備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

【空のお城通信〜オスカー戯言日記〜】(2010.3.17〜2021.10.31 )からタイトルを変更。(2021.11.7〜)

春疾風

若夏雲便りNo.3:若夏

今月の「若夏雲便り」の「若夏(わかなつ)」、この言葉は俳句の季語にもなっています。もちろん、若夏雲なんていう気象用語はありません(;^∀^)


http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?ids=20080708&tit=%8E%E1%89%C4&tit2=%8BG%8C%EA%82%AA%8E%E1%89%C4%82%CC


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/ryukyu-rin/entry-12157578565.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEYASgB



この夏の高校野球大会は第100回!おなじみのテレ朝日番組の高校野球応援ソングが嵐が歌う「夏疾風(はやて)」に決まった、という話を読んだ時に、コレもいいかな~と思ったのですが。夏疾風は夏らしくまぶしく吹き抜ける力強い風を意味します。「春疾風」しか知らなかったので、はじめて聞いた時には「ほー!」と思いました。





毎日暑いけれど、まだ晩春(のはず)。こんな句がありました。能村さんは千葉・市川市にお住まいの俳人です。


『春の暮老人と逢ふそれが父』(能村研三)


父の老いた姿に衝撃を受けた息子の気持ち、と考えるのが妥当でしょうが、私はパステルカラーのイラストが浮かんできました。春の黄昏は秋の黄昏と空気感が違って、霞んだ雰囲気、妖しさがあるような。「それが父」という事実だけでなく、何十年後の自分の姿を見たかもしれないし・・・。


「春の暮」には春の夕方という意味がメインだと思いますが、春という季節の終わりの意味も。次の句は人生の春、若かりし日々をあらわしている?と考えるとまたなんともいえない気持ちになります(笑)


『先人は必死に春を惜しみけり』(相生垣瓜人)



・相生垣 瓜人(あいおいがき かじん、1898年(明治31年)8月14日- 1985年(昭和60年) 2月7日)は俳人。

清和雲便りNo.24:春北風

週末の暑さはどこへやら~の今日も曇り空です。強い風がないだけいいかな、と思いますが、「春北風」という季語がありました。「はるきた」「はるならい」と読むそうです。

 
『さざ波はかへらざる波春ならひ』(八田木枯)

 
強い風を表す「春疾風(はるはやて)」という季語も。


『春疾風吹つ飛んで来る一老女』(山田みづえ)


吹っ飛んで来るってギャグ漫画ですわ。でも小さくて軽い子とか、強風の日は飛ばされるのではないかと考えることもあります。傘が大きすぎる幼稚園児とか。風に飛ばされるおばあさんも、メアリー・ポヒンズ風に傘を持っていたら、いくらかメルヘンかしらん?



話は変わりますが、テレビや雑誌ではGWのお出かけの話がいっぱいですね~今は静岡市でにゃんこ祭り(ФωФ)開催中~goodsが欲しいです!


【いつだって猫展】

https://www.tv-sdt.co.jp/neko/



また猫関係のいろんなイベントがわかるサイトもあるのですね。こちらを見るだけでも楽しい気持ちになります。猫の表情のゆたかなこと! ハシビロコウに見習ってもらいたい(笑) まどみちおさんが「あくびをするときにネコのかおは花のようになります」というのがあるけれど、猫と花の組み合わせもいいわぁ。


【猫イベント】

https://cat-press.com/cat-event




長靴をはいた猫ではなく、広げた傘をさした猫たちが、空からゆるゆると降りてくる光景を想像してはウヒャ(*゚∀゚)となるワタクシでした。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード