救急車

2022年08月31日

夕菅雲便りNo.15:しないしないナツ〜ナツイロの詰め合わせ

♪Return to myself 自分らしい恋をそう 見つけたの Return to myself 心染めなおし しない しない夏


「Return to Myself」は「自分を取り戻す」「本来の自分に戻る」という意味〜今年の8月も終わりますね。ごちゃごちゃしたメモを整理していたら、お坊様にお経をあげていただいた時にお茶を出そうと思い「何がいいですか? 珈琲とか炭酸とか」とお訊きしたら「出されたものは何でも感謝していただきます、好き嫌いはしません」と返されたという話が。「好き嫌いはありません」と「好き嫌いはしません」……要求をすることはなく有り難くいただく、また相手を思いながら心を込めて差し上げる……ここでいい話だなぁ、で終わらず、浜田麻里さんの歌を思い出すのがワタクシなのでした(笑) 昔は化粧品のCMソングがたくさんヒットしましたよねぇ。

【Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。〜】
https://www.uta-net.com/movie/4840/


フランス語に「rire jaune」(苦笑する)という黄色を使った言葉があるそうで、英語の「out of the blue」(青の中から〜予期せぬ何かが突然起こること、なんの前触れもない)も知り、色の表現が面白い!と同時にゆずのこの歌が脳内再生されたりする( ・ ᗜ ・ )

【夏色】
https://www.uta-net.com/movie/10469/


以下、ナツイロっぽさはないですが、詰め合わせ🏖️

◆トミカ日産NV400救急車 静岡県立総合病院
企業ではなく病院コラボ(?)のトミカは珍しくないですか?!
http://blog.livedoor.jp/nakadima548/archives/52006604.html

◆ウニの殻 偉大なる母の贈り物でしょうか✨
http://ashibee.net/uniuni.html

◆友だちの唄
♪どうせ叶わぬ恋ならば 私 女の子をやめてもいいわ
はじめて聞いたのだけれど、最初の歌詞からヒャー!となりました。なんて一途でせつないのか。倉橋ヨエコさん、他の歌も聴いてみたいです。
https://www.uta-net.com/movie/189151/

◆放屁師
以前、オナラを売る兄弟のフランスの話を紹介しましたが(a)放屁師という職業が存在したのがスゴい!
https://web.kawade.co.jp/bunko/38449/

『続野人生計事』(b)に芥川龍之介が

アンドレエフに百姓が鼻糞をほじる描写がある。フランスに婆さんが小便をする描写がある。しかし屁をする描写のある小説にはまだ一度も出あつたことはない。

と書いていますが、今なら読み放題?! こちらの本も読んでみたいです(‾.‾“)
我が尻よ、高らかに謳え、愛の唄を (河出文庫) >> https://bookmeter.com/books/19570122

◆NSFW 【Not Safe For Work】
職場閲覧注意という意味なんだそうですね。仕事中に爆笑、号泣、エロいモノを見てはいけません〜ちゃんと働きましょう!


どこがナツイロという8月最後の記事になりましたが、今月もお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m まだまだ妄想の旅は続きますので(笑)またよろしければお付き合い下さると嬉しいです。

来月もどうぞ「ご安全に!!」🍁



(a)https://pictbook.info/ehon-list/isbn-9784907542351/

(b)https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3744_27360.html



rohengram799 at 10:05コメント(4) 

2021年09月08日

鹿火雲便りNo.6:蓮月尼

今日は川柳コンテストの夢をみていました……寝坊しました……(ノд`;)


富士山は初冠雪! 季節はすすんでいますね。 夏山より冬のキーンとした空気の中で見る雪の富士山がやっぱり一番好きかなぁ。全く田舎には帰っていませんが。

山梨といえば水晶も有名なのですが、黒水晶は見たことがない……というかその存在を知らなかった( ̄▽ ̄;)

【黒水晶】
https://crystal-seian.co.jp/smp/list.php?type=class&mcat=112132



さてさて、昨晩は「蓮月焼」という言葉から蓮月尼という人物を知りました。大田垣蓮月という、 幕末~明治の歌人で剃髪し蓮月尼となります。急須・茶碗などを焼いて生計を立てました。自作和歌を書きつけた陶器が「蓮月焼」と称されたそうです。贋作も出回っても、それが売れて貧しい人たちが生活できるなら……と特に対策もしなかったようで……。


作家の木内昇さんの書かれたこちらの記事を読み、蓮月尼の人生は悲しい別れの連続だったのだなと思いました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO90485810T10C15A8TY5000/


『大田垣蓮月尼のこと』と題して上村松園が書いた文章があります。(青空文庫より全文)

毅然たる中に、つつましやかさ、優しさ、女らしさを備えていることは、日本女性の持つ美徳でありこれあってはじめて、いざという場合真の強さが発揮される。 大田垣蓮月が、維新の混乱期にあって女ながら日本のゆくべき道を極めてあやまらなかったことは、自ずから皇国護持の精神を発揮したものといってよい。 しかも、内に滔々たる勤皇の大志に燃えながら、その行いは極めて女らしく、名利を求めず、富貴を望まず、自詠の歌を書き、陶器を焼いて生活の資に充あて、他に齎もたらすところ厚く、自らは乏しくつつましく暮し、謙虚さは失わなかった姿こそ、まことに日本女性の鑑かがみであり、私達にこの厳しい時局下ゆくべき道を示してくれているように思える。 尼は当時京都に集まる勤皇の志士から慈母のごとく慕われたが、自らは聊いささかも表立つことはなく、あくまで女らしい床しさに終始した。あの毅然たる中に持ちつづけた女らしい床しさこそ、私達が学ばなければならないものである。 戦局の険しさが加わると共に、険しさ、とげとげしさが深くなる人の心に和やかさを贈ることこそ、女性本来の生き方であり、かくてこそ、はじめて女性として皇国護持の道に徹し得るのではないかと思う。 (昭和二十年)


【記念碑】
https://www2.city.kyoto.lg.jp/somu/rekishi/fm/ishibumi/html/ki073.html

【蓮月焼 画像】
https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=%E8%93%AE%E6%9C%88%E7%84%BC



週末くらいから救急車のサイレンが毎日聞こえます。体調を崩している方が増えているのでしょうか? 皆さまもどうぞご自愛下さいませ。




rohengram799 at 09:40コメント(2) 

2012年09月09日

あかね雲便りNo.143:Q(キュー)Q(キュウ)Q(キュー)

本日は『救急の日』…近くに消防署があるので、かなりの頻度で救急車を見かけます。タクシー代わりに使う人のニュースは相変わらず多いですね。どこが緊急なんだ!?と殴り倒したくなるのではないかしら…『傍聞き』の最初の話が救急隊員の話だったように記憶していますが、本当に大変なお仕事…毎日お疲れさまです!ありがとうございます!!


ワタクシは本日不思議ちゃんとお仕事、おまけに例の担当者のことのイライラもあり「キュウ~!!」とお灸をすえたい気分になりました。もう~狭い心にキュウキュウにしまい込んでいたモヤモヤカプセルが、一気にブチブチ!!とはじけてしまいそうです~お腹に力を入れ過ぎて、ズボンのボタンが弾けたらどうしよう!?(--;)


ああ、薄汚いオーラを身にまといたくはないのですが…グッと我慢して、トイレ掃除に励みたいと思います!!


この前、のぼせたのか何なのかわかりませんが、男子トイレが「はなぢ」に染まったことがありました(~_~;)そういえば、トイレで気分が悪くなった人がいて、救急車を呼んだことがありますが、それも男子トイレだった…お若い方でしたわ。その後、回復されたとは思うのですが、連絡がないのでわかりません。パチ屋って非日常空間なので、自分が思っている以上にハイテンションになるのかもしれないですね(((・・;)


マンガ『鬼灯の冷徹』に「トイレの花子さん」の話があったのですが、花子さんに双子説とかあったんですね!まさに「トイレの神様」なネタだったので、興味のある方は今発売中の「週刊モーニング」を立ち読みして下さい。ムダにイケメンの人面犬も笑えます!!


しかし、私がだいぶ大人になってからのブーム(?)だったので《学校の怪談》とかほとんど知らないんですよね。子どもが小さい時に読んだ『カレーおばけのあかいぼうし』(末吉暁子)は大好きでした!!


ああ、最後はオバケで締めくくり~「Q、Q、Q~オバケのQ~♪」でした!!




rohengram799 at 12:40コメント(14)トラックバック(0) 

2010年07月31日

ひつじ雲便り143:それは自慢になるのか('~`;)

近くの消防署からは、毎日のように救急車が出動しています。


ウチのダンナは職場の野球チームに入っていましたが、残暑厳しい中、試合があり(多分今でいう熱中症だと思うのですが)家に帰ってきた時はもう顔が真っ赤!!


なのにお風呂に入り、案の定気分が悪くなり救急車のお世話に~(´д`)


スマートではないので、救急車に乗るまで一苦労~隊員の方、申し訳ありませんっ(>_<)


とりあえず救急車に同乗しましたが、狭い!!印象しか残っていません。


こんな人騒がせな看護師のダンナの自慢は『看護師としても患者としても、救急車に乗ったこと』…(-_-)


子どもたちはしばらくお父さんが隊員に運ばれる様子の再現遊びをしていました(((^^;)


ウチの場合は、笑い話ですみましたが、そうでない場合の方が絶対多いではず…皆さま、お気をつけ下さい。




rohengram799 at 18:28コメント(2)トラックバック(0) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード