時代劇

2017年09月04日

竹酔雲便りNo.4:「ねずみ」の素顔

今、和久田正明さんの『鬼譚(きたん)』を読んでいます。和久田さんは1945年、静岡県生まれ。「暴れん坊将軍」シリーズなど、テレビ時代劇の脚本を数多く手がけたのち、現在は時代小説に専念・・・とのこと。この本は4年くらい前に出た文庫で、表紙とタイトル買いなんですが、思っていたのとちょっと違うなぁ~な短編集です。



「熊と鼠」という話に鼠小僧が出てきました。彼のイメージって時代劇の中にしかないのですが「実物はのっぺりした丸顔で肉づきよく、色白であばたが少々有り、髪も眉も薄く、目は小さい。悪党らしくなく、穏やかな職人のように見える」そう。コレは
江戸時代後期に肥前国平戸藩第9代藩主の松浦清(号は 静山)により書かれた随筆集『甲子夜話(かっしやわ)』から。



「三英傑のホトトギスの句(作者不明)」や、織田信長がねねに送った手紙の話などが記載されている書物として有名らしい。20年も書き続けていたもので、もちろん戦国武将の話だけでなく、当時の政治や一大事件、社会風俗、怪談まで幅広い。「秋田には雷と一緒に落ちてくる獣(ただし人間に捕まっておいしく料理されるほど弱い)がいるそうな」という話もあるとか。


静山は、他にも蘭学に興味を持ったり、美人画を集めていたり、17男16女という超子だくさんで、ほとんどが無事育ったそう・・・こう、生命力に満ちあふれたエネルギッシュなスゴい人物だったのかも !!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!



小川真由美さんや大地真央ちゃんの女鼠小僧も好きだったな~とまたまた昭和の時代劇を懐かしむおやぢの昼下がりでした。



rohengram799 at 16:04|この記事のURLComments(4)

2017年04月13日

菫青雲便りNo.11:犬張子

昨日も帰宅直前に雨が降ってきました(ノ´Д`)ノ 昼間は暑いくらいだったのに、夜になったら気温は下がるし、雨だし~で、まだまだ安定しないお天気。風が強い日もあるので、桜は葉桜になりかけているものもあります。



さてさて・・・新聞に「江戸期の婚礼 開始は夜」の見出しがあり、そういえば時代劇で祝言は夜だったなぁ、と思い出しました。神前結婚は明治以後に作られたものだそうです。


お床入りの時に、隣の部屋に見届け役みたいなのが控えているという話もドラマやマンガで読んだ時に覚えがありますが、『婚礼図書』という江戸中期のマニュアル(笑)には、初夜の添い寝監視はないものの別の形での報告義務がありました。


・・・夫婦の営みの部屋に「犬張子」という犬型の箱が置かれ、「是(これ)は婚礼調(ととのう)翌朝、白紙に紅などつけなどして、舅の方に送る」などとある。ちゃんと子づくりができたか。出血やそれを象徴する紅を白紙につけて嫁の実家に送る習慣はあったというが、古文書に文字でそれがはっきり書いてあると生々しい。・・・



そ、そうなんだ・・・結婚=出産になっているのが恐ろしいなぁ・・・(;´Д`)




rohengram799 at 08:47|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2016年02月08日

凍雲便りNo.4:吐月峰

『続・ぎやまん物語 あこがれ』を読んでいます。今はワイロでお馴染み!田沼意次さんちにぎやまんさんはお邪魔しています(´∇`)


前作でも出てきた「吐月峰」(とげつほう、とげっぽう…とも言うらしい)なんだ、月の峰という美しい文字に「吠える」ではなく「吐く」なんて……酔っぱらいか?なんて思ったのですが、灰吹きのことだそうです。まぁ灰吹き自体なぁに(´・ω・`)?という感じですが。


時代劇でよく見る煙草盆、そこにあるに用いる竹製の灰吹きのこと←画像検索すると出てきます! この「灰吹き」は「灰筒」ともいわれ、煙管の灰を落とし入れるための竹の筒です。一服後に煙管の雁首を下に向けて、灰吹きの縁にコツンと当てて吸い殻を落とすという仕組みになっています。この材料としてほとんどが静岡県の吐月峰(静岡県丸子付近の地)の竹が使用されたので、製品自体を「吐月峰」と呼んだのではないかとのこと。吐月峰は静岡市にある山。ため息がでるほど美しい月が見えたんでしょう~今も見えるのかな?



文字だけでもナニ?と思いますが、音だけ聞いても「とげつほう」「とげっぽう」なので『ドラゴンボール』の必殺技や『北斗の拳』の奥義なのかと考えてまたひとりで笑ってしまいます!



そうそう、酔っぱらいと言えば呑み屋街、○○横丁とかありますが、テレビで「横丁女子」とか特集していました。アメ横とかに行く女子ではないらしい……昔流行ったおやじギャルと何が違うのか?  なんかオジサンたちにおごってもらうこと前提みたいな感じな女子ふたり組に見えてちょっとイヤだったのは、私がおやぢだからでしょうか? あと流しのおじさんにリクエストしたのが(曲目リストはあった)ユーミンの♪やさしさに包まれたなら~で、イマドキの女子だわ……と思いました(^。^;)




rohengram799 at 19:30|この記事のURLComments(8)

2012年07月03日

あかね雲便りNo.75:キンチョウの夏

駅貼りポスターにも花火大会が目立つようになりました~いやぁ、大輪の花火の写真を見ると「日本の夏、金鳥の夏」のコマーシャルを思い出す私…なんとなく蚊取り線香の緑のうずまきと匂いが懐かしい(笑)


「キンチョウ」なんて鳥はいるまい!!とカチカチしていたら「フウキンチョウ」なる種類が…風琴はオルガン、手風琴はアコーディオンのことだけれど、関係があるのかわからない…。ただ種類が多いようで検索したら本当にたくさん出てきました!「ベニフウキンチョウ」のあざやかさには~うっ「トリ」←おやぢ入りました!!あとナナイロフウキンチョウ…7色あるようには見えないけれど、お顔の色がちょっと笑えるかも(((^^;)


政治の世界は緊張感があるのかないのか…小沢サンについて谷亮子サンも離党しましたが、彼女はまだ議員だったのですね。そのことにビックリですわ~今までどんな活動をしていたのかわからなのですが、ただ小沢サンのあとをついていけば間違いないみたいな気持ちなんでしょうか?
民主党のマークは分裂を意味してるようにしか見えないですね(´д`)


今は時代劇の放送が少なくなり、誓いの印として、金属製の物を打ち合わせる「金打」(キンチョウ)の場面を見ることがなくなりました。武士が刀の刃または鍔(つば)を打ち合わせる場面には「う~ん、たまらん!!」(T-T)でありましたが、女子は鏡などを打ち合わせたということを今回はじめて知りました。鏡…手鏡なんでしょうが、魔鏡だったらお互いをお修羅場に追い込むに違いない!!などとドロドロ時代劇モードを想像←思考回路にカビが(-_-;)


政治家の皆さまは誰と何を誓うのかしら…『真赤な誓い』はアニソンだから良いのであって、赤っ恥な関係とか赤字の生活とかはいらない('~`;)



rohengram799 at 08:30|この記事のURLComments(21)
記事検索