弘兼憲史

2018年01月28日

新光雲便りNo.22:コンビーフとカレー

今日も寒いですね~5勤の最終日が駐車場なのがツラいですが、頑張ってきますわ。申し訳ないですが、昨日いただいたコメントのお返事は明日までお待ち下さいm(__)m



さてさて、島耕作シリーズでおなじみの弘兼憲史さんが、コチラのお店のコンビーフが大変美味!というようなコメントを掲載漫画の欄外コメントに書いていました。


https://serai.jp/gourmet/153540



私はコンビーフというと、あの台形の缶詰しか連想出来なくて、しかもだいぶ大人になるまで「アレはどうやってあけるのだろう('_'?)」と思っていました。食べたこともないかな~なんか脂っぽい食べ物という印象しかなかったです。



そしてもうひとつ、年が明けてから新聞の一面さえも目にしていない日が多い私が、久々に新聞を広げて見つけたのが「我孫子の白樺派のカレー」の記事。もうかなり前から売り出していたらしいのですが、全く知りませんでした。


http://www.sankei.com/smp/premium/news/170506/prm1705060015-s1.html



白樺派といえば、名前のイメージから長野あたりが中心地かと思っていたので(なんて単純で安易な)千葉に「文学のかほり」(笑)がこんなにあるとは~! 我孫子には行ったことがないので、文学散歩もいいかな、と思いました。しかし、本屋さんがたくさんある神保町もカレー店がたくさんあった気がする・・・文学とカレーはセットなのかしら? お行儀がよろしくないですが、カレーを食べながら文庫本を読みたくなってきましたわ(≧▽≦)


http://blog.goo.ne.jp/madiira-kanaria69608/e/ff496b2f1272518d70093f5b5f631d25



rohengram799 at 08:45|この記事のURLComments(6)

2017年05月03日

起雲便りNo.3:月明かりに

弘兼憲史さんのマンガ『ハロー張りネズミ』がドラマ化されるらしい~今までもあったのだろーか? 私はマンガしか知らないけれど、がなり前の作品のはず。なんで今頃?と思うのだけれど、知らない世代には新鮮なのかしら? しかしやたらとマンガの実写化が多くてウンザリしてきます~映像技術の進化やイケメン・美少女が増えたからなのか?



今月のお便りのタイトルを決めるのに、5月の異称を検索していたら『賤男染月』というのが出てきまた。読み方は「しずおそめづき」。旧暦5月の異称。旧暦5月とは、今日でいうところの6月4日頃から7月2日頃までをさすそうです。しかし・・・意味がわかりません。賤はいやしいとか人を見下す意味ですよね?


梅雨時のジメジメした感じを賤男とたとえたのか、それとも梅雨時は男をナメクジみたいな雰囲気に変えるのか? また全然違う意味なのか、調べたけれど語源がわかりませんでした。



染月には「濃染月」「木染月」(こぞめづき)とか「紅染月」(こうそめづき)とか、は陰暦8月の異名で木々が美しく染まっていく、紅葉していく様を表したものとかあるんですけどねぇ。




GW・渋滞ですとかテレビはにぎやかですが、働いている人間には仕事帰りのお月さまが癒しになりますわ~では、本日も行ってきます!





rohengram799 at 11:39|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2010年07月28日

第206号:今晩は《みずがめ座流星群》ワタシは《黄昏流星群》…?

今日の夜、みずがめ座流星群を見ることが出来るかも~という話ですが、皆さま、今晩はどうなさるのでしょう~? 期間としては、来月20日くらいまで夜空を通過(笑)するようです。ただ、今晩は、ほぼ満月に近い月が近くにあるため、観測には不向きらしいです(((^_^;)


次は、やぎ座α流星群。7/20~8/25。7/30の20時頃から南東の空に注目。22時頃、やや欠けた月が東に登るので、それまでがチャンス?


来月も、いろんな流星群が見られるチャンスがあるようですが、(ペルセウス座流星群とか、はくちょう座流星群とか)いずれも火球を伴う大流星群になることもあれば(めったにないですよね~)、アレアレ!?でガッカリの場合も(´д`)


観測に条件の良い(周りに灯りがない)山の上などに行けば、ぼーっと寝転んで空を見上げているだけで、流星は普通に見ることが出来るとききますが、私は見たことありません。山梨の山の方だから、けっこう星はきれいに見えるんだけど、タイミングかな~?


流星って、だいたいは東の方角から飛んで来るんだそうですね。空全体を見る必要はないので、方位磁石を片手に東に注目しましょうか。自宅で見る場合は、西の窓はNGです(-_-)


なるべく高い場所と思って、山の上に行く場合は、クマなど野生動物に注意して下さいませ。食べ物の匂いをさせない、ラジオや鈴など音の出るものを用意して、防寒対策もしないと…夜中は冷え込みますからね。


流れ星を見たことがある方は、ぜひお話を聞かせて下さいm(__)m


あ!
最後になりましたが《黄昏流星群》は島耕作でお馴染みの弘兼憲史さんの漫画(シリーズ)のタイトルです(^3^)/



rohengram799 at 08:55|この記事のURLComments(3)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ