帽子

2022年01月10日

麗春雲便りNo.9:キャンディス

『幼女戦記』アニメの2期が始まったけれど、なんかキャラデザが変わったのかな、ビミョーに可愛くないのだけれど……。「妖女戦記」という表記を見つけて笑ってしまったので、最初に書いてしまいました。失礼しました(-_-;)


フランス風フラワーアレンジメント、という文字があり、何がどう違うのかと調べていたところ「フランス風○○」がたくさん出てきた……フランス風アップルパイとかフランス風窓とかはまぁわかる、として「フランス風角砂糖」ってなんだよ!となりました。フランスで好まれた角砂糖のかたち、ってますますわからない💦 ついでに「ドイツ風」「ロシア風」「イタリア風」など次にどんな名詞がつくのかやってみましたが、ドイツはポテトサラダとかパンケーキとか。ロシアはロシア風邪(;´д`) あとはロシア風帽子とかサラダ。イタリアはイタリア風おでんとかオムレツなど……やっぱり食べ物が多くなりますね。英国風イタリアンの記事(*)も見つけましたが、皆さまは検索するとどんな予測単語が出てくるのでしょうか?


それでもドイツ風角砂糖はないのか?と検索していたら氷砂糖の記事を見つけました。氷砂糖! 懐かしい〜祖父が食べていました。

【北ドイツの紅茶文化とミヒェルゼンのキャンディス】
https://oishiisekai.com/kandis/

フリースラント風紅茶の飲み方……なんてお上品! というか、ちゃんとお茶の時間をゆったりゆっくり楽しんでいる感じがします。私は多分、ガチャガチャかき回す品のない人間です m(_ _;m)三(m;_ _)m


キャンディスって……人名ではないのか(;´∀`) と思ったのでコチラを🍬
【キャンディはキャンディスか】
http://blog.chixi.jp/9234/diary/96492/



(*)https://kc-i.jp/activity/kwn/gianfranco_b/20211221/


rohengram799 at 08:40|PermalinkComments(4)

2021年08月13日

金涼雲便りNo.13:きょうしん

テレビであるメダリストが外食する様子が流れていたのですが、室内なのに帽子を被ったまま……というのが気になりました。小さい頃「家の中で帽子を被ったままだとハゲになるよ!」と言われたのを思い出したのですが、ダンナさんは「そんなこと言われたことがない」と……ウチだけなのか? 他には「マヨネーズをご飯にかけて食べると盲腸になる」と言われました (´-ω-`)


*****


タイトルの「きょうしん」は狭心、共振などの漢字が浮かびますが、「戮力協心(りくりょくきょうしん)」からで「力を戮(あ)はせ、心を協(あ)はす」……心を協(かな)ふ、心を協(ととの)ふ、というの読み方もあるそうです。「戮」の文字からはいいイメージはありませんが(-_-;)「あわせる」という意味もあるので「戮力協心」は「みんなで力を合わせて任務にあたる」という意味を持つ四字熟語です。 この時期にいろいろ考えさせられる字面だ……と思いながら「救心」のコマーシャルが浮かんできたあたりがワタクシの人間性を物語っているような
(; ̄ー ̄A


*****


今日は気温も低く、今までの暑さは何だったのか?という朝になりました。「ペルセウス座流星群」の時期ですが、全国的にこの天気では観測は無理でしょうね。こちらは今はくもりですが、そのうち雨になるでしょう。大雨の地域の皆さんは不安な夜を過ごして朝を迎えたことと思います。どうぞ何事もありませんように。十分にお気をつけ下さい。






rohengram799 at 08:20|PermalinkComments(0)

2019年01月22日

萌月雲便りNo.22:冬のオバケ

朝から消防車のサイレンが……空気がカラカラに乾燥しています。火の用心!


さてさて……キツネであれこれ調べていた時に歌舞伎の『保名』にキツネがでて来たような、と思い検索したところ、キツネよりもよく時代劇で病気のお殿様が頭に巻いているハチマキに関心がいってしまいました。この中に江戸時代以降鉢巻髪型で身分を表していたので、帽子文化が盛んにならなかった、というようなことが書いてあって、おおー!と思いました。確かに町人髷とか有ったし、女性も既婚と未婚で結い方が違ったし。


【保名】
http://mizuki-kasou.blogspot.com/2018/10/2.html?m=1


【髷について:ちょっとadult系?もアリ】
http://genkaisplash.blog137.fc2.com/blog-entry-305.html




こちらは何を調べていた時に見つけたのか忘れてしまいましたが、河鍋暁斎(1831─1889)という人が描いた絵を見ました。冬に見る幽霊画にウワァヘ(゜ο°;)ノ でしたが、わりと私好みだったのでブログに書いておこうと。地獄太夫は人気のキャラなのかな?

河鍋は幕末から明治を生きた絵師で、幼い頃に浮世絵師の歌川国芳に入門、狩野派に学び19歳の若さで修業を終え、さらに流派に捉われず様々な画法を習得。仏画から戯画まで幅広いです。埼玉に美術館があるみたいです。行ってみたい!



【河鍋暁斎:幽霊絵や地獄太夫など】

http://artmatome.com/%E6%B2%B3%E9%8D%8B%E6%9A%81%E6%96%8E%E3%80%80%E3%80%90%E7%95%A5%E6%AD%B4%E3%81%A8%E4%BD%9C%E5%93%81%E4%B8%80%E8%A6%A7%E3%80%91/



怪談を詠んだもので最近知った、吉井勇さんの一首。話し方が少し怯えた感じなのか、唇がちょっと震えてしまっているのか、所作が艶っぽいのか………いろんな意味でドキドキ( 〃▽〃)!


『怪談を君が口より聴くときは戀がたりよりなまめかしけれ』



【追記】

暁斎は狂斎と名乗っていたらしい。名前を変えるきっかけとなったのがコチラの一件らしい(;-ω-)ノ

https://muchasgracias908.blog.fc2.com/blog-entry-101.html?sp



rohengram799 at 07:24|PermalinkComments(0)

2012年06月14日

あかね雲便りNo.54:ハッとしてぐぅ~(-_-;)

聖子ちゃんの再々婚でちょっと陽の目を浴びたトシちゃん~娘の活躍も全く聞かなくなりましたね(--;)

芸能人の方々は顔を見られないようになのか、帽子を目深に被りますけど、紫外線対策なのがご婦人方もいろんな帽子を被っていますね。サンバイザータイプの方もいますが、私が「ナニ!?」と思った方は日傘に帽子に腕カバーにサングラス…でも足元は素足にサンダル!!絶対足の甲に日焼けで模様ができますよ、奥さん!!でした(((^_^;)


お散歩していると、変わった人にも会いますが(笑)今は紫陽花やヤマボウシが綺麗で楽しいです。ヤマボウシの真ん中の部分が花だというのは知っていましたが、秋には赤くなり食べられるとは知りませんでした。おサルさんも大好きらしいですよ(*^^*)


さて…休み明けで早番だった私、なんと休憩のための食堂が使えない!! しょうがない~ロッカー室で休もう~と思い、カバンをガサガサ……ん!?何かイヤな予感(--;)…はぁ~やってしまった!!用意して置いたパンとお菓子の袋を忘れたぁ(ToT) 飲み物だけは持っていて良かった!!

おサイフには帰りの買い物する分のお金しかなかったので「ぐぅ~♪」とお腹を鳴らしながら、遠藤周作先生の『悲しみの歌』を読みました。ふっふっ……ナイスタイトルすぎ(´Д`)



rohengram799 at 22:00|PermalinkComments(13)
記事検索
月別アーカイブ