弥生

2022年03月01日

春和雲便りNo.1:春和景明 (追記あり)

睦まじかった如月くんは逃げていき、弥生ちゃんがやって来ました(笑) 今日から3月、年度末ですね。なんだか昨年よりも状況がいろんな面で悪化しているような気がします。

* * * * *

ロシアとウクライナのニュースに『銀河英雄伝説』の登場人物が語っていた、たくさんの言葉を思い出します。

「死ぬ覚悟があれば、どんなひどいことをやってもいいと言うの?信念さえあれば、どんなひどいことも愚かなこともやっていいと言うの? 」

「恒久平和なんて人類の歴史上なかった。だから私はそんなもの望みはしない。だが何十年かの平和で豊かな時代は存在できた。吾々が次の世代に何か遺産を託さなくてはならないとするなら、やはり平和が一番だ。そして前の世代から手渡された平和を維持するのは、次の世代の責任だ。それぞれの世代が、後の世代への責任を忘れないでいれば、結果として長期間の平和が保てるだろう。忘れれば先人の資産は食いつぶされ、人類は一から再出発ということになる。」

「私は少しだけ歴史を学んだ 。 それで知ったんだが 人類の社会には思想の潮流の2つあるんだ 。 人の命以上の価値がある説と 命に勝るものはないという説とだ 。 人は戦いを始める時 前者を口実にし 止める時 後者を理由にする 。それを何百年何千年と続けてきた」

* * * * *

【性別変更の女性、自身の凍結精子で生まれた子の「認知」認められず】
https://news.yahoo.co.jp/articles/98e734c1a0b9223698e6d276c554670db9d3df98

この裁判のニュース、なんで?の疑問がたくさん出て来てしまう。生まれてきた子どもたちが平穏に暮らせる環境が一番なのだけれど……これからこういう問題も増えていくのかな、やっぱり。

* * * * *

今月は「春和景明(しゅんわけいめい)」から春和雲便りにしました。もうブログタイトルを空のお城からかえたので「◯◯雲便り」にこだわらなくてもいいかなぁ、と思いつつ、やっぱり付けてしまう💦
意味は「春の日の穏やかで、光の明るいさま」「春の穏やかで、明るい陽気のこと」 です。このタイトルにふさわしい内容にならない可能性は大でありますが、おやぢの戯れ言、備忘録をゆる〜くぬるま湯のように見守ってお付き合いいただけたら有り難く思います。また皆さまが見つけたオモロー(今は使う人もいないだろうなぁ)なアレコレを教えていただけたら、大変喜びます゚+.(*ノωヾ*)♪+゚


ではでは、今月もどうぞよろしくお願いいたします (*´・ω・`)ノ



【追記】
他の方のTwitterを読んでいて見つけたのだけれど、この人の主張は今言うべきことなのか?
https://mobile.twitter.com/momokonojo/status/1498467810758246400



rohengram799 at 10:30|PermalinkComments(4)

2016年03月01日

春雲便りNo.1:ココロ・ファインダ

♪春が来た~春が来た~どこに~来た~


私のアタマ、いえココロに……( 〃▽〃)と言えたらよいのですが、そんなトキメキもちょっとおやすみ中でまだまだ五十肩にう~ん( ̄~ ̄;)なワタクシです。それでも「3月」「弥生」の言葉にココロ踊りますね←単純!



新聞に千葉の公立高校入試問題と正解(後期)の別刷りがあり、今年の国語の小説はナニかな~と思ったら『ココロ・ファインダ』(相沢沙呼)でした。

-
自分の容姿に自信がもてないミラ、クラスの人気者カオリ、「わたし」というしがらみに悩む秋穂、そして誰とも交わろうとしないシズ……同じ高校の写真部に所属する4人は、性格も、好きなカメラも違う。それぞれの目線=ファインダーで世界を覗く彼女たちには、心の奥に隠した悩みや葛藤があるのです。相手のファインダーから自分はどう見えるの? 写真には本当の姿が写るの?


4人のうち、ミラ、カオリ、シズは高2、秋穂は1年生。各章それぞれが語り手になっているそうで、問題は秋穂ちゃんがメインになっていました。ちなみにミラの本名(?)は鏡子ちゃんで容姿にコンプレックスがあるらしい……(´;ω;`) とぉーい昔の女子高生だった自分を思い出せそうな作品……探しに行こう(笑)



この前、テレビで使い捨てカメラの「写ルンです」が若者に人気だと言っていました。デジカメ世代には新鮮らしいですわ。私なんかは「写ルンです」で息子たちの小さい頃、バシバシ撮っていましたけどね~パノラマサイズとかスゴーイ!と思っていました( ̄▽ ̄;) 今はデジカメどころか(持っていない)ケータイのカメラ機能もほとんど使いません~まぁセンスもないんですが( ̄0 ̄;) 




今月はなんのひねりもなくストレートに「春雲便り」にしてみました。心が浮き立つような明るく楽しい記事を毎日書けたらいいなぁ~と思っています。今月もどうぞよろしくお付き合い下さいませ(´ー`)ノ




rohengram799 at 09:23|PermalinkComments(6)

2011年03月03日

第424号:夢見月March

♪さがしものは何ですか~見つけにくいものですか~


3月の異称に「夢見月」があり、桃の節句になにやらふさわしい気がします。卒業の時期でもありますから夢を持ち、旅立つ季節でもありますね。


本日、仕事にやってきましたら、新しくパート採用した方のオリエンテーションをやっているとかで、例の担当者が来ているようです。こちらには、新しく決まりましたとか今日店舗で研修(あのくだらないDVD観賞だ!!)します、という連絡は全くないです…まぁもうどうでもいいや( ̄▽ ̄;)


『鬼神の血脈』というお耽美ミステリーを読み終わったので、今は角田光代さんの「本」にまつわる短編集『さがしもの』を読んでいます。『この本が、世界に存在することに』を改題したもの。


まだ表題作にはたどり着いていませんが、面白いです。旅先で見つけた誰かが忘れた本からその持ち主を想像したり、本が旅してきた月日を思ったり…「この本が不幸の種に違いない!!」と自分の不運を嘆いたり…本好きの人なら経験がありそうな話ばかりです。


『不幸の種』のこんな文章が印象的でした。


私の思う不幸ってなんにもないことだな。笑うことも、泣くことも、舞い上がることも、落ちこむこともない。淡々とした毎日のくりかえしのこと。そういう意味でいったら、この本が手元にあったこの数年、私は幸せだったと思うけど。


解説のタイトルは「人間は本を読むために生まれてきた動物」にもひかれて、古本屋で買いましたが、なかなか良い買い物だと思っています。本が一冊あるだけで、短い休憩時間に無限の宇宙を旅できるから♪


さてさて、999ではありませんが早く戻らないと「日常」に乗り遅れてしまいます(笑)いつもお付き合い、ありがとうございます。m(__)m☆☆☆


rohengram799 at 14:35|PermalinkComments(12)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ