空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:披露宴

「ふたり小鳥になった日は手をつなげない」


木村聡雄さんの俳句。こちらの句集からですが、ふらんす堂さんの製本はどれもステキ(*´∇`*)

http://furansudo.ocnk.net/phone/product/1622





東京の狛江(こまえ)市と言われても、町田や八王子ほどピンとこない人の方が多いかも……と思いつつ、私も1回しか行ったことのない場所。それも30年以上前(^o^;) 何を調べていた時か忘れたけれど【狛江市の昔話】にあった、披露宴の話が面白かったので……。イヤ、お嫁さんからしたら「吸い物が変わるたびにお色直し」とかグッタリだろうな、と思うけれど、地域の風習ってやっぱり不思議(笑)



披露宴では、まず「落ち着きの餅」と呼ばれる餅を入れた吸い物が出て、その後、蛤(はまぐり)の吸い物、つぎがサヨリなどの吸い物で、最後に青菜か結び昆布などの吸い物になる。吸い物が変わるたびに嫁はお色直しをする。婿と嫁の膳にはお高盛りの椀が出て、嫁はしるしだけ箸を付けるが、この高盛り飯は、両人で翌日になっても食べきらなければならぬものとされていた。披露宴は、よそ行き程度の銘仙などを着て嫁が最後のお色直しをし、「嫁の茶」といって、やがて一同にお茶を入れてまわると、お開きになった。


https://www.city.komae.tokyo.jp/sp/index.cfm/45,3390,349,2100,html




今日は風がヒンヤリと冷たかったです。バス停近くの桜は全部散ってしまいました。これからは新緑の季節ですね。瑞々しい感性を失わずに毎日暮らしていけたらいいなと思います。



では (*・ω・)ノ

12月1日は両親の結婚記念日😃❤️😃と聞いていたのですが、入籍したのは年が明けてだいぶ経ってからのようでした。3日間くらいかけてご近所さんや親戚を招いてお披露目をしたとか・・・は本当だったのか? 今となってはわかりません。でも仲良し😃🍒😃な夫婦だったと思います。



『Bの戦場』というさいたま新都心にあるホテルでウェディングプランナーの仕事をしている女性が主人公の小説、3巻が発売になったので読んでいます。この「B」が意味するものについてはコチラで~!



http://orangebunko.shueisha.co.jp/feature/b-no-senjo



今読んでいる中に「ケーキフラワー」とか「ナイフフラワー」とかあって、それぞれウェディングケーキを飾るお花、ケーキ入刀のナイフにつけるお花のことだそうです。そんな名前があって、コレにもお金がかかるのか~と夢のないことを思ってしまいました( ̄▽ ̄;) なんか披露宴ってチマチマいろんなモノにお金を使う気がします。もう私はだいぶ昔なので、記憶が曖昧ですが、やたらに濃い化粧をされたことは覚えています(笑)


http://setsuyaku-wedding.pink/archives/267




♪僕らは愛の花咲かそうよ 苦しいことばっかりじゃないから こんなにがんばってる君がいる かなわない夢はないんだ



ではでは・・・KinKi Kidsの♪フラワー♪を歌いながらお風呂♨️に入って、温まってから眠ります。


おやすみなさい😪😪😪






8月も「Oh!モーレツ!!」な猛暑炸裂ですね……夏将軍、ハリキリ過ぎです!ワタクシはこの前、仕事とはいえ立体駐車場を2往復してグッタリでありました。午後3時と午後6時、優雅なティータイムにはほど遠かったです。



暑い時期の挙式・披露宴は夕方から……というのが多いみたいですが、渡辺淳子さんの『結婚家族』を読みました。結婚を機に思いがけぬ「家族」の問題が発生することも……な7つの短編集です。


その中で「敬遠しないで」はかつて高校球児だった仲間の結婚披露宴に出ている彼が主人公で、この野球部OB会には「3つの掟」がありました。ひとつは結婚式に部の同級生全員を招待すること。ふたつめは監督に直々に結婚を報告し、もちろん式にご招待!! 最後は監督に結婚式で祝辞をもらうお礼として謝金を包むというもの。イヤだわ~イヤだわ~!!と思いながら読みました。いかにも野球部、運動部、と思うのは偏見かしら……。主人公はいろんな意味で掟を破っているので、オメデタイ席でも落ち着きません。ラストはちょっとうまくまとまり過ぎな気はしましたけど(;^_^) 最後の2作品「当家の跡継ぎ」「くされ縁」はう~ん、と考えさせられる作品でした。今は小川糸さんの『リボン』を読んでいます。鳥がたくさん出てきます!



今月はタイトルだけでもちょっと涼しくと「海」をいれて「海雲(かいうん)便り」にしてみました。開運に繋がるような前向きな話を書いていけたらよいのですが、今月もゆるゆる更新になりそうです。またのんびりお付き合い下さい。どうぞ皆さま、暑い夏をお身体に気をつけてお過ごし下さいませ。



*コメントのお返事は気長にお待ち下さいm(__)m



♪花嫁は夜汽車に乗って嫁いでゆくの~ そんな歌をうたいたくなる読後感が全くない、青山七恵さんの『花嫁』を読み終わりました。青山さんの作品は2、3作読んでいて積ん読本もあるのですが、コレが一番おもしろいかも。


20歳の大学生・若松麻紀は、眠れない時や寂しい時、兄さんのベッドに潜り込むという重度のブラコン。しかし若松家の長男である和俊が、婚約者を連れて来たことで、兄を愛する麻紀はパニックに!これが一話目で「うわぁ、なんて妹だよ(ー_ー;)」二話では兄目線になり、婚約者と出逢ったキッカケがわかります。そして彼女は父の妹の子どもで夏休みによく遊びに来ていた富子だった……富子の両親は離婚して姉妹は父親に引き取られていて、ずっと会っていなかったしスリムになっていた彼女に驚きと少々戸惑いの両親。腕利きの和菓子職人・父は、テレビに取り上げられたこともあり知名度も売り上げもアップして「大福御殿」と言われる自宅も建てて、家族でフランスに行ったり(もとは洋菓子を習っていた)素敵なお父さん!と思っていたら、年に一度だけ、家族に内緒で出かけて行く場所があり……逢い引きの相手は、店のお手伝いをしている弓子さんだったことがわかる三話目。そして夫を支えて繁盛する店を切り盛りし、子供二人を育て上げた母が花嫁に向けて書き出した一通の手紙が読める四話で、若松夫婦の思いもよらぬ過去、子供らの出生の秘密(これはなんとなく早い段階で予想できた)を読者も知ることになるのです。う~ん、愛って家族ってなんだろ?と考えてしまう作品でした。そしてまた「大福」が登場!! 塩豆大福を買ってしまいましたわ(笑)



ゴールデンウィークに結婚式というカップルも多いでしょうか? ウチの二男くんも6月ですか、初めて披露宴に招待されたようで「スーツを新調しないと」と言っていました。ついでに本人の予定をきいてみたのですが、相手がいないと……そうか(´;ω;`)


ダンナが「もし外国の人を嫁さんにしたいって言ったらどうする?」と突然私にきいてきたのですが、そういうケースも考えられますよね。日本語がある程度話せる人だといいな~とか漠然としたことは思いますが……。


息子もなんかまわりからいろんな情報とか愚痴を聞いているらしく「披露宴に招待する人をどこまでにするかとか考えるのがめんどくさいから、海外挙式とかしてもいい?」なんて言ってましたわ。確かに引き出物や衣裳より大変かも……相手の招待者数とのバランスとかもありますしね(~_~;)



そうそう、同じマンモス団地にすんでいて(棟は別)名字も同じふたりが結婚した話をきいたことがあります。新居もその団地だったような……結婚して姓も変わらず実家も近いというのは女性にはいいのかしらん?なんて思いました(^◇^)



若返って痩せて美しい姿になれるなら、自分の着たかったドレスをとっかえひっかえしてたくさん写真を撮りたいなぁ……と思いました(^。^;) 皆さま、ゴージャスでステキな週末になりますように(*´∀`)♪



午前中は晴れていたのに午後からはどんよりした雲が……秋の長雨になってしまうのかしら?ウチの近所の学校は好天のうちに運動会も一段階したので良かったな~と思います!


ところで、本日は大安吉日~秋は運動会だけでなく結婚式も多いですね。今はウエディング用語として「披露宴」「二次会」の他に「1.5次会」なるものがあるのですね(((・・;)


1.5次会(いってんごじかい)とは~披露宴と二次会の中間をイメージしたパーティ。披露宴ほど改まってはいないが、二次会ほどカジュアルでもなく、レストランなどを利用して会費制で行われることが多い。海外で挙式したカップルが現地や帰国後のパーティにこのスタイルをとるケースも~挙式後、パーティーという感じ?知らなかったわ~ウチの親の年代では「そんなのはダメ!!ちゃんと披露宴をやらないと!!」と怒られそうです。しかし、今の挙式・披露宴にかかる費用っていくらなのかしらん(--;)


「華燭の典」という言葉を聞くと「過食のテン」に漢字変換されてしまうワタクシ、やはり今月に入ってから3回の日帰り旅行がだいぶ身体に負担になったようであります…朝はとりあえず起きましたが、ごちゃごちゃとひと仕事をしてまた横になり(´д`)お昼頃起きて、ひとつ用事をすませ、またひと休み…オタ息子も今日は頭痛がひどいと言って薬を飲んで爆睡中(>_<)全く、情けないオタ親子の「疲労宴」であります( ̄▽ ̄;)


母などひとりでも毎日店を開けているし、兄も独り者(@_@)で頑張っているので(父の入院中も私より実家に帰り、アレコレやってくれていた)私もこのくらいでへばってはとアタマではわかっているのですが、足腰弱りすぎ(~_~;)学生時代、運動が苦手で体育をサボっていたツケがきたのでしょうか~くくっ!!


そんなワケで、せっかくの休みなのに、テレビも新聞もマンガも読んでいないワタクシ(ToT)……皆さまもお身体には十分気をつけて下さいね!!


↑このページのトップヘ