慶応

2018年02月26日

恵風雲便りNo.17:心の王者

オリンピックも終わりましたね。開会式も閉会式も競技もほとんど見ることがなく、ワイドショーのまとめなどで「おー!!」と思っていました。しかし、インタビューの時に、的はずれというかアホっぽい質問や泣かせよう的なことを訊いたり言ったりするのはやめて欲しいですね。



Twitterでは作家さんのオリンピック関連のショートショートが何作かあがっているようで、私も読みました。最近は脳内三波春夫さんの『東京五輪音頭』がリフレインです(笑)




さてさて、今朝は青空文庫で太宰治の『心の王者』を読みました。短いのですぐ読めます。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/18346_12212.html


シルレルって誰だ?と思ったら、ゲーテと仲良し😃🍒😃のシラーのことでした。


https://4travel.jp/travelogue/10838275


彼の詩は読んだことがないかも。『地球の分配』という作品、気になります。


http://www.tsushin.keio.ac.jp/column/entry/000282.html



♪慶応 慶応 慶応 陸の王者 慶応~

この応援歌は『若き血』ですが『陸の王者』と思っている人が多いかも。Wikipediaによると【歌詞の最後にある「陸の王者」は「りくのおうしゃ(清音)」が正しいといわれている。実際、 藤山は、そう歌っていた。しかし、一般には「おうじゃ」と濁音で歌われている。また、応援する競技によっては「水の王者慶應」「雪の王者慶應」「空の王者慶應」と変化する。】とありました。



まだまだ受験が控えている学生さんたちもいるでしょう。ゆたかな心で貪欲にいろんなことをつかみとって欲しいです~私はもう忘れっぽくなってしまいましたけど(;´д`)




rohengram799 at 09:30|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ