新盆

2014年08月21日

遊雲便りNo.11:黄泉から

昨日は米澤穂信さんが編集した『世界堂書店』というアンソロジーを読み終わりました。米英仏はもちろん中国・ギリシャ・フィンランドなど……外国作品って、土地柄とか宗教感とか気質とか雰囲気がやっぱり違いますね。あまり読まないので、なかなか新鮮でした。最後は久生十蘭さんの『黄泉から』という短編でした。



敗戦翌年の7月でしょうか、お盆の時期です。主人公の一族は次々と亡くなってしまい、いとこのおけいという娘だけになってしまいましたが、彼女は婦人軍属になりニューギニアに渡り、そこで病死してしまいます。主人公は洋行帰りで、おけいが亡くなったことを知り、今日1日は彼女を追想しようと予定を全て断り、新盆の支度をしようとしますが、古いしきたりを過去の記憶から引っ張りだそうとしてもうまくいかなくて、自己流で…と女の子だから甘いものとかを用意します。飾る写真が一枚もない寂しさ。彼女の同僚が彼のもとを訪ね、ニューギニアの様子や最期を教えてくれました。


主人公はこの後、彼女は家庭塾生としてお世話になっていたルダンさんの家にも行くだろうと考えて、女中に懐中電灯ではなくあえて提灯を用意させます。ラストシーンにお鼻がツーンとしてしまいました。



光太郎は提灯をさげてぶらぶらルダンさんの家のほうへ歩いていったが、道普請の壊(く)えのあるところにくると、われともなく、
「おい、ここは穴ぼこだ、手をひいてやろう」
といって闇の中に手をのべた。



続きを読む
rohengram799 at 11:09|PermalinkComments(12)

2014年08月16日

遊雲便りNo.9:何も言えなくて……2014・夏

昨晩、実家から戻りました。母の新盆、父の三回忌を終え、また来年には母の一周忌が……ただただ慌ただしいというか、気持ちの整理がつかないまま、月日だけが過ぎていくという感じです。


こちらと田舎では生活環境も時間の流れも違うので、自分の思うことがうまく伝わらず……親戚には姉夫婦でありイトコであり……自分だけの親ではないのだからと思っていても、自分のささいな要望(本当にくだらないレベルで「まわりが言うとおりで大丈夫」とか「まかせておけばいいよ」みたいなことなんですが)を否定されると(ダメだとか、おかしいと強く否定されるわけではない)なんでなのかなぁ、どうしてそういう言い方するなぁ……もともと親戚付き合いが苦手だったところに、しばらく離れていた方言が飛び交うとなんかキツくて……こちらにいても思い出してはメソメソと泣いていますρ(・・、)



今月は祖父の命日もあり、いつも以上に心が揺れ動き、うまく表現できるものが見つかりません。がそれなりの毎日を過ごしています。更新に時間があいてもご心配なく……たびたびのぞいて下さる皆さまには申し訳ありません!!



お身体に気をつけて残りの夏を楽しくお過ごし下さいませ。なお、今回コメントは受け付けない設定にしています。ごめんなさい<(_ _*)>




rohengram799 at 21:53|PermalinkTrackBack(0)

2011年08月13日

ひつじ雲便り484:大切なあなたへ

お盆さんですね。スーパーで、すき焼きにするのか大量のお肉を買う人やお寿司にお刺身、ビールにジュース~普段なら一週間分では!?な分量をカートにのせているご夫婦をみかけました。


電車もすいていて、いつものお馴染みさんがいないわ~となんとなく置いてきぼりにされた気分になります(;_;)


今週、読売新聞の『四季』という俳句や短歌を紹介するコラムでは、亡くなられた歌人の河野裕子さんの作品を紹介しています。闘病中も句を書き記し、自力でペンを持てなくなると娘さんに書き留めてもらい…64歳という早すぎる人生の幕を降ろしたのは昨年の8月12日でした。


『のちの日々をながく生きてほしさびしさがさびしさを消しくるるまで』


闘病半ばに詠まれた句だそうです。別れなくてはいけない、のこしていかねばならない人たちへのせつない願い。


今年、新盆という方がたくさんいらっしゃると思います。悲しさもさびしさもくやしさも…ずっと消えない記憶だと思いますが、それでも『のちの日々をながく生きてほし』亡くなられた方はそう願っているのではないでしょうか。


流星が夜空を彩り、明日は満月です。星に願いを、月に祈りを…合掌。


《ペルセウス座流星群》

http://www.astroarts.co.jp/special/perseids2011/index-j.shtml


rohengram799 at 01:01|PermalinkComments(14)
記事検索
月別アーカイブ