明日があるさ

2017年11月28日

霜見雲便りNo.27:シフトドレス

コンビニで前から気になっていた『昭和さんぽ 1964年 明日があるさ! オリンピックとその時代』というマンガを買いました。


http://www.shonengahosha.co.jp/event.php?id=5835



1964年はワタクシが生まれた年! もちろんその年の記憶などありませんが、それぞれの作品の中に出てくるあれやこれやには「あった、あった!」となりました。粉末ジュース~なぜアレはあんなに美味しく感じたのか・・・水が多いともちろん不味いのだけれど(笑)



まだ映画館は座席指定などなく(これは比較的、最近かな)早くから並んでいい場所を確保!したり、初めての東京にドキドキしたり(夜の新宿、ネオンがキラキラ~別世界でしたわ)穴をあけないと飲めなかった缶ジュースとか・・・小さい頃がよみがえりましたわ。



洋品店で働く女の子の話がありました。その中に仕「シフトドレス」という言葉が出てきました。絵でみた限りは昔のジャンパースカートという感じ。シフトと聞くと、野球の○○シフトとか、仕事の渋谷表を連想するばかりで、洋服とは結びつかない。なんでしょ(´・ω・`)?



シフトとは、下着の「シュミーズ」のこと。ウエストに切りかえがなく、ストレートで細身のドレスのこと。ウエストがぴったりではなく、少しゆとりがあるのが特徴。

比較的ウエストにゆとりがあるシース・ドレス、シフト・ドレス、サック・ドレスの3つが'50~'60年代に流行した。


【シフトドレス】


http://www.modalina.jp/modapedia/w/e382b7e38395e38388e383bbe38389e383ace382b9/




シュミーズ(笑) ファッション用語っていろいろあるので。まだ聞いたことがないものがたくさんあるのかも・・・あ、そういえば私は、保育園にパンタロンをはいていき、なんとなくイケイケな気分に鳴っいました。もちろん、シュミーズ一枚でじっかの店先をウロウロも~!


そして小学生の時に何を思っていたのか、ピンク系に黄色い薔薇の刺繍が入った(たしか左太ももあたり)ジーンズをはいてチャリンコで坂道をノーブレーキで・・・橋の欄干にぶつかり止まったこともありましたわ。なぜか高学年にもなったらスカートだけに固執するようになりました。「冷えるよ」「大人になってから大変だよ」と言われました・・・ええ、今、書けない大変なことがたくさんあります( o´ェ`o)



年をとると昔の話ばかりになってやーね、失礼しました ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ




rohengram799 at 16:23コメント(6) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード