帽子男

2010年12月28日

第371号:さよならもいわずに

本当は『新天皇論』と一緒に購入した漫画なのですが、クリスマスイブの話題にはちょっと…と思い、前の記事とのつながりみたいな感じで紹介させて下さい。


本屋の新刊コーナーに平積みされていた、表紙に涙のあとがデザインされた『さよならもいわずに』という漫画。


『帽子男』を描いていた人の実話で、私が購入したのは五版目。初版が8月だから、たくさんの人が読んだのだと思われます。


突然やってきた最愛の妻との別れ…何気ない日常が悲しみの毎日に…そして今ある新たな生活。「そんなのよくあるお涙チョーダイ話でしょ~(-.-)y-~」と言われたら、それまでだけれど……。


でもね、これを描きたいという作者の業(ごう)、葛藤、観察力…半端な気持ちでは絶対ムリだと思うんですよ。ヒトコマ、ヒトコマ、線の一本一本から伝わる絶望は、深く心に突き刺さって苦しいです。


作品中に出てくる思い出の歌や映画、漫画は世代が近いこともあって懐かしくまた悲しい。


最愛の人を亡くしても、生きている人間には、また生身のあたたかい人の熱が必要なのだと、理屈っぽくなく受け止められる作品です。


やっぱり漫画家さんは画がうまいんだ~なんてノンキに眺めて手にした本、帯のコメントにひかれて衝動買いした本…ですが見れば見るほど、表紙の涙が誰のものなのか、考えずにはいられません。




rohengram799 at 00:46|この記事のURLComments(13)
記事検索