方言

2019年02月27日

令月雲便りNo.31:ひな 🎎

ルナールというと国語の教科書に載っていた『にんじん』しか思いうかばなかったのですが、『博物誌』が面白い!という話なので、青空文庫で検索。挿し絵もありました。植物だけでなく動物やいろんな生き物に関して適度に長かったり、それだけなの~(;・∀・)な文章もあったりで面白かったです。フランス語がわかる人に言わせると、訳し方がうまいらしいです。ちなみに 驢馬(ろば)は「大人になった兎」だそうです!


https://www.aozora.gr.jp/cards/001156/files/43603_48251.html




さてさて……もう雛人形ではなく五月人形のチラシが入る時期になりましたねぇ(;´∀`) 「節分そば」や「彼岸そば」にも「ほー、そんなものが」でしたが「雛そば」もありました。


【雛そば】

https://www.nichimen.or.jp/know/zatsugaku/12/



こちらは【山梨のお雛様】です。

https://m-tokuhain.arukikata.co.jp/hokuto/2019/02/post_35.html



山梨の話題というか方言の記事に甲州弁が書かれていたのですが、ちょっと違う~! 「 こっちん」じゃなくて普通に「こっち」って言うけどなぁ。それに複数形で使っていた気がする。「おまんとう こっち
こうし」(あなたたち、こちらに来なさいよ~みたいな)じゃないかと思う……ビミョーに違うのが活字の方言ですな。 全体の文章はこちらのブログをお読み下さいませ。

https://hanaha09.exblog.jp/29263447/



rohengram799 at 00:35|この記事のURLComments(2)

2018年12月05日

竜潜雲便りNo.14:拝み太郎~11月の本棚

「徳雲便りNo.12:秋アジサイ(2016/10/17 )」のはじめに、死んで横になったオオカマキリの姿が祈っているように見えた、というようなことを書いたのですが、俳句の季語に「拝み太郎」というのがあって、なんだろう?と思ったらカマキリのことでした。長崎の方言なんでしょうか、やはり拝む、祈る、といった姿に見えるんですかね~?


http://myfavoritenagasaki.blogspot.com/2014/11/blog-post.html?m=1




さてさて、先月読んだ本はコチラです。あんまり本らしい本は読めませんでした(-ω-;)


https://i.bookmeter.com/users/718307/summary/monthly


rohengram799 at 19:56|この記事のURLComments(0)

2017年12月08日

暮歳雲便りNo.8:オネオネ

先日、新聞コラムに「おねおね」という大阪の古い方言の記事があり、ほー!と検索したのですが、何か違う・・・と思ったら、ワタクシ、「ねごねご」と打ち込んでいました d( ゚ε゚;)



ちなみに「おねおね」とは、はっきりモノを言わない様子のことらしいです。ゴニョゴニョ、モソモソ、言う感じでしょうか?




「ホカ オネオネ」という「Time to Fly (さぁ、飛ぼう)」というニュージーランドのマオリ族の言葉があるそうです。「ホラ、カネカネ」と読んでしまうのは、守銭奴の世界に飛んでいっているからでしょうか・・・いろんな意味で気をつけていかないとヤバいワタクシです。




おカネ👛といえばボーナスの時期ですね。私には縁がないですが、また回収から「給与振り込み先を変更してね( `・∀・´)ノ ヨロシクー」のお知らせがきました。



最初→三井住友銀行の東神奈川支店・・・何で神奈川? 会社は東京・神田にあるのに。


1年くらい前→「ゆうちょ銀行にしてちょ!(・ω・`人)」と言われ、休眠状態だった通帳を引っ張りだしたばかりなのに・・・。駅近くのファミマも三井住友銀行からゆうちょ銀行のキャッシュコーナーに変わり、別に不便はなかったのでこのままでよかった。


今度→三菱東京UFJ銀行・・・近くに支店もない。



いつまでと期限は決められていなくて「会社でまとめて申し込みするから書類書いてね(^∧^)」と申し込み書類一式届いたのですが、書類控えとかちゃんと返送してくれるか不安なので(9月更新の契約書控えもまだ来ない)面倒ではあるけれど、自分で都内(日本橋)まで出掛けて口座開設しようと思います。この方が確実で安心ですもんね。



三井住友銀行の時は近くに支店があったので、郵送で手続きしましたが(千葉に住んでいるけれど、会社の都合でそちらの支店に・・・と電話確認をしました)UFJ銀行はないんですよね~みずほ銀行も遠くて。クリスマス前に都会に出る理由が出来たて嬉しい(笑)



なるべく早く行きたいなぁ、と思います。「おねおね」言わずに素早く行動しなくては(^。^;)






rohengram799 at 08:15|この記事のURLComments(2)

2017年10月29日

淡雲便りNo.12:阿呆払い

また雨ですね~今月は雨の記憶しかありません。



昨日は他店ヘ働きに行って来ました。2回目なんですが、前回より1ヶ月以上過ぎていて、店の作りなども違うので、えっとどうだっけ?と戸惑ってしまいました(;´д`) 駅からそこそこ歩くので、駅近の職場に慣れたワタクシには着くまでに疲れる!


前回の帰りは駅が見えてホッとしたのもつかの間(街灯があまりなく、人気も皆無に等しい夜9時半近く)段差に気づかず転んでしまいました。何があったのか理解出来ずもしばらくそのままでいたら、少し前に通り過ぎたジョギング中のおにーさんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。有り難いことです。子どもみたいに右膝に擦り傷ができ、治るのに時間がかかって、歳を感じました・・・( o´ェ`o)



店に向かう途中、かなり立派な街路樹がありました。何本かの根元近くにはキノコらしきものが・・・ジメジメしていますからね~!


今、朝井まかてさんの『御松茸騒動』という読んでいるのですが、以前「バカマツタケ」について書いたことを思い出しました。他の方のブログ記事に写真がありましたので(最後の方)ご覧下さい。



https://blogs.yahoo.co.jp/emi3merlin/45669314.html?__ysp=44OQ44Kr44Oe44OE44K%2F44KxIOWNg%2BiRiQ%3D%3D




さてさて、タイトルにした「阿呆払い」という言葉を本の中に見つけました。「江戸時代の刑罰のひとつ。武士の両刀を取り上げて、また、裸にして追放した刑」だそうです。裸にして追放・・・子どもが小さい頃、ダンナさんが怒って「裸になって出ていきなさい!」と言っていたのを思い出してしまった・・・そして本当に服を脱ぎはじめた子どもたちにビックリしたことも。



大人になった今も「あれは虐待だよな」と言っていますが、自分が小さい時も締め出されたりしたよなぁ、と。その理由は当時ピンクレディがコマーシャルをしていた「宝石箱」というアイスが食べたくて、もう夜遅かったのに開いている近所の店に買いに行ったからですヽ(;´ω`)ノ



あと「だちかんのう」という言葉も。方言なんですね。下記サイトにありました。ここに書かれている「みるい」とか私は使ったこともきいたこともないですけど。


http://www.interq.or.jp/ox/nakau/yanagida/hougen/tyuubu/tyuubu.htm



朝井さんの本についてはコチラで。


http://books.bunshun.jp/articles/-/2390





お返事遅れて申し訳ないですが、もうしばらくお待ち下さいませ。台風、お気をつけ下さい!



rohengram799 at 14:12|この記事のURLComments(4)

2015年05月17日

碧雲便りNo.17:ふと……考えるア(タ)シ

「大阪都構想」をめぐる住民投票、結果はどうなったんでしょうか? この話題で「都道府県の違いはナニさ?」を検索していたのですが、わかったようなわからないような……正直わからない( ̄▽ ̄;)



府都(ふと)で、むかし子どもたちと植物ポケット図鑑を見ていた時に「フトモモ科」というのがあり、なんじゃそりゃ~!!と大笑いした記憶がよみがえってきました(´∇`)


コチラがフトモモです!

http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt/kigi/futomomo.htm


そして「ジャワふともも」です。

http://www.hana300.com/renbu0.html


「蓮霧(れんぶ)」に臀部(でんぶ)を連想したおやぢなワタクシですが、実のかたちがなんだかビミョウ(^。^;)



フトモモで思い出したことがもうひとつあります。実家では「くすぐること」を「ももす」と言っていました……「くすぐったい」は「ももっちい」です……例えば、私が母の足の裏をコチョコチョしようとしたら「ももっちいこと、しちょし!」(くすぐるのはやめなさい!)となるわけです……でも同じ山梨県内でも言わないところもあるような気がします(◎-◎;)



今日はむし暑くて仕事でもグッタリしてしまったので、「人間は考える葦である」みたいに奥深い考察は何もない短い記事になりました(;^_^A





rohengram799 at 21:16|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)
記事検索