心の翼

2019年04月10日

春愁雲便りNo.9:戸惑いの四月

今日は雨ですね〜天気予報通りだわ☔


読売新聞一面の「編集手帳」に


【〈四月よ、四月はいったい自分でどうしたらよいのかわからないでいるのだ〉。ドイツにはこう歌う童謡があるらしい】


とありましたが、朝日新聞の「天声人語」でも2015年の4月に倉島厚さんの話として同じような話が書いてあったようです。


季節の366日話題事典 新装版 >> https://i.bookmeter.com/books/9855481



なんだか坪内稔典さんの「どうするどうする甘納豆」シリーズ(笑)の句を思い出すような四月の戸惑い! 季節自体が困惑しているなら、人間がもっと混乱するのは当たり前だわ、と思ったりして。関係ないけど「がんばるわなんて言うなよ草の花」の句も好き(人´ з`*)♪



閑話休題。


ドイツの4月は気温差が日本よりはるかに大きいようです。日本の四季に外国の方々が憧れるのがわかるような気がしますわ。

http://www.tomotrp.com/entry/april







話は変わりますが『こけし時代』というマニアックな雑誌がありました。


http://www.keibunsha-books.com/smartphone/detail.html?id=000000022833


布形子(ぬけし) ただの布人形ではない!という認識なんでしょうか💦

http://www.keibunsha-books.com/smartphone/detail.html?id=000000021219



「マトリョーシカこけし」も以前雑誌で見たことがあります。ウチにもこけしがいるけれど、ホコリ被ったままなのでキレイにしてあげようと思います!



木や布のようなあたたかく、ほっこりする1日になりますようにヾ(´ー`)ノ




【追記】

昨日「つばさ」の記事を書いて懐かしい『心の翼』を思い出しました(^^)人(^^)

https://sp.uta-net.com/movie/32998/


rohengram799 at 08:52|PermalinkComments(0)

2011年04月15日

第460号:希望…春のすみれ

タイトルを見て『春野寿美礼』サマを連想したアナタはヅカファンですね!?(笑)


先日「FOCUS 大災害緊急復刊」を買いました。写真の力、カメラマンのプライドを誌面から感じました。たくさんの災害現場を実際に肌で感じ取ってきたカメラマンだからこその言葉も胸に響きました。


その中で震災後にうまれた赤ちゃんを含む一家4人の写真がありました。


記事の最初……言葉は時として残酷の牙を剥く。「頑張れ」「応援しています」被災者に送られる声援。だが、既に充分頑張っている、これ以上どうしろというのか―。空虚な言葉ではなく、形ある「温もり」に勝る希望はない。……と。


「忘れられない春に生まれたこと、そして皆さんに良くしていただき、お礼をしていかなくてはならないこと。この思いを娘にも伝えていきたいと夫婦で話し合い、『寿美礼』と名付けました」


ママの笑顔がまぶしくて涙がでます。


♪命は愛しいと抱きしめてみればいい
その手のぬくもり伝わるなら恐れは消え去る


宝塚の名作「テンダー・グリーン」の主題歌を思い出します。被災者の方々に私は直接の希望は届けられないけれど、尽力されている方々には何らかの形で届けられるかもしれない。


だれの心にも「希望のすみれ」が芽生え、美しく花開きますように。



rohengram799 at 11:43|PermalinkComments(13)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ