敬老の日

2018年09月18日

菊咲雲便りNo.11:フタの壁

昨日は「敬老の日」でしたね。いつまでたっても「敬老の日は9月15日」の感覚が抜けないのですが・・・全人口のうち70歳以上の割合が初めて20㌫を超えたとか。



「高齢に一歳ずつの違う壁」(八街市・伊藤三峨さん)


昨年の読売新聞・地域版のよみうり文芸にあった川柳です。瀬々倉卓治さんが秀逸に選んだ作品。評はこちら。


たった一歳なのに、皺も足腰も壁がこんなに違う。たった一歳なのに、ご時世の運がこんなに違う。歳のせいも、生んだ親のせいも、負け組はこだわり、勝ち組は言いっこなしにする。見比べて暮らしがわかる女の掌(て)。見てごらん、皺も白髪も年の功。比べない幸せがいちばん。




こちらも前に発売された週刊ポスト(GW合併号)に載っていた記事ですが【あなたの「日常生活年齢」をチェックしよう!】というのがありました。(厚労省などの資料や医師への取材等によりポストが作成したもの)


例えば・・・40代は小学校低学年の子供をおぶって6分間歩ける、50代は階段を休まず4階まで上がれる、60代は電車で吊革に掴まらずに3駅立っていられる、70代はガスコンロの火加減を目で見て調整できる、80代はペットボトルの蓋が固くて開けられない、など。



記事によると「握力の衰えの目安は、男女ともに自分の体重の半分の握力があるかどうか。たとえば、体重60㎏で30㎏の握力がないと荷物の持ち運びなど日常生活に支障が出てきます。80代になると、如実に握力は低下しペットボトルのキャップを開けられない」という人が多くなるそう。


私、最近、モノによるのですが、ペットボトルの蓋が固くて開けられないのです・・・ヤバい(´Д`ノ)ノ



rohengram799 at 10:15|この記事のURLComments(6)

2017年09月16日

竹酔雲便りNo.15:お世話になります

読売新聞朝刊で「臓器移植法20年」ということで、遺族側のインタビューなどが連載されています。


昨日の記事(医療ルネッサンスNo.6636)は、息子さんが脳死ドナーとなった男性の話でした。息子さんは当時38歳。



【男性にとっては、移植を受けた人の体で「息子がお世話になっている」という思いだ。元気でいてくれるとしたら、それはその人と息子が意思疎通でき、頑張っているからだと感じる。「とてもいいみとりができた。提供して、本当によかった」】



記事の最後に書かれた70歳過ぎの父親の言葉。移植を受けた人からのサンクスレターを読みながら、こう思えるようになるまでにはやはりいろんな複雑な想いがあったんだろうなぁ・・・と。




昨日は昔でいう「敬老の日」(やっぱり9月15日に戻して欲しい。三連休にならない職場の人はたくさんいるはず!)100歳以上の方が47年連続で増えているとか。様々な研究によると、2050年までにアメリカの60歳以上の総計は現在の2倍になり、人口の5人に1人が65歳以上になり、少なくとも40万人が100歳以上になると予想されるそうです。また知らなかったのですが、「センテナリアン(centenarian)」という、100歳以上の人物のことをいう言葉もあるのですね。



健康で長生き、なかなか難しいですが「お世話になります」という気持ち、感謝を忘れないようにしたいですわ。



台風が近づいています。皆さま、どうぞお気をつけ下さいませ。



rohengram799 at 08:52|この記事のURLComments(7)

2016年09月20日

秋雲便りNo.16:敬う日

この前、テレビで見たのですが、 愛知県海部郡飛島村では、長寿をお祝いする奉祝金が誕生日に贈呈されるそうです。まぁお祝い金の話は他の自治体でも聞きますが、金額がスゴい~!


満90歳:200,000円!
満95歳:500,000円!!
満100歳:1000,000円!!!

※ただし、基準日に20年以上居住している方に限ります。だから誕生日間際に転入してお祝い金を……なんてセコい考えはやめましょう(笑)



昨日から伊与原新さんの『ルカの方舟』という、どーしてこんな内容を買ったんだろう(´・ω・`)?と思う、理系ミステリーを読んでいます。論文は捏造ではないか、貴重な隕石が盗まれた、研究室やクセのある研究者たちなど、あれこれ、面白く読めるところもあります。ちょっと「ホニャララ細胞はありま~す」を思い出したりして……!


実験関係の横文字やら難しい漢字が並ぶ器材の名前にはう~ん(´-ω-`)となっていますが、自分の知らない世界を研究している方々は尊敬しちゃいますね。 読み終わる頃には少しは「サイエンス」「ネイチャー」の世界に近づけているかしらん?……途中でやめていたりして(;´д`) 



台風で各地スゴいことになっています。皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしょうか? どうぞお気をつけ下さい。



rohengram799 at 19:38|この記事のURLComments(8)

2013年09月17日

しらす雲便りNo.10:お見舞い申し上げます

台風一過の涼しい朝ですが、被害の大きさに言葉がありません。荒れた海でサーフィンをする人たちとか全く非常識!何が起こったとしても自業自得だと思いますが、関係者の方々はどんな気持ちでしょう…。水がひいたあとも後片付けも大変だと思います。ご無理なさいませんように。


もう次の台風が発生しましたね。「USAGI ̄(=∵=) ̄」名称はかわいらしいですが、日本上陸は避けてほしい…海水温が上昇しているので「千葉県沖で台風発生、即東京上陸という日がくるかもしれない」という話もききましたが、それはもうはるか先の出来事であってほしいです。


昨日は「敬老の日」でしたが、人口の1/4が65歳以上の高齢者だとか…全員が健康で長生きならば喜ばしいことですが……生命保険のコマーシャルを見ては自分の保険について考えてしまいます。何が起こるかわかりませんし。

高齢者といいますと昔フルムーン旅行のコマーシャルがありましたね。年齢を重ねてダンディーな上原謙さんにNiceバディの高峰三枝子さんの温泉シーンが話題になりましたが(笑)同じ高峰さんでも秀子さんのエッセイ『おいしい人間』を買ってきました。読み終わる頃には私の中にもおいしい人間性がにじみ出るようになるかしらん?


ワタクシのまわりでも(自分の中では)台風並みの出来事が発生してしまいました。もういい年なので泣きわめいたり叫んだりするようなことはなく「半分どうにでもなれ!あとは知らん!」という気持ちであります( ̄▽ ̄;)もしかしたら愚痴を書くかもしれませんが、その時にはあたたかい目で見守って下さい<(_ _*)>


皆さま、お身体に気をつけてお過ごし下さいませ。



rohengram799 at 08:30|この記事のURLComments(17)

2012年09月17日

あかね雲便りNo.152:いぶし銀になりたい~敬老の日

ここ数年「何で今日は休みなんだろ?」って思う私です(--;)いぶし銀のような婆さんになりたいのですが、こんなアタマでは…くくっ(~_~;)


この日がくると「なんで年寄りを敬うんだ?」的な意見が若者(だと思う)からでますね。そして「自分は長生きしないから大丈夫」みたいな発言で締めくくりますが、こういう人ほど世間に迷惑をかけるイヤな年寄りになりそうな気がする!!シルバーシートの前ではどこも悪くなくても「オレは年寄りなんだから座らせろ~!!」逆に普通の席を「どうぞ」とすすめられたら「年寄り扱いするな!!」と怒りそう…('~`;)


私もお世話になっている全国最大級書店チェーン「宮脇書店」(結構専門書があり立ち読みが楽しい!)ここの会長の訃報記事を読んだのですが、88歳で“老衰”とありました。うーん、老衰って例えば70代でも使われる言葉なんでしょうか?今は医学の発達により、きちんとした病名(理解はしにくいですが)がつけられている気がしますが、昔はきっとある程度の年齢になり静かに息を引き取ったら「老衰」という定義だったんでしょうね。


この時期はシルバー川柳も話題になりますが、私が気にいったのはコレ!!


『婆さんよ 犬への愛を 少しくれ』(大阪府・男性・58歳)


ダンナさま、哀しゅうございます(ToT)でもでも「犬に負けるかぁ~!ファイト一発!!」で毎日ハツラツと暮らしていただきたいですね~種を越えたライバルの存在は生きがいになりそう( ̄ー ̄)






rohengram799 at 10:30|この記事のURLComments(18)
記事検索