山白朝子

2014年08月01日

遊雲便りNo.1:生身魂

8月になりました。台風の影響で沖縄・九州は荒天の様子、どうぞお気をつけ下さいまし。


今日は『死者のための音楽』を読みました。作者は山白朝子、聞き慣れない名前かもしれませんが乙一さんの別名義です。
もうひとつ、「中田永一」もありますね。怪談専門誌『幽』2号から7号までに連載された6篇の怪談短編に、書き下ろしを加えた短編集です。


生まれたときから経を知っている子どもとその母の話・井戸の底に住んでいる謎の美女の話・触れたものが黄金になる廃液を垂れ流す工場とそれを発見してしまった母子の話・仏像を彫りたいと弟子入り志願する殺人者の少女の話・「鬼」にまつわる一家三代の物語・少女と少女の望みをかなえてくれる大鳥の話に表題作の7作品。怖さよりそこにある愛を感じる短編集でした。私は特に『鳥とファフロッキーズ現象』が好き!! この現象は雨とか雪とか天候によるもの以外に、空から常識的に考えるとあり得ないような落下物が降ってくる超常現象を言います。よく魚がカエルが降ってきた!というアレですね。


さてさて、今月は夏休みだからというワケではありませんが「遊雲(ゆううん)便り」にしてみました。「小諸(こもろ)なる古城のほとり、雲白くいうし悲しむ」……国語の時間を思い出しますが、「遊子(ゆうし)」は家を離れて他郷にいる人・旅人という意味があります。私も県外で生活してからの年数の方が長くなってしまいました。春の彼岸から実家には行っていないワタクシ(兄は月イチくらいで行っています)まぁこのあたりのことはまたいつかで、今はゆる~く生ぬるく見守って下さいましm(__)m



続きを読む
rohengram799 at 18:37|PermalinkComments(4)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ