怒髪天

2019年01月25日

萌月雲便りNo.25:考えるアッシでやんす

「人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である。」


パスカルがこんなことを言っていましたが、もう少ししたら人間よりもっと優秀なAIがその立場になってしまうのかも。いろんな技術がすすんでいって、追いつけないことばかりです。



『人生の役に立つ聖書の名言』(佐藤優)という本で、著者は「聖書の言葉には、いくら考えてもわからないものがある」と言います。そして、「そういうときはわかったふりをせず、考え続ける姿勢が大事」だと言っているそうです。


著者は、同志社大学大学院神学研究科出身の元外務省の外交官。鈴木宗男事件に巻き込まれて逮捕。512日もの間、東京拘置所の独房に拘束されましたが、そのとき心の支えになったのが、聖書の言葉だったそうです。ゴーンさんも聖書を読んでいるんでしょうか? 読んで己を反省したりすることもあるのかしらん?


「憤ったままで、日が暮れるようであってはならない」という言葉があるそうで、これは絶対に怒ってはいけない、という意味ではなく「夜は悪が支配する時間だから、夜まで怒りを持ち越してはいけない」という意味なんだそう。


まぁずっと怒っていたら安眠も熟睡もないですからねぇ。怒るってある意味、他罰的で自分を正当化しようとしているところもあるのかな、と考えると、いつまでも怒りの炎を燃やすのもなぁ………誰かを思っての怒りも、もちろんあるけど。


そう言えば一度だけ、自分の髪がスーパーサイヤ人みたいになる感覚を体験したことがあります。怒髪天ってヤツてすかね~専門学校を卒業して入社間もない頃、私の部署の先輩(女)が遅刻が多いとか、まぁちょっと問題ありな人だったのですが、私には先輩なワケで……いかにもぶりっ子な違う部署の先輩方が上司に笑いながら「○○さん、いつ辞めるですかぁ~?」的なことを言った時に、下敷きで髪の毛をワサワサして静電気が起こった時の用な感覚になりましたねぇ(笑)


先輩は「まぁまぁ、あなたがそんなに怒ることじゃないから」と言っていましたが、他の社員もいるところでよく平気で言えるものだとビックリしました。この発言した人はいつも枝毛をいじって暇そうにしている人だったので、余計にムカついたのかも。


先輩はそれから1年経たないうちに辞めてしまったのですが、身内や恋人に対して酷い仕打ちをされたとかではないのがなんとも(;゚∇゚) まだ若かったのでしょうなぁ。


あと夜に書く手紙(特に恋文)は朝読み返すと大変恐ろしいです………今はメールやLINEで勢いでバッ!が多いのかな?



あとキリスト教で輪廻転生の思想はあるのか?というのが気になっていたのですが、仏教と比較?したサイト記事を見つけたので読みました。わかったようなわからないような、イヤ、わからないのですがorz


あとから読み返せるように置いときます。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/bukkyokirisuto04.htm

rohengram799 at 08:08|PermalinkComments(2)

2013年07月26日

入道雲便りNo.7:継続はチカラなり

今日は本当に久しぶりに《ミュージック・ステーション》を見ました~もう終わりかけって時間でしたが、桑田さんの歌っている姿を見てカンゲキ~ハラ坊がかわいらしくきれい~他のメンバーもカッコよくステキに年齢を重ねていて、うーん、自分は何をしてきたんだろ?と恥ずかしくなってしまいます(-_-;)


『ピースとハイライト』の歌詞を味わいながら、同じ言葉を政治家が口にしても全く心に響かないだろうなぁ、と思いました。(特に民主党はナニやっているんでしょうね?)
旅行がどこに行くかではなく、誰と行くかで楽しさの度合いが違うように、誰が伝えてくれるかで、受け入れられるか、たくさんの人たちに共感してもらえるか……普段の生活でも「好き」の言葉がキライな人から言われたら……あ、コレはちょっと違うか(((^_^;)


昨日の『デパートへ行こう!』は読みかけのまま、唯川恵さんの『OL10年やりました』を読みました。短大卒業後、花の20代の10年間のあれこれが書かれています(解説は酒井順子さん)。私は3年半くらいで辞めてしまったので、10年同じ職場ってスゴいな~と思います。今のお掃除おばちゃんもまだまだ2桁にはいきません。だいたい、会社の方で「古いおばちゃんは言うこと聞かないから使いにくい」という空気を出しているのがわかるんですけど、今さらねぇ…パートとはいえ、なかなか。第一、また新しい仕事を覚え、人間関係に「あぅ~」はしたくないです(´д`)


この本は1996年初版なので、唯川さんの体験もそれよりずっと前…かなり年数が経っていますが、会社勤めの女性の現状ってあまり変わっていないような気がしますが、どうなんでしょ? 私が新しい制服に身を包み「ピチピチ!」(言葉通りだったわ…)で働いていた頃はバブル期でしたが、全くなんの恩恵もありませんでした。お茶当番はありました。朝と3時かな?あと昼間にはお弁当を持ってきた女の子のお弁当箱と湯のみやらカップを洗い…夕方にも洗いモノをした記憶があります。


残業は月10時間まで、それ以上は「サービス、アナタのために~♪」状態でした。あと「今年の新人はみんな彼氏がいるのね~」と総務の女性(先輩社員)に言われた時はビックリしました。私、アナタにそんな話してませんが?同期のコが同じ部署だったのでおしゃべりしたんでしょうが、この先輩はスゴいブリッコな新妻でした。私の部署の先輩はこの方たち(3人グループだった)の1年後輩でしたが、遅刻魔で上司もちょっと困っていました。が~その上司に「○○さん、いつやめるんですかぁ?」と言うのを聞いた時にはスッゴいムカつきました。だって、私には先輩ですからいてもらわないと困るワケです。後からその先輩に「どうしたの~なんか「髪の毛、立ってるよ~」と言われました。自分でもなんか全部の神経がアタマに集中した感じでしたので“怒髪天”というヤツだったのでしょうか?「こんな無神経な人がいるなんて、信じられない!!」とまだまだウブなワタクシのハートはファイヤー!!でございました。翌年には先輩は辞めてしまいましたが、今どうしているのかなぁ…と懐かしくなりました。


しかし、仕事でも何でも10年続けるって大変なことですよね。本の中の言葉を借りますと「三年目の憂鬱」や「五年目の宙ぶらりん」に苦しみ「これでいいのか七年目」を乗り越え「花も実もある十年目」にたどり着けるワケですから。


10年後の私、東北、日本、世界に宇宙~それぞれどうなっているでしょう?「希望の苗を植え」「地上に愛を育て」そして「愛することをためらわない」そんな毎日を積み重ねていきたいですね。皆さま、どうぞ有意義で楽しい週末をお過ごし下さいませ。



rohengram799 at 23:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ