新月

2016年06月16日

閑雲便りNo.21:二日月

函館市で震度6弱の地震のニュースに驚いています。津波の心配はないとはいえ、雨も降っている様子……まだ詳しいことはわかりませんが、皆さまのお知り合いの方々など大丈夫でしょうか?



昨日ようやく都知事が辞任しましたね。今までさんざんごねて、不信任をたたきつけられる前に自分で……そしてあい変わらず不満タラタラ、オレの功績を認めろや!みたいな挨拶に都民でなくてもムカつきました。


『えごの花大学生だ放つておけ』(田中哲也)の俳句も『エゴの塊 枡添なんだろ 棄てておけ』って感じです。次の都知事候補もいろんな名前が出ていますが、とにかく「恥ずかしくない人」にしてほしいです……。



千葉県の今年の夏の課題図書コーナーが本屋さんに出来ていました。気になったのは、小学校の中学年向けの絵本でいいのかな? 『二日月 (ふつかづき)』(伊藤美来 ・作 丸山ゆき・絵)です。


主人公の小学生「杏(あん)」に待望の妹「芽生(めい)」が生まれました。でも芽生は病院のせいで障がいをもって生まれてしまい、杏も両親も今にも死んでしまいそうな芽生をなんとか生きてもらうように頑張っています。同時に杏は芽生に対してどう接していいのかわからないことも……。杏は親友の一人にだけ妹を紹介しただけで、学校のほかの人には妹の障がいについては話していません。友だちが障がい者の事を「かわいそう」「迷惑」「なりたかった訳じゃない」などと、いろいろなことをいうのを聞きいて嫌な気持ちになっいました。そんなある日、母親が学校での杏のお芝居の発表会に、芽生をつれて見に来ると言います。それに対して「芽生を恥ずかしい」と思います。そしてそう思ってしまった自分にショックを受けて……。大人でも難しい問題ですね。名前がイマドキだなぁって思いました。



タイトルの『二日月』が気になったので調べてみたら「繊月(せんげつ)」とも言うそうです。新月(しんげつ)は月が見えませんが、次の日には日没後1時間前後のまだ明るい空に、繊維の様に細い月が見えることがあるので、この名前がついたようです。三日月はおなじみですね。こちらはわりとはっきり見えるので、初月(ういづき)・若月(わかづき)・眉月(まゆづき)など多くの異称がありました。今だとなにかと話題の「ホテル三日月」が浮かんでしまいますが(O.O;)(oo;) ホテルにしたらいい迷惑でしょうねぇ。



今日はダンナと映画『64 ロクヨン 後編』を観てきました。初のプレミアムシートは座り心地がよかったです! 映画の方は結構詰め込んできたなぁ~という感じがしました。上映後、わりとすぐに明るくなってしまい余韻に浸れないのもありました。原作は買ったので、文字でロクヨンの世界をどっぷりたっぷり楽しみたいと思います。あと仲村トオルが出てるんですが、どうしても『ビーバップハイスクール』のイメージがあって、なんだか私の中では浮いてしまいました(^。^;)



6月も後半になりました。皆さま、お身体に気をつけてこのジメッとした季節を乗り切りましょう。





rohengram799 at 15:24|この記事のURLComments(8)

2014年12月22日

笑雲便りNo.23:エツヨの朔旦冬至

今日はテレビでもこみち君がなんとかのテリーヌを作っていました~この時期、パーティに♪とかスーパーでもテリーヌやらパテやらと書かれた商品が並んでいますが、意味も違いもわからないので検索してみました←でも作るワケではない(--;)

《テリーヌとパテの違い》
http://www.dole.co.jp/5aday/about/column/column_164.html




『山国の虚空日わたる冬至かな』(飯田蛇笏)


今日は冬至ですが、今年は普段の冬至とはちょっと違い『朔旦冬至(さくたんとうじ)』と言って、新月と冬至が重なる年の特別な冬至のことで、19年に1度しか訪れないそうです\(◎o◎)/ 今までそんな話を聞いたことがなくて、カボチャを食べるぜ!柚子湯に入るぞ!しかなかったのに……もしかして私だけ知らなくて、けっこう有名な話なのかしら(O.O;)(oo;)
非常におめでたい日だとされて、古来朝廷では盛大な祝宴を催したといわれているそうです。



さてさて、タイトルにつけたエツヨですが、人名ではなく『説予(エツヨ)』という言葉を見たからです。意味は「よろこびたのしむ」だそうです。漢字の見た目からは「予言者の説話」みたいな印象がありますが、なんか違いましたね(;^_^A



寒い冬の時期に咲く花もあれば芽吹く樹もあり……自然の中にヨロコビを見つけて、ひとりワクワクと楽しいナニかを見つけたいと思っています。皆さまもお身体に気をつけて、お過ごし下さいませ。





rohengram799 at 16:44|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2013年12月31日

わた雲便りNo.61:『Day by Day』 2013→2014

♪みんなに出逢ってからドキドキだよね
毎日はクルクルで目がまわるよ



日付がかわりました~大晦日ですね。皆さまはもう準備万端、ばっちり新年を迎えられることでしょう~ワタクシですか? ご想像におまかせします(◎-◎;)


今年はブログを毎日更新出来なくて、目標としていた2000記事達成もまだまだ先になりそうですが、大きな病気もせずに過ごすせたし…! 毎日なにかしら新しい発見や出逢いがあり、おもしろおかしく1年を終えることが出来そうです(^.^) 本来なら皆さまのブログにおじゃまして、きちんとご挨拶をしなくてはいけないのですが…申し訳ありません(;>_<;)←夜中に更新しましたので、ちょっとずつブログ訪問させていただいています。「オレのとこには挨拶なしかぁ、アア~ン!?」とお思いの皆さま、ごめんなさいです(/。\)!


今年もおやぢ心ギッシリ!の「空のお城」にきて下さり、本当にありがとうございました。不調の時には励ましていただき、アホな話題にもお付き合い下さり、コメントでもいろんな情報をいただいて、感謝しています( 〃▽〃)


今年最後の記事タイトルはアニメ『ファンタジスタ・ドール』のエンディング曲です。最初聴いた時から今年の〆はコレだ!と決めていました。ワタクシの皆さまへのアツい想いを受け取って下さいっ(^з^)-☆


どうぞ皆さま、良いお年を! 新年最初のブログは2日からの予定です。またよろしくお願いいたします。明日は新月だそうです~新しいスタートにピッタリ(*´∀`)♪




♪今日もどうもありがとう
やっばりいい日だった
いろいろね あった分だけ宝物もふえて
空に星に神様に
大地にこの宇宙に
みんなとね 過ごした時間に感謝をして
Day by Day





rohengram799 at 00:40|この記事のURLComments(24)TrackBack(0)

2013年02月10日

くじら雲便りNo.41:「みかん」の言い訳

今夜は新月でしたが、星が美しく…寒い帰り道もなんとなく足取りが軽くなりました。通勤時は横断歩道にお菓子のかけらでもたくさんあったのか、カラスにスズメが2羽ずつツンツンしていました。車が来ても動じないカラス様はさすが!!と思いました(笑)また途中で「ツバキがたくさん咲いている!!」と思った場所がありました。しかし、よく見たらサザンカでした~「ツバキも種類が多いから仕方ないよね」なんて誰に言うでもなく言い訳してしまうワタクシ(((^_^;)


言い訳といいますと、ダンナが買ってきたマンガにこんな話が載っていました。小1の時の算数の先生がとても怖くて教科書を忘れた理由を「お母さんが足し算ができないので勉強したいって…私の教科書持っていっちゃって…」と言ったところ、なんと!「…仕方ないですね」と納得されたそうな(((・・;)


怒られなかったのは良かったですが、中学や高校の数学ならまだしも、小学校1年生レベルの算数、それも“足し算が出来ない”なんて~クラスのみんなが聞いていたはずなので、この子のお母さん、授業参観の時とか恥ずかしい思いをしなかったのかしら?なんて思っちゃいました!!ちゃんと言い訳だって理解した子の方が多いかしら?('~`;)


言い訳しても結局バレることが多いのに、なんか取り繕ってしまうんですね。「彼氏の就職内定が取り消されては大変!」と“ひき逃げしたのは私”と身代わりに出頭した彼女がいたというニュースを見ましたが…コレはコレでまた…バカップル大学生(-_-;)


そうそう、バカなのかユーモアなのかわかりませんが、脳研究者の池谷裕二さんという方のこんな話が新聞に載っていました。


ゴールが見えない――脳研究をしているとそう感じます。(略)つまり、科学が永遠に未完成な営みであるという事実こそが、私が科学に魅せられる理由なのかも―と、ツラツラと考えたと、研究室の学生に話したら、「へえ、科学は蜜柑星からやってきたんですか?」と想定外の返事。「こりん星」の仲間とでも思っているのでしょうか。


そしてシメの言葉は『悩みがないって素晴らしい。』……同感(´Д`)



rohengram799 at 23:55|この記事のURLComments(9)

2012年11月14日

サバ雲便りNo.15:激昂仮面は父でしょう…byヨシズミ(°°)ノ°

石原サンの新党の名前が『太陽の党』…やっぱり自分の出世作(!?)『太陽の季節』を♪忘れられないの~なのかと思ってしまった!!しかし、岡本太郎氏の《太陽の塔》を思い出す人もいるのでは?同時にウラの黒い太陽も思い出す~『黒部の太陽』ならぬ「黒い太陽」('~`;)


さて、太陽といえば月(笑)先月の満月はすっかり忘れていました(-_-;)今日の新月は朝の7時過ぎらしいので、夜中にカチカチしています(((^_^;)


『月光の父の匂ひがインク壺』(堀之内勝衣:ほりのうち・かつい 1943(昭和18)年兵庫県生まれ)


新月は月は見えないのですが、この句が気にいったので載せてみました!月の光が父親に降り注いでいるんですかね~それともふたりでお月見をしているのか…。なんとなく、父親は筒井康隆さんのイメージ(笑)着物姿でちょっと気むずかしい文筆業のおと~さん。インクの匂いって独特ですよね。机にダァ~!!とぶちまけた記憶とともによみがえりましたわ…(~_~)


皆さまの記憶する「父の匂ひ」ってなんですか?ウチは魚屋だったので、昔は「魚臭い」だの「猫がよってくる」だの言っていましたが(>_<)だんだんお客さんも少なくなってきてからはそういうニオイもなかったですね。パチ屋に来るお客様は今の時期、樟脳クサイです!!


石原サンの『太陽の党』がキナ臭い!!と言われたら「政(まつりごと)は爆発だっ!!」と弾けてしまうのかしらん……(´д`)



rohengram799 at 01:03|この記事のURLComments(13)
記事検索
月別アーカイブ