幸福の王子

2021年03月17日

華節雲便りNo.15:永遠の17歳 ♪ (#^ー°)v

「おたんちん」は、江戸の新吉原の言葉で、遊女達が嫌な客のことを「御短ちん」と呼んでいたそうです。「短ちん」の丁寧語……! いや、なんでも「お」を付ければいいというワケではないだろうに〜! それと小茄子をひっかけて「おたんこなす」という言葉が生まれたとか。 なんだか大変使いにくい言葉になってしまう……(;・ω・)


↑ こんなアホなことを最初は書いていなかったはず……空のお城🏯を開門(ブログ開設)したのは2010年3月17日でした。あれから4018日経過しました。記事の総数としたらこの2/3くらいでしょうか? お付き合いいただいている皆さま、本当にありがとうございます(´・ω・)(´_ _)♪ ちなみにブログが4444日に達するのは来年の5月17日らしいです。


ところで、金星の1年は225日だとか……これで計算すると、オスカーの(ブログ)年齢はピチピチの17歳(//∇//) 18歳になるのは4月の18日。その後にリアルな誕生日がやってきて3倍以上の年齢になるという現実……それがどうした! ですけど(笑)


*****


【昔話の謎と不思議を科学で解決 「幸福の王子」】

http://1kagaku.eikoh-seminar.com/category/story05


全部はまだ読めていないけれど、他の昔話(童話)も科学的な目線で考えるとそうなのか!と面白かったです。イメージが壊れる!というよりは新たな人物像が出来上がった感じ? 以前書いた「へっぷりよめさま」(*)もあって面白かったです。 こちらはでは「屁っぴり嫁ご」となっています。


*****


今日は彼岸の入りですね。暑さ寒さも彼岸まで、と言いますがまだまだ夜は冷えるなぁ、と感じます。どうぞ皆さまもお身体に気をつけて下さいませ
ヾ(´ー`)ノ



(*)
http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50628493.html


rohengram799 at 10:30|PermalinkComments(4)

2011年04月08日

ひつじ雲便り417:愛しのツバメくん

花祭りの日に若いツバメの話なんて~ことはないです!!だいたい今の時代、こんな言葉は使わないのでは!?


昨晩も大きな地震がありましたが、皆さま大丈夫でしたか? 横揺れが長くて…桜も咲いて、ああやっぱり春なんだ♪な気分がちょっと…ではありましたが、強風にも負けじと桜は咲き誇っています。すごいですね。


5日は春分から15日目「清浄明潔」すがすがしく明るく潔い頃…晴明でしたね。晴明は生命、活き活き暮らすことを心に決めたものです。


そして9日までは「玄鳥至」つばめきたる…毎年東南アジア方面からやってくるそうですね。同じ軒下に巣をつくりますが、今年は違う景色にツバメもとまどうことでしょうが、日本まで来てくれたのだから、ここで卵を産んで育ててほしいです。


東北に住む漫画家さん、とりのなん子さんの『とりぱん』という作品でも、地震当日の様子が描いてありました。今週と来週の週刊モーニングに掲載です。コンビニに立ち寄りチラッと見て下さい。


ツバメの登場する物語もたくさんありますね。今は『幸福の王子』を思い出す人が多いのかな…。


咲きしづむ躑躅に翔る岩燕 (飯田蛇笏)


rohengram799 at 09:36|PermalinkComments(12)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ