物語2》とかいうのが入ったのですが、そのキャンペーンなのか知りませんが、よく沖縄みやげで見る小瓶に入った星の砂を「ご自由にお持ち帰り下さい」になっていました。なぜ《スーパー海物語in沖縄》の時ではないのだろう?などと思いながら眺めていました。


女性よりオッサンが持ち帰る姿を多く見かけました。奥さまへのおみやげにするんでしょうか?ホールにばらまかれなくて良かったですわ(((^^;)
以前、カバン屋に勤めていた時に小さい星の飾り(ビーズみたいなヤツ)を財布が飾ってある棚にばらまかれ…掃除が大変だった記憶があります(´д`)


さて~この星の砂を見て、駐車場清掃のオジサンが「星の砂っていったってどこの星だ?」と言い出しました。私は沖縄本島の砂浜なのか石垣や与論のものか、というようなことを言っているのかと思っていたのですが、どうも違う……まぢで「月の石」みたいな考えでいたみたいです。そう、例えば「火星の砂」みたいな(゜□゜)


スタッフが「珊瑚の死骸みたいなのが星の形に見えるから…」みたいな説明をしたら「ああ、そういう意味か~」と納得したようでした。星の砂っておみやげの定番のイメージがありましたが、違うのかしら?旅行好きの娘さんがいるオジサンなのに意外でしたわ!!


沖縄が本土復帰してすぐの頃には、本当に星の砂浜の場所もあったようですが(本島にははないらしい)今は乱獲(といっていいのか)で以前より少なくなっているらしいです。


最後になりましたが、暴風で多少に関わらず被害を受けた皆さま、お見舞い申し上げます。今日はおだやかな1日を!!




rohengram799 at 10:30|この記事のURLComments(17)TrackBack(1)

2012年02月29日

第707号:雪ものがたり

♪雪の中をォ~黒い汽車が 今遠ざぁかぁるぅ~


昨日「明日は雪らしいよ」と聞いて、突然浮かんだこのフレーズ!!「なんだっけ~?」とずっと考えていたのですが、小柳ルミ子さんの『恋の雪別れ』という歌でした!疑問がとけて、ああ、もうスッキリ!!(笑)


そして「汽車」とか「手渡すはずのお守り 握りしめたまま」の歌詞に《2・26事件》を連想する私って……ショーケンとモックンが出ていた(はず)映画を見た記憶があります。教科書には載らない同じようなクーデター計画が何件かあったみたいですね。


さて~今連載中(笑)の物語でキーになるモノのひとつに「名前」があります。小柳ルミ子さんの名前もカタカナが入っていて「ハイカラな名前だ」などと小さい頃は思っていました。しかし、今は「暴走族ですか?」みたいな漢字で子どもに読めない名前をつける親が多いようで~いかがなものかと思っています。本当に『子供の名前が危ない』状況…親だからなんでも好きな名前をつけていいとかは違うと思うのですが(--;)


「自分の名前を呼んでもらう」ことへのこだわりには、私が祖父から与えてもらった愛情が根底にあります。祖父は私の名前を呼んでは「大事、大事」といつも言ってくれました。そのやさしさを残しておきたいなぁ…と。


私ごときの小説もどきの展開にネタバレもないのでかきますが(笑)杉本「彩」さん、『ウリナリ』でタンゴを踊っていましたよね。特に意識はしなかったのですが、頭のすみに残っていたのかも(((・・;)愛称で「アーヤ」も考えましたが、秋篠宮さまを連想してしまうので、ただ「アヤ」にしました(((^_^;)


『タンゴ・ノアール』の明菜ちゃんも好きですが、セクシーさで、今より多少お若い(笑)杉本お姉さまをイメージして続きを読んでいただければ…ありがたいですm(__)m


蛇足ですが『雪ものがたり』木原としえ(敏江)さんの短編漫画にあります。好きなお話です(*^^*)




rohengram799 at 15:04|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ