戦争

2011年08月15日

ひつじ雲便り486:贈り物

「戦争」特集の投書欄で『無事の生還 贈り物に託す』という70代男性の記事がありました。


出征を控えた親戚の家にいったら、一握りの大豆と4~5個のクルミ、松の小枝が三方にのせられ、床の間に飾ってあったそうです。


なんでだろう?と思ってきいても大人は教えてくれない…すると3才上のお兄さんがそっと物陰で「マメは元気、クルミは帰って来る身、松は待つ」とその意味について話してくれたそうです。


元気で無事に帰って来て欲しい、ずっと待っているから…!


肉親として人として当たり前の気持ちを口にできなかった時代に何とかして伝えようとした結果の贈り物。武勲を祈り勝ち栗を持たせるとかもききますが、それも無事に帰還することを願う悲痛な想いだったのではー。


出征された方はシベリア抑留後、帰ってこられたそうです。よかったです。


戦争の功罪につき議論したり検証することも大事でしょうが、こうした声にならない気持ちを抱えて暮らしてきた人がたくさんいたことを幼い頃から伝える努力をしなくては…と思います。



rohengram799 at 09:53|PermalinkComments(10)

2010年08月15日

ひつじ雲便り158:終わりなき鎮魂歌

毎年8月になると、これでもか!と集中していわゆる「戦争モノ」番組が放送されますよね。少しばかりそれはどうなのかなぁ、と思ったりして…。


ウチのコも修学旅行で沖縄に行って、戦争中の話なんかを聞いてきました。多分、その時凄く悲惨で戦争はいけないことだと思って、泣いた子どもたちもいるのだろうけれど、ウチはいたってクールな反応。


ただ…その時だけ「かわいそう」みたいに思って、あとは、かつて激戦地と呼ばれた場所の歴史を知ることもなく、遊びまくる人たちはどうなんだ~?と、それなりに継続して戦史関連物に目を通している子どもをみると思います。






rohengram799 at 08:37|PermalinkComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ