空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:投書

「天皇、皇后両陛下が7月の西日本豪雨の被災者を見舞うため、13日に広島、岡山両県、20日に愛媛県を日帰りで訪問されることが、11日の閣議で報告された。」というニュース記事を読みました。


宮内庁によると、両陛下は13日午前、羽田空港を特別機で出発。広島空港に到着した後、自衛隊ヘリで呉市に向かい、午後に仮設住宅などを訪れて被災状況を視察するほか、被災者を見舞う。その後ヘリで岡山県倉敷市に移動し、お見舞いのほか、救援活動に当たる警察、消防、自衛隊など関係者もねぎらい、空路で夜帰京する予定。 20日はまだ調整中とのこと。


こんなことを言ってはいけないのかもしれないけれど、これにかかるモロモロの経費を被災地・被災者のために使うことを考えた方が・・・と思ってしまいました。迎える側の負担も大きい気がするし・・・。なんかこういう話は複雑。



7月30日読売新聞の「気流」(投書面)に載っていた高槻市の会社員(女性・38歳)の「豪雨ボランティア 反省の念」、これは・・・正直、家主さんが気の毒すぎると思いました。なんでそんなことをしてしまったの? ボランティアでハイな気分になっていたの?と切なくもなりました。



【西日本豪雨で被災した故郷・岡山でボランティア活動を行った。10人チームで派遣された旧家は、工場爆発の爆風で窓を失い、高さ1・7メートルに及ぶ浸水被害も受けた。炎天下、散乱したガラスを拾い、泥を出した。
壊れたと思われる美しい細工を施した飾り棚や、すりガラスに可愛い模様の入った引き戸などが、他人の私でさえ躊躇する速さで運び出された。翌朝、家主さんに対する申し訳なさで目が覚めた。家主さんは退職した身で、冬頃まで時間をかけ整理しようと思っていたと、話していた。
私は、家の繊細な部分にシャベルを使い、浸水していない2階に泥のついた長靴で上がり、おせっかいもした。求められたことだけを淡々とこなしていれば、家主さんの気持ちに寄り添えたのか。この反省を次に生かしたい。】



破損したものの運び出しは、危険な面もあるし、衛生面でも迅速な作業は必要だったかもとは思いましたが「浸水していない2階に泥のついた長靴で上が」るという行為はなんなんだ、と。家主さんではないけれど、怒りと悔しさと悲しさでやりきれない気持ちでいっぱいです。



4/7付・読売新聞のくらし(家庭)面の投稿記事にう~ん・・・となりました。


【手作り料理を容器や袋に入れ、長女の家に毎週末、宅配便で送るようになって1年近くがたつ。/長女が子育てをしながらフルタイムでしょう働き始めたこともあり、大学受験を控えた食べ盛りの孫をはじめ、食欲旺盛な一家の役に立てればと思った。その後、長男からも「うちの嫁も多忙で」と頼まれ、今では、東京に住む双方の家族に送っている。】



投稿者は千葉に住む74歳、孫は大学に合格したので、少し力を抜いて、でもまだまだ続けたいといいます。


老夫婦では作ることがないものを作るのは楽しく、喜んでもらえるのが嬉しいというのもわかるけれど、ちょっとビックリ・・・子どもが小さいわけではないし、近くに住んでいるわけでもないし・・・。


宅配便はやはりクール便なのかしら? 食材費や総量はどうしているのかしら? 長男の発言もどうよ? お嫁さん側の親はどう思っているのかしら? などといろいろ考えてしまいましたわ。


張り合いを与えているということで、親孝行になるのかもシレナイケレド、なんとなく、う~ん、とモヤモヤしてしまった、家事全般苦手でキライなワタクシでした。

読売新聞朝刊の投稿欄『気流』には若者の意見を発信しますよ!的なみたいな感じで「Uー25」という枠(?)があります。 9日付には【大会前「部活週間」欲しい】という、ハイ(-ω- ?)という中学生の投書がありました。


内容としては、自分の学校では試験1週間前になると部活が停止になるが、それならば大会やコンテストの1週間前に授業がなくなる「部活週間」があってもいいじゃないかというもの。投稿した子はバレーボール部。体育館での練習が出来ずに身体がなまる。テスト開けにはなかなかなか感覚が戻らない。


「部活週間には本来部活ができたはずの時間を取り戻す意味もある。」


・・・申し訳ないが、14歳でこの考えは幼すぎるでしょう。ダンナさんが先に読んでいたのですが「学校は勉強する場所で部活がメインじゃないでしょうが」と言っていましたが、全くその通りではないかと。


私も中・高は試験1週間前は部活停止でした。運動部の人は身体がなまらないように、自分たちでそれなりにトレーニングをしていたと思うのですが、この子は家で腹筋したり、近所を走ったりとか何か工夫はしないのか?と思いましたわ。体育館じゃなければムリなことや、相手がいないと出来ないこともあるだろうけれど、授業なしの1週間とかありえないでしょ!


大会やコンテストだって、みんな同じ日程じゃないだろうし、中学って帰宅部はなかった気がするから、イヤでも何かに属さなくてはいけなくて、部活がないことにホッとする子もいると思うけどなぁ。
ウチの中学には囲碁部があった気がするから、部員はご隠居さんみたいに1日パチ!とかやっていないといけないのか?


部活時間を延長して欲しいとか、テスト前でも朝練だけは許可して欲しいとかじゃないのが、なんというか・・・部活週間なんて出来たら、その部活担当の先生は大変そう。 まぁ、なんとなくノリでしょう書いたところもあるのかもしれないけれど、 今は違う考え方をしてくれていたらいいなと思います( ̄▽ ̄;)




新聞の読者投書コーナーに『母親が昼から飲酒 疑問』という70代主婦からのどうなのかしら(´・ω・`)?という問いかけ記事がありました。


都内中央区にお住まいの方で、近くのファミレスでランチをするど「必ずと言っていいほど、小さな子どもを連れたママたちがワインを飲みながら歓談している」のを見かけるそうです。子どもが騒ごうがあまり気にもとめず……ビールジョッキを手にしている若いママもいるそう。娘さんに話すと「お母さんたちの世代は日本茶を飲むでしょ。あれと一緒よ」と言われたとか……いや、日本茶を飲まないならコーヒーとかじゃないの??? ひとりでとか子どもはいなくてママさんだけとか子育てが終わりました世代の集まりとかならわかるけど……。


子連れOKというか託児室あります!的な居酒屋とかもあるようですが……そこまでして飲みたいですか?と思ってしまいます。子どもを寝かしつけてからちょっと一息、一杯いただきます!とかはダメなのかしら……。


 
♪昼間のパパは~ちょっとちがう~昼間のパパは~光ってる~昼間のパパは~いい汗かいてる~昼間のパパは~男だぜ~


忌野清志郎さんの『パパの歌』(作詞は糸井重里さんなんですね)では、家ではゴロゴロだらしないけど働いている姿は違うぞ!でしたが、昼間のママと家でパパに見せる顔は違うのかも……(O.O;)(oo;)

楽しいランチタイムはいいと思いますが、小さい子どもがいるのに外出先でアルコールはなぁ……キッチンドリンカーも困りますが。


一般財団法人「日本禁酒同盟」というのがあるようです。“宗教宗派、政党政派に偏せず、酒害に関する知識を普及し酒害の予防及び酒害者の救済に努め、もってわが国民の健全なる心身の育成に寄与することを目的”としていろんな事業を行っているようです。世界禁煙デーはポスターを見かけますが、そのうち禁酒デーとかも出来るのかしら? 何事もほどほどがいいですね。



昨晩はビニール傘が飛ばされる前に帰宅することができましたが、家に着いたらぐったり…でありました。


今日は晴れましたが、風が強くて…造成中の土地が多いので小石やら砂やら顔にあたって痛い(>_<)痛い(>_<)と叫びながら出勤、午後は雷雨があったみたいで、その後「綺麗な虹と富士山が見えた」と駐車場担当のオジサンが言っていましたが、その頃のワタクシは男子トイレの個室で格闘しておりました……詳細は書けません(-_-;)


そして、なぜか男子トイレだけなんですが、ウォシュレットのボタン(タッチパネルというのかな、TOTO製品)の「お尻マーク」だけを“ぐりぐり”とほじり、破損させるヤツがいるのです!!5つあるうち2つが被害にあっています。他の「ビデ」「止」マークは無視!! 何かあやしげな性癖のある殿方なのかしら?と思ったりしますが、店の備品なので止めて欲しいです。女子トイレではペーパーお持ち帰りの方々が出現しはじめました。値上げの春だから?


あと、スーパーなんかでよく「お客様の声」というご意見箱みたいなのがありますよね? ココにもあるのですが(お下品な文句やリクエストなどいろいろ)店長が返事を書いています。それなりに選んでいるとは思いますが、その文字は「赤」なのです!!おもいっきり赤字!!……そこの場所を通るたびに「赤字…客商売なのに赤字…お客様に対して「赤字覚悟の提供・出血大サービス」の意味? 実はお客様に「赤字覚悟で遊びに来てね♪」(゜゜;)\(--;)……心配になるワタクシなのでした。


「日曜日」「7日」ギャンブラーの皆さまにもワタクシにも、本当に大変な1日でありました~皆さまは楽しく過ごされましたか?



↑このページのトップヘ