空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:明星

こんばんはです~実家にやってきました。電車の中で『あのころの、』という窪美澄、瀧羽麻子、吉野万理子、加藤千恵、彩瀬まる、柚木麻子の6人が描く女子高生のアンソロジーを読みました。女子高に通っていた私には共感できるところがたくさんあったのですが、今の女子高生が読んだら「わかんな~い」ってなるのかなぁ……。夢、あこがれ、自信や不安、嫉妬や戸惑い、かなしみやせつなさを抱いて卒業……この時期だから読みたくなって買ったのですが、どの作家さんの他の作品もまた読みたくなりました。


さて、この前『明星』の話をしましたが、レコードも出てきました。その一部です。


e75aff24.jpg


ちょっと暗くて見ずらいと思いますが……左上『明星』昭和59年9月号・400円・田原俊彦河合奈保子・松田聖子・柏原よしえが表紙です。 右上は昭和53年3月号・350円で表紙は原田真二くんと百恵ちゃん。 左下は南沙織ちゃんの『ともだち』400円、右下は百恵ちゃんの『冬の色』500円です。


懐かしすぎ~そして値段が安い!! なんだかんだで、田舎にいた子ども時代はたのしかったなぁ……というお話でした(((^_^;)



皆さま、3月も1週間過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか? ワタクシ、アッチにふらふら、コッチによたよた…な体調と気分の波をちゃぷちゃぷちゃぷ、ちゃぷかきわけて(緊張感がないな)昨日、山梨で母の四十九日法要と納骨を行ってまいりました。ヒョロヒョロくんが成田山で頂いたお線香を持っていきました。この前行った時はお墓にたどり着くのも大変な雪が残っていましたが、昨日はもう大丈夫でした。富士山は真っ白に輝いて、風もなくキリッとした空気の中、母を祖父母や父と同じ場所に……。次は初彼岸で帰郷します。


家を少し片付けねばと思いつつ、そのままの状態……郷ひろみとピンクレディの三人が表紙の『明星』(お正月だったので振袖姿の高田みづえちゃんたちアイドルが~360円!)を見てダンナと楽しんでしまいました。ジュリーと新沼謙治くんのツーショットとか…今では考えられない!


そして『厳寒三友』の松竹梅の書画みたいなのを見て「こんなのあったっけ?」とかしばし父を偲んだりしました。母は絵とかに興味がない人のようでしたが、薔薇の花の絵がいくつかあったので「花なら綺麗だしお母さんに怒られないかも」と父が選んだのかな?なんて思いました(´∇`)


あちら側から『思い出探偵』がやってきて(笑)生前のお礼やら心残りを伝えたい…みたいな夢をみたような気がします。あと「松と待つ」をかけた短歌を作ったような気がするのですが(立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む ……みたいに美しい句ではなく、帰り松というダジャレみたいなヤツでした…)起きたらすっかり忘れてしまいました(~_~;)


寝すぎなのか風邪なのかメガネがまだなれないのか、頭が痛い…更年期からくるものなのかスゴく寒い(悪寒とはまた違う)…という具合なので、相変わらずまとまりがなくゴメンナサイです←前々回からのコメント、遅れましたがお返事書いたので読んで下さいね(;^_^A


《厳寒三友》についてはこちらをどうぞ。


http://www.suisui.ne.jp/~gsk/season-suihansanyou.html


皆さまはお身体に気をつけて下さいね!


↑このページのトップヘ