備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

【空のお城通信〜オスカー戯言日記〜】(2010.3.17〜2021.10.31 )からタイトルを変更。(2021.11.7〜)

小熊秀雄

竜潜雲便りNo.25:焼かれた魚

小熊秀雄さんの『焼かれた魚』という話をご存知でしょうか? 主人公はタイトル通り、焼かれた魚さんです。


サザエさんのどら猫みたいにお皿にのっているお魚さんを狙っている、その家の猫。焼かれたサンマは
主人公は、ある家庭の台所で、今、焼かれたばかり「私は海に帰りたい。私をくわえて、海まで連れて行ってくれませんか」とお願いします。しかし、猫はタダでなんてイヤだね、美味しそうなほっぺたの肉を食べさせてくれたら、運んであげるよと。


交渉が成立したはずなのに、猫は美味しいところを食べてサヨウナラ(-_-)/~~~ そしてその後も、ネズミ、犬、カラスに自分の身を提供。でも海には辿り着けないのです。


最後にアリの兵隊さんたちと会って、ようやくタダで(悲しいかな、もう食べてもらえるところがない)海まで運んでくれて、ああ、帰ってきた!と思ったのに・・・骨だけの身体では波にもてあそばれるばかり。最後は本当に悲しい。なんなんだ、この話は! 子どもが読む童話なのか?と思ってしまいます。


関連したブログ記事

https://blogs.yahoo.co.jp/ehon_neco/20736709.html?__ysp=54S844GL44KM44Gf6a2a



コチラの童話集の中にあるので、読んでみて下さい。
 
https://www.aozora.gr.jp/cards/000124/files/655_49430.html



「およげ!たいやきくん」もなんとなく憐れだったけど「焼かれた魚」に比べたら・・・と思ってしまいました。

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/oyogetaiyaki.html

起雲便りNo.25:握手

昨日の読売新聞の地域版・文芸投稿欄を読んで、気になった川柳があります。選者の瀬々倉卓治さんの評がまたイイのです~!



『握手の手から情報を握り取り』
(松戸市・中原政人さん)


評:握手して、男の握力は、男のマグマをさぐり、語らずの握手は、時として男の心臓を盗む。やたらに握手をする男と、やたらに指切りをする女と、滅多に握手をしない男と、滅多に指切りをしない女と、どれが本者かニセ者か、掌(てのひら)は罪状を語らず、白日はいつも病んでいる。



最初、「白日」を「白目」と読んでしまい、昨日は暑かったから営業のサラリーマンもグッタリして白目になるよね~病むよね~なんて思っていました(´д`|||)


以前、小指の役割は指切りすることで、その役目が小指は大好き、という詩を読んだことがあり、また左利きの女性が大切な人と握手をするときには左手を出そう、というような詩も読んだことがあります。どちらも『詩とメルヘン』に載っていました。きちんと記憶していないのが残念。イラストはよく覚えているのだけれど。実家に帰ったら見つかるかなぁ?


「左手 握手 詩」で検索してみたら、次の詩に出逢いました。 小熊秀雄さんの『右手と左手』という作品。なんかおもしろい! そして社会風刺的なものも感じました。(1936年くらいの作品らしい)




       右手
なんて見下げ果てた奴じゃ
貴様はきのう百貨店で
そっとカワウソの襟巻に
さわって見たな
貧乏人のくせに
成り上がり根性を出したりして

       左手
わしはさわるにはさわったが
だが、わしの意志じゃなかった

       右手
誰の意志だ、

       左手
脳の命令だった

       右手
実にお前はけしからんぞ、
おれはいつも尻を拭っているんだぞ、
お前は労働を避けたがる
何一つ真先に働いたためしがあるか、
わしはペンで力いっぱい書く役だ
お前は紙の一端を
かるく押さえるきりじゃないか
いつもぶらぶらしているじゃないか、
プチブル野郎、

       左手
いつも一緒に暮らしている仲で
今更悪態とは酷いぞ

       右手
御主人にカワウソの
毛皮でも買って貰って
お前の小市民根性を暖めて貰え

       右手と左手
摑み合って喧嘩を始める

       口
両手共喧嘩をやめい、
きこえんのか
時計が十二時を打った。飯だ

       左手
みろ、右手俺が今度は
重い茶碗を持って
貴様が軽い箸をもつ番じゃな

       右手
そりゃそうだな
働く者同志の喧嘩はやめよう

       右手と左手
それにしても
こいつの口にせっせと
兵糧を運ぶわけか
口から尻の世話まで
俺達働く者の手にかかるのを
口の野郎も尻の野郎も
脳の野郎も
すべての命令者共は
忘れるな




Wikipediaによりますと・・・小熊 秀雄(おぐま ひでお、1901年9月9日 - 1940年11月20日)は、日本の詩人、小説家、漫画原作者、画家である。筆名に、小熊 愁吉(おぐま しゅうきち)、黒珊瑚(くろさんご)、旭 太郎(あさひ たろう)などがある。・・・この方も若くして亡くなっていました。




今日で5月も終わりですね。今月もお付き合い、ありがとうございました。急に暑くなり身体がついていかないですね(;´Д`) 月末恒例の読書記録はまた後日あらためて・・・また来月もよろしくお願いいたします!


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード