映画

2013年04月22日

ヒコーキ雲便りNo.20:「し」ょうがない月曜日(´Д`)

今朝は寒かったですね。昨日は雪のマラソン大会もあったみたいで……皆さまはいかがお過ごしでしょうか?


体調が悪いから仕事をしたくないのか、仕事がイヤだから体調が悪いのか……考えていたのですが、どうもくじら雲便りNo.16:ふにゃふにゃハートの子守唄に書いた方と一緒に勤務する前後に気分が不安定になるのだとわかってきました。何気ない言葉使いや声のトーン、あとですね、どうでもよさそうなスタッフの個人情報(年齢や家族構成、勤務年数、同期入社のスタッフや以前働いていた店舗のこと等)とか「どうでもいいじゃん、そんなこと」をしゃべりかけられるのがイヤなんだわ~と(´д`)最近は胃が痛い……「私ってそんなタイプだった!?」と自分でも驚きでありますが、有休を使ったりしてシフト調整をしているところです。



なんかマエアツさんが4ヶ月で映画を120本鑑賞したとかいうのがニュースになっていましたが…このヒトは本は読まないのかしら?なんて思ってしまいました。いつも「映画が大好き!!」な話は聞きますが、映画の原作を読んだとかその感想とかは聞かないのですが、私が彼女に興味なさすぎて耳に入ってこないのか? 「映画もいいけど、本も読んだらいいのに~」なんてオバサンは思いました。


私は映画にもなりヒョロヒョロくんが「どちらもおもしろかった!!」と言った『ゴールデンスランバー』を読んでいます。ちょうど半分くらいかな?にもかかわらず、原田宗典さんの『し』というエッセイを買ってしまいました。平仮名一文字で一番たくさんの意味を持っているのはなんだろう?と調べたら「し」だったそうで、その数は297!!本にはその中から選びに選び抜かれた(!?)15の「し」についてのいろんな話が詰まっています。


立ち読みして「買うか~」と思ったのは「100円が半額の50円になるからジャンプとあわせて300円、ポイントで足りるな!」とセコい計算をしたからではなく[死]について書かれたページを開いたら原田さんのお父上が心臓の手術をするという話があって……自分が手術するわけではないのだけれどやはり心配・不安…なぐり書きの詩のようなものに「もしも永遠に/終わらない映画があったら/僕と一緒に観にいきましょう/ポップコーンを僕に/きっと買って下さいね/照れ臭いから/少し離れて座りましょうか」という文を目にした時にお鼻がツーン!!となってしまいました。父親と息子って、母親と息子、父親と娘ともまた違う流れがある気がしました。



まとまりなく書いてきましたが、本日はこれにて~今月は26日と30日に更新を予定していますので、またその頃にでもお立ち寄り下さいませm(__)m



rohengram799 at 16:45|PermalinkComments(14)

2010年10月24日

第310号:シュークリームと平和と『フランスの友だち』

今日は『トリコロール記念日』~1794年、フランス国民公会が、現在フランスの国旗となっている青・白・赤の三色旗(トリコロール)を国家の象徴と定めた日。


フランス革命の時、市民軍はパリ市の色である赤と青の帽章をつけていました。革命が全国に広がって、市民軍は国民軍となります。その総司令官に任命されたラファイエットは、「市民と王家が協力して新しい国を作るべき」として、帽章に王家の色である白を加えます。王政は1791年に廃止されましたが、この3色を使った三色旗は国民軍のシンボルとなった、ということです。


フランス革命というと、どうしてもオスカルさまを思い出してしまいますが、今回タイトルの『Apres la guerre』は、1989年のフランス映画からで、フランスの小さな村を舞台にした戦争と民衆を描いた作品。
ただ海外版しかDVDはないみたいなので、私も実際は見ていないです(-_-)

【追記 2022/7/29】
コチラのブログ記事を見つけました。
https://yorimichim.exblog.jp/7511301/


フランス革命に関連したことだったので、フランス制作の戦争関連映画を探したところ、『歴史群像』100号記念特別号に《WW?欧州戦線戦争映画100選》という特集があったので…。 他には有名な『禁じられた遊び』『影の軍隊』『鉄路の闘い』ドイツとの『ブリキの太鼓』ポーランドとの『戦場のピアニスト』など…。


ただ、圧倒的にアメリカ制作の映画が多いです。
経済力なのか、アメリカが戦勝国だという誇示なのか……はふぅ(._.)


おやつにシュークリームを食べながら、平和について考えるなんて、ノンキな日本人の発想でしょうか…(__)

rohengram799 at 11:40|PermalinkComments(4)

2010年09月14日

第262号:マリア様とロザリオ

私立リリアン女学園をご存知ですか?創立明治34年の、長い歴史と伝統、優雅な校風を誇る名門女子私学です。武蔵野の豊かな緑に囲まれた広大な敷地に、幼稚舎・初等部・中等部・高等部・大学(文学部・家政学部)・大学院が設置されています……って、小説の中の話ですから(笑)


アニメ放送で、新たにたくさんのファンができたら、例によって、出ました!~!キョ~フの実写映画化…本当に申し訳ないのですが『桜の園』も『笑う大天使(ミカエル)』もひどかったでしょ!!なんで、生身にこだわる~(ToT)ってかんじです。


女学園は、もとは華族の令嬢の為につくられたという伝統あるカトリック系お嬢さま学校。純粋培養の乙女たちが集います。この女学園高等部では同級生同士は名前に「さん」をつけて呼び、上級生を呼ぶ時は「さま」をつけるんです。挨拶の言葉は「ごきげんよう」なんですよ…それなのにぃ~エセお嬢様の大群は見たくないんです(´Д`)
イメージにあわないし…子どものセリフではありませんが『AVみたい…』( ̄▽ ̄;)まったく同感じゃ!!


この話の楽しみは、「姉妹(ス―ル)」システムにあります。高等部には「姉妹(ス―ル)」という学生の自主運営のシステムがあり、これは清く正しい学園生活を受け継いでいくために、姉である先輩が妹である後輩を指導する(淑女としての「躾」をつける)もので、この「姉妹の契り」はロザリオの授受によって成立。1人のお姉さまに対して、妹になれるのは1人きりなので、契りを交わしたことで、2人は1番親しい間柄だと周囲から認めてもらえるのです。一部の方が大喜びな設定ですが、女子校だから許されます(笑)


他にも、生徒会は「山百合会」といって、紅・白・黄の3薔薇さまと呼ばれる3人の幹部によって運営されています。スゴいでしょ!!時代は現代なのに、ちょっと文明開化みたいなところも人気なんでしょうね。


ところで、物語上、重要な役割のロザリオですが、ロザリオ(イタリア語など:rosario 、ラテン語:ros rium)は、カトリック教会における祈りの種別、および使用される数珠状の祈りの用具を指す言葉だそうです。ロザリオは手で手繰って祈るものなので、首にかけるのは基本的に間違いなんですと~はじめて知りました(((・・;)形状としては、小さなものは数珠10個に十字架だけというシンプルなもの、大きなものでは十字架だけでなく、キリストの像や不思議のメダイ(メダル)(Miraculous Medal)がついているものもあるそうです。


そして、カトリック教会以外の教派においては、プロテスタントのごく一部の教派を除いてロザリオはまず用いられない…そうなので、これから漫画や小説を読む時に注意してみるとオモシロイかも~!




rohengram799 at 00:58|PermalinkComments(0)

2010年06月10日

ひつじ雲便り60:《みなしごハッチ》もアラフォー!?

子どもの頃に見たアニメ、《昆虫物語みなしごハッチ》が、夏休みに『昆虫物語みつばちハッチ~勇気のメロディ~』というタイトルで公開されるそうです。


今年で生誕40周年(^^)/\(^^)を迎えて、タイトルもちょっとかわって(もしかして"みなしご"とか使ってはいけない!?)、ビジュアルも「アレッ!?どちらさまですか?」というくらい(笑)、おめめぱっちりな、イケメンくんになっていました(゜□゜)


ママは、どんな美形になったか、早く見たいものです(今のところハッチしか私はみていない)!!



rohengram799 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ