空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:故郷

今朝の読売新聞・編集手帳は滋賀警官射殺事件についてでした。19歳巡査の犯行とは・・・。編集手帳の書き手が変わってから、なんかいまいちピントがあっていないような、言いたいことや引用されたものとの繋がりがう~ん、というのがあって、前の人に戻して欲しくなることも。



今回は「アンパンマン」でおなじみのやなせたかしさんの詩が引用されていました。以前『詩とメルヘン』で見たような気がする、と思って検索したらこちらのブログ記事にありました。


http://tigerace1943.hatenadiary.jp/entry/2015/04/10/182750




「思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、 ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」


希望というと、いつも魯迅の『故郷』 のラストを思い出します。平成が終わり、新しい年号になりますが、果たしてその道はどんなものなのか、またまたう~ん、となる、そんな春の夕暮れです。



昨晩は冷えましたね! 起きて外を見たら車や植え込みに雪が部分的に積もっていました(^^;)(;^^)


今日の記事タイトルの「雪根開き」は春の季語です。植物は雪や寒さが勝っている間はジッと我慢していますが、寒さが緩んでくると生き物の熱で周りの雪が解けてきます……木や植物のまわりだけ丸くとけてはじめて土が見えている、アレのことです~「木の根開く」という季語もあるようですね。



話はかわりますが、この前『きぼうの唄』を教えていただいたのでYouTubeで聴いてみました。


♪きっとだいじょうぶ ずっと超えてきた
悲しみを越え 今を重ね
あなたと私をつなぐ
きぼうの唄……


「きぼうの唄」(作詩:伊藤一樹・作曲:石若雅弥)の作詞者である伊藤さんは書画家で2012年から作詞をしているそうです。歌詞がだれにでもわかるやさしい言葉で、スーッと心にしみわたります。そして昔、現国で習った魯迅の『故郷』の最後の一文がうかんできました。


《思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、 ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。》


震災がある度に復興応援ソング的なものが出来て巷に流れ、そんなのなんの役に立つの?とかきれいごとだとか、その時期だけマスコミに取り上げられてみんな忘れてるんじゃないかとか、いろいろ思うことっあると思います。この歌詞を読んでも「きぼう?なにそれ?」と感じる人もいるかもしれない……でも細く長く途切れない道の一部を自分も造れるんじゃないか、石をひとつ拾うくらいは出来るんじゃないか……と。


「神戸から東北へ」だけでなく、頑張ってきた昔の自分へのメッセージのように受け取った私です。ぜひ皆さまも一度聴いてみて下さいませ。



HP:http://www.yakusokunoki.com

ブログ:http://ameblo.jp/iyashi-sakka



*前の記事のお返事遅れます。ごめんなさい!


続きを読む

『師走来る結婚記念日携へて』(小澤克己)


はぁ~12月ですよ、寒い雨の朝になりました。昨日あたたかいな~♪と感じていた分、今日はキツいですね。タオルハンカチ、手放せません!!(笑)


さて、本日はおめでたくもワタクシの両親の結婚記念日であります。しかし何年かわかりません( ̄▽ ̄;)


当時は自宅結婚式が当たり前だったので、なんだかにぎやかだったみたいです。私も母の一番下の妹の白無垢姿を母の実家(車で5分くらい)で見た記憶があります。


小学生の頃は町民会館(笑ってはダメよ!)で披露宴とかあって、ウチは仕出しもしていたので、父の運転する車に乗り、配達のお手伝いに行ったりしました。


今年は父は病院でちょっと悲しくもありますが…。


昨晩は2時間ドラマを久しぶりに見ました!!だって「笛吹川」が舞台なんですもの!ちなみに私がよく「橋の下から拾ってきた」と言われた橋は笛吹川にかかっています(笑)


「かぼちゃのおほうとう」あんなお店でお上品に食べなくても…と思ったり、広瀬ダムには子どもたちを連れてやはり父の車でいきました。あの下にはひとつの集落が沈んでいます。


山梨県の地図が画面に映り、チラっと自分のウチの地名が見えたりしたら、もう絶叫ですよ!!(^3^)/いつ撮影に来たのかな~?


石和やら勝沼やら~ううっ!!山の大きさ、山の形、山の連なり~ああ、何を見ても懐かしい景色で…のっぺりした千葉とは比べものにならない~コレよ、コレよ、この景色!!


避難されて遠くにいる東北の方々も、自分の故郷の景色をみたいだろうなぁ…と、しみじみしてしまいました。


皆さま、風邪をひいたりしないように気をつけてこの1ヶ月のりきりましょう~(^o^)/

欅の木の下には行きませんが(笑)今日は父の誕生日です。何も用意していないので(((^_^;)せめて電話をしなくては…と思っているところです♪


今日は、私の好きな谷口ジローさんの体験をもとにしているであろう『父の暦』という漫画の紹介です。


主人公の父親の葬儀のため、鳥取に帰った主人公。10年以上、実家には帰っていませんでした。通夜、葬儀のあいだ、父や故郷についていろいろな思い出がよみがえります。理容店を経営する父、離婚した母への思慕と継母への想い、姉のことなど……そして、自分の知らなかった父親の姿も、集まってくれた人たちの話から知ることになります。


多分、今の年齢で読むから、心に響くと思うんですよね。まぁ、主人公の方が年上なのですけど(;^_^A 「鳥取の大火災」なんて知らなかったし。自分の記憶より昔むかしの出来事が多いですが、懐かしさがあります。



もう一冊の『欅の木』は内海隆一郎さんの原作8編を描いた作品です。NHKで《欅通りの人々》というようなタイトルで、ドラマをやっていた記憶もあります。

この本に載っているお話も、どれも心に残ります。なにげない日常のヒトコマだからこそ、自分も似たようなことがあったな~としみじみするんだと思います。

私が特に好きなのは、両親の離婚で離れ離れになった弟と再会することになった姉の心情を綴った「雨傘」と、日本人の夫を突然喪ってしまったフランス人女性のその後の物語「彼の故郷」です。



今回の〆は『父の暦』ラストシーンから…。



郷里は……いつでもどんな時にでも変わらずそこにあった


私は思う……
郷里に帰る……のではない、いつの日か郷里がそれぞれの心の中に帰って来るのだ。



このページのトップヘ