救急病院

2010年06月30日

ひつじ雲便り100:ハーフタイムデーに100号記念☆

今日は一年の半分が過ぎたという意味で、ハーフタイムデーなんだそうです(((^_^;)半年を振り返りたくても、記憶が曖昧すぎて無理なので、よくテレビで見るドクターヘリの話を(*_*)


市内にドクターヘリを有する大学附属病院があります。出動範囲は、半径50キロ圏内。日没後や視界の悪い日は、ドクターカーが活躍します!


フライトドクターは、年700回以上、多い時は1日7回のフライトに17名の医師で対応しているそうです。救命医は3年以上の修行が必要で、ヘリだけを目当てに目当てに研修に来たがるドクターは受け入れません( ̄^ ̄)フライトナースはドクターよりも搭乗回数が多いそうですから、体力も精神力もばっちり強靭でないとやっていけないですね。


ドクターヘリも維持にお金がかかるので、機体に広告を…など検討されているようです。ヘリの経費は、国と千葉県で半年ずつ出しているので、ヘリをよぶとお金がかかることはありませんが、要請するのは消防指令センターか現場の救急隊だけです。「ドクターヘリに載せて!!」と勝手に呼べませんから(((^_^;)




rohengram799 at 09:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
記事検索