書き入れ時

2016年01月27日

祥雲便りNo.9:寒中お見舞申し上げます

1月もあと数日、日が少しずつ長くなってきたのを感じます。先週末は九州や沖縄でも雪!の寒さでしたね。下の息子も大分・由布院の温泉であったか&まったり♪の旅行計画がありましたが、もどってこられないと困るということでキャンセルしたそうです。



昨日から『いしゃ先生』(あべ美佳)という短編を読んでいます。医師で歌人の志田周子さん(明治43.10.28???昭和37.7.18/1910???1962)が主人公です。「頼む、三年間だけお前の人生を私にくれ」と昭和10年、村長である父に懇願され24歳で故郷の無医村の医師になります。しかし女性や近代医療に対する偏見は根強く、村人からは拒絶されてしまい……雪深き冬、襲いくる戦火、そして東京にいる想い人……語弊があるかもしれませんが、医療ドラマ・恋愛ドラマとしてワクワクしていたのですが、う~ん……実在の方をモデルにしていてとても立派な方なのでしょうが、半分くらい読んだところで中断してしまいました。


東京から田舎に急に呼び戻され、もう県から補助金も受け診療所を建築中と言われたら「期限つきだし仕方ない」と思うのはわかるのです。でも田舎の人たちの頑固さというか、まだおまじないやおふだに頼る気持ちが多い農村に、ヒラヒラしたワンピースにハイヒールの若い娘がいくら白衣を着て「医者です」と言っても「わー、お医者さんだ!有り難い!」なんてすぐ思うわけないだろ~と。自分もモンペでなくても山道とか歩きやすい、動きやすい服装でチャラチャラしないで、新米とはいえ「医者のかたち」をまわりの人に見せるべきでは?とイライラしてしまいました。


またまだ産婦人科経験がなく、それが心配です……と東京の病院での恩師から二冊その関連書籍をいただいたにもかかわらず「村にはお産婆さんもいるし…」で開きもしない。結果、母親とそのお腹にいた子を失うことになるのです。自分の下に何人も弟妹を産んでいる母親、それだけでもかなり身体に負担がかかっているとか考えたことはなかったのかと……少しでも本を読んでいたら、母親の様子にもっと気を配りいたわることも出来たのでは?なんて考えてしまって……とにかく3年我慢して、好きな人のいる東京にもどりまた二人で銀座を歩きたい!が全面に出ている文章にイヤになってしまいました。映画化されたようですが、映像で観るとまた違うのかしら?


http://www.sidachikako.com/biography.html




話はかわりますが、以前テレビで「書き入れ時の事故」とあり、「掻き入れ時」じゃないの?と思い、語源・由来を検索したところ……《書き入れ時は、商売で売れ行きが良い時には、取引の数字などを帳簿に書き入れることが多くなることから「書き入れ時」というようになった。お客や儲けをかき集めるという意味の連想からか「掻き入れ時」と表記されることもあるが間違いである。》と……そうなんだ!!と勉強になりました(笑)




前の記事にはたくさんのコメントをありがとうございました。あたたかくなったら違うのかな~とボチボチやっていきます。皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。





rohengram799 at 08:46|この記事のURLComments(6)
記事検索