早稲田大学

2015年05月04日

碧雲便りNo.4:人生「昭和」劇場

昨日は録画しておいた『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を見ました。原作の『三丁目の夕日』(西岸良平)シリーズも読んでいます。舞台となった年は私が生まれた年です。オリンピックに向けて東京はビルや高速道路の建設ラッシュ! 東京と山梨では発展の度合いも違ったと思いますが、商店街の飾りとかタバコ屋のおばちゃんとか…日常生活の中にあるいろんなものが懐かしかったです。


茶川先生はマンガだともっと老人ぽいのですが、前作も見ていたのでなれてきました(笑) 『冒険少年ブック』の看板作家となり「銀河少年ミノル」の連載を続けていましたが、新人小説家・緑沼アキラの「ヴィールス」 の人気が上昇しときてその座を奪われつつあり……そのライバルがなんと息子同様に可愛がってきた淳之介だったという……(´;ω;`) 原稿やアイディアノートを焼いている淳之介に泣けました。書かれた文字、作品は自分の魂の一部なのに……才能がなくても書くことが大好きな私には辛かった……。全編を通してベタなんだけど、大泣きしてしまいました、夫婦二人して………詳しいあらすじはこちらでどうぞ。

http://haiteitumo.blog53.fc2.com/blog-entry-3883.html




牛久大仏を見に行った日、実はその前に朝一番でタケちゃんの新作映画『龍三と七人の子分たち』を観ました。20人くらいいたでしょうか~やはりシニアの方々が目立ちました。内容はコマーシャルなんかでよく流れていたし、タイトル通り(笑)引退した元昔ヤクザの面々が集まり、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売(引越しの挨拶ですと言ってドアを開けさせ、図々しく家に入り込み、サービスだからと浄水器もどきをとりつけ羽毛布団を買わせようとする)でやりたい放題の悪ガキ(龍三たちにしたら)相手に大暴れ!……タケちゃんは刑事役だったけれど出なくてもよかったかな……皆さん、うまい役者さんたちで笑えると言えば笑えたけれど『アウトレイジ ビヨンド』に比べるとちょっとおちるかなぁ( ̄~ ̄;)



♪やると決めたらどこまでやるさ~それが男の魂(たましい)じゃないか~ という村田英雄さんの『人生劇場』を思い出す任侠の世界……『人生劇場』は、愛知県出身の作家尾崎士郎の自伝的大河小説で、上京し早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。「青春篇」「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」とあり「残侠篇」は完全な創作ですが、他は自伝要素を混じえ創作されたそうです。私は最初から任侠話だと思っていました(◎-◎;)



早稲田=バンカラなイメージのワタクシ、「 妻をめとらば才たけて みめ美しく情けあり 友を選ばば書を読みて 六分の侠気四分の熱」というのをずっと前にきいたことがありましたが、作詞が与謝野鉄幹でこの歌詞は2番なんですね。そしてタイトルは『早稲田野人の歌』( ̄□ ̄;)!!……なんだか知らなかったことばかりたくさん出てきました。

http://www.interq.or.jp/sun/nanbu/kashuu/yajin.html


人生の半分は「平成」で過ごしていますが、多感な時期を過ごしたのは「昭和」なので、今回のタイトルにしてみました(´ー`)



今日は『みどりの日』森林浴を楽しみたいところですね~皆さま、さわやかな1日になりますように♪





rohengram799 at 09:46|この記事のURLComments(10)

2014年12月04日

笑雲便りNo.7:人生125年(*´∀`)♪

明日はとっても冷えるとか……ケータイをカチカチいじっていないで、早く寝た方が身体にはいいのに『スーパーセンテナリアン(supercentenarian、super-centenarianとも)』なんて言葉を見つけてしまったら……( ̄▽ ̄;)


なんか新しい戦隊物のロボット名みたいな気もする……千手観音さまロボ!←罰当たりなヤツ(×_×) 正しい意味は「110歳以上の人物」のこと。センテナリアン(100歳以上の人物)1000人のうち約1人存在するそうです。



ところで、早稲田大学の創始者である大隈重信は「人生125歳」を説いていたそうで( ; ゜Д゜) 大隈公は「すべての動物は成熟期の5倍の生存力を持っている。」というドイツの生物学者が唱えていた説を信じていて、「人間の成熟期を25歳とすれば、その理屈から推して、その5倍、125歳まで生きられる。」と……。


当時の統計による日本人の平均は明治13年で男性36歳、女性38歳。大隈公が活躍していた頃、日本は先進国の中で最下位となる短命国でした。「日本が発展するためには、勇気、反抗力、活動、の三ヶ条を心掛けてほしい。」「強い精神力を保ち続けることこそが、長寿の秘訣であり、すなわち日本の発展につながる。」 生理上の寿命もさることながら「精神の力が体力に克つ(勝つ)」「肉体を支配する精神、例えば肉体が健全であっても、勇気のない者は病気である」「意思の力の閃き(ひらめき)が絶えず五体を支配して、自己と言う精神が生々して来れば、必ず肉体はこれによって支って支配される。」
彼は日本の発展のためには、精神力の強い日本人が増えることが必要不可欠であり、日本が発展できれば自ずと長寿国となるはず……ともうわかっていたのですね。



今から125年前というと、1889年(明治22年)ですかね~パリ万国博覧会があった年です。「7月1日山梨県甲府に市制実施される」とありました。この年10月18日に大隈重信外相、暗殺未遂(玄洋社社員来島恒喜に襲われ負傷、条約改正中止)、12月24日には大隈重信外相、辞任(´;ω;`)



今年、宝塚歌劇団が創立100周年でいろんなイベントがありますが、125周年の時に私は75歳。今より自由になって、ヘソクリもたまって、毎日はムリでも月一回くらいは劇場に足を運べるようになるかしらん?


でも考えてみたら、ワタクシ、少ない観劇回数ではありますが、宝塚で何回も上演されている『風と共に去りぬ』も『ベルサイユのばら』も『エリザベート』も一回だけですが、ちゃんと劇場で生の舞台を観ているのですわ~よく考えてみたら、これはとっても幸せなことなのでは……「早稲田大学宝塚歌劇を愛する会」の会誌(でいいのかな?)『夢の花束』を買っていたことも思い出しました!


早稲田大学には入学出来なかったけれど(そもそも受験していない!)「125」という数字を通して、大隈公に近づけた気がします(^_^)-c<^_^;)



「怒るな、愚痴をこぼすな、過去を顧みるな、望みを将来に置け、人のために善をなせ」の5条を実践して、皆さま、一緒に「125歳」をめざしましょう(*´∀`)♪」





rohengram799 at 22:04|この記事のURLComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ