備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:思い出のとき修理します

今日もまたムシ暑いですね~涼しくなろうと少し前から『吹雪の山荘』を読んでいました。 笠井潔,岩崎正吾,北村薫,若竹七海,法月綸太郎,巽昌章が「ミステリーズ!」という雑誌vol.05~vol.11に「仮題・吹雪の山荘、首なし屍体」として連載していたリレー小説の文庫です。


雪の舞う大晦日に山荘村である清沢郷へ、それぞれの思惑を胸に降り立った人々。新年へと日付が変わるころ、幽霊山荘で首なし死体が発見される。女装して首を切られたその男は何者なのか?
そして幽霊騒動まで…! それぞれの作家本人(?)や名キャラが、首なし死体と呪われた山荘の謎を解いていくという、多分ミステリファンにはたまらない一冊ではないかと。


私は読んだことのない作家さんもいて、読んだといってもシリーズで読んだものなんてないに等しく……作家紹介と一緒に関連本も書いてあるのですが、わざわざ読むのもなぁ~って感じだし。知らなくても面白いことは面白いのですが、ちょっと部外者な気分になってきたので(なんてひねくれているのだ!!)途中でやめています。あと自分が若竹七海と書いてあるのにずっとオカルト&猫大好きな加門七海さんだと思っていたアホだということもわかりました( ̄0 ̄;)



今は『不機嫌なコルドニエ 靴職人のオーダーメイド謎解き日誌』(成田名璃子)を読んでいます(笑) 横浜・元町の古びた靴修理店「コルドニエ・アマノ」。コルドニエはフランス語で靴屋さんのことらしいです。几帳面で偏屈でオカッパというか画家のフジタみたいなヘアスタイルだけれど、確かな腕をもつ店主・天野健吾。オーダーメイドの靴も作ります。彼のもとには、奇妙な依頼ばかりが舞い込んでくる。霊が憑いている靴を修理してほしい、ハイヒールの踵を取ってフラットにしてほしい……(ー_ー;) 彼は「靴の声」を聞きながらそれぞれの顧客が抱えた悩みも解いていくという、連作ミステリです。『思い出のとき修理します』(谷瑞恵)は時計でしたが、まぁ同じニオイがしなくもない(;^_^A



従業員はぬいぐるみと話をしてお菓子作りの上手い弟子(ヘアスタイルはキノコみたい)と、彼の友人の紹介で来た(デザイナーと言われたのに実際は雑用)タカピーな女・友香が。このタカピー女と遠距離恋愛中の恋人が「昔、自分が靴のデザインをしたノートを天野に盗まれたから取り返して欲しい」って言っているのがスゴい怪しいです……。お前、絶対ロクデナシだろ?って感じがプンプンします!!


天野はパンプスのデザインはしないので、そこにナニかあるのでしょうか。ラノベ感覚の作品なのでそんなにう~んと唸るような心理模様は描いてないでしょうけど……。靴職人の話では『シューメーカーの足音』しか読んでいませんが、こちらはグッと硬派で好きな作品でした。作者・本城雅人さんのブログはコチラです。

http://honjom.tumblr.com/mobile




この前、サンダル(いわゆるツッカケ)を買いにいったのですが……ひと夏ではきつぶしてしまうからコレでいいや、と手にとる→あら、左右のデザインが微妙に違うわ→同じデザインのものをとりレジへ→お客さま、左右のサイズが違います→店員さんが交換してくれる→ウチで見たら、サイズは同じだけれどデザインが違うわ………サイズは左右同じだし、微妙にデザインが違うだけだし、最後にちゃんと確認しなかったのは自分だし、特価品だし~面倒だから交換してもらうのはいいや~でそのまま履いています。多分、私が買う時にはすでに違う状態で置いてあったのだと思います。



なんとなく靴の話だったので、タイトルをチューリップの名曲にしてみました。♪わがままは~男の罪~ それを許さないのは女の罪~ 懐かしいですなぁ。コンバースのスニーカーがスゴく欲しい田舎の子でした。近所に靴屋は3店あったんですけどね……やっぱり、おばちゃんぽい靴か運動靴なんですわ( ̄▽ ̄;)



出勤時、ゴム長のカカト部分と思われるものが道路におちていました……皆さまは、羽根がはえたように軽~い足どりで楽しい週末をお過ごし下さいませ(´∇`)



《追記》
前の記事で味の素を話題にしましたが、これでおむすびを握り激マズ!!という同人誌ネタを思い出しました(¨;) なう様がコメントに書かれていた「鳴るちゅるうどん」~『ひつじ雲便り67:鳴るちゅるうどんで口福の鐘が鳴る!?』にチラリと書いていました(´∇`)


昨日は『思い出のとき修理します』を読みました。実際は時計屋さんでパチンコのパのネオンがつかないのと同じ…ではないか(~_~;)プレートの計の字がないのをそのままにしておいたという(「思い出の時計 修理します」が正しい)よくある話ですよ、奥さん!(笑)なかなかおもしろかったので、続編も買って読んでしまいました♪←これに刺激されたワケではありませんが、今日は、はじめての東京・ひとり暮らしの場所である三河島駅周辺に行ってきました!


75e3b9a4.jpg


当たり前ですが、駅からしてすでに変わっていた…私の住んでいたマンションは、一階は自転車置き場で2階から住居(ちょっと階段をあがるくらい)廊下というか床と郵便受けは新しく綺麗になっていましたが、ドアとか昔のまんま~今は家賃はいくらなんだろ? 近くの喫茶店でランチ!高菜ピラフに福神漬けがまた…!カップの中は味噌汁です。コーヒーをつけて780円のお昼御飯でした。昔ながらの喫茶店は下町にたくさんありますね。


このあとはアルバイトをしていた都電・三ノ輪橋駅近くの中華料理店をめざして、昔のようにテケテケ歩きます!途中の商店街、やはり寂れている……閉まっているお店も多いし、銭湯はコインランドリーになっていました。そして、私の行きたかったお店も……ない!!近くの店のオバサンにきいたら「もうだいぶ前に旦那さんが亡くなって閉めたよ」の返事が……(´;ω;`)


傷心のワタクシ、都電に乗ってあらかわ遊園地に行ってきました。メリーゴーランドはさすがに恥ずかしいので、観覧車にチャレンジ!


続きを読む

↑このページのトップヘ