2021年09月03日

鹿火雲便りNo.3:いつも月夜に米の飯

今日は朝からしとしと雨が……急に『ア、秋』になったような? 気になった方はこちらの過去記事を →
http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50808225.html



タイトルの「いつも月夜に米の飯」ですが、「月夜と米の飯さえあれば人は幸せでいられる」という……昔は電気もなく、月の光は貴重な存在。米はめったに食べることのできない贅沢なもの。これらにありがたみを込めたことわざだそうです。また、何不自由ない生活を送ること、という意味も。新米の季節、実りに感謝していただきたいです。



『枕草子』では「秋は夕暮れ」とありましたね。

https://www.sagawa-artmuseum.or.jp/blog/2017/09/post_100.html


このところの異常気象を思うと、清少納言が見ていた夕暮れと今の夕暮れでは、やはりどこか違う情景なのかなぁ、と考えてしまいます。



今『大奥づとめ』という本を読んでいます。大奥のお仕事小説でなかなか面白いです。

https://www.shinchosha.co.jp/book/102881/


「ここにいては恋ができぬなどと、誰が決めました」

「触れずともできる恋もある。胸の内深く抱いていれば、それは己の宝になろう」


こう話すお藤様が素敵……! などと思いつつ、サクサク読んでおります。先月、テンション高く10冊ほど新しく本を買ってしまったので、今月は買わない!と決めたワタクシです。


ではでは皆さま、体調に気をつけて花金(古い…!)を楽しくお過ごし下さいませ ヾ(´ー`)ノ



rohengram799 at 11:35コメント(4) 

2019年09月13日

祝月雲便りNo.16: Au Clair de la Lune

今朝は肌寒い……テレビでは急に南房総市や鋸南町などの台風被害状況を伝えるようになりました。伊豆大島もかなりの被害が。自分だって何もしていないのですが、報道の仕方もどうなんだろうと…。まだまだ停電、断水、学校は休校のところもあります。先が見えないのはとても不安でしょう。体調管理も大変でしょうし……。





今夜は十五夜ですね。ハロウィンのお菓子とお団子が並ぶスーパーの店内はなんとも……お彼岸のお供えもあったり、花火の残りもあったりしてカオスですわ。


『月の光に Au Clair de la Lune』というフランスの民謡がありますね。メロディは聞いたことがあるけれど、歌詞は知りませんでした。おーい、お子さまが無邪気に歌うのはヤバくないかの展開……大人になるってやーね ⊂(・∀・⊂*)


http://www.worldfolksong.com/sp/songbook/france/clair-la-lune.html




皆さま、お身体に気をつけてよい週末を🍁🍁🍁



rohengram799 at 09:00コメント(8) 

2019年06月20日

林鐘雲便りNo.19:紫光の連想ゲーム

ストロベリー・ムーンは過ぎて、お月さまはダイエット周期に入りますね(笑) 北原白秋が『月から見た地球』という詩を書いていそうです。白秋って顔と詩と生活態度が全く結びつかない人物のひとりですわ。




「月から見た地球」


 月から観た地球は、円(まど)かな、
紫の光であった、
深いにおいの。


 わたしは立っていた、海の渚に。
地球こそは夜空に
おさなかった、生まれたばかりで。


 大きく、のぼっていた、地球は。
その肩に空気が燃えた。
 雲が別れた。


 潮鳴(しおなり)を、わたしは、草木(そうも
く)と
 火を噴く山の地動を聴いた。
 人の呼吸を。


 わたしは夢見ていたのか、
紫のその光を、
 わが東に。


 いや、すでに知っていたのだ。地球人が
早くも神を求めていたのを、
また創っていたのを。

  
(詩集『海豹と雲』より・1929 年)




月と地球、どちらが先に誕生したのか、という話は現在では地球が出来てしばらくして月が出来た説が有力だそうです。


「紫の光」という言葉が出てくるけど、なんとなく日本人っぽい気がする。紫もいろいろあるし。青に近いものとか。その中で「二人静」を発見。


【二人静】
https://irocore.com/futarishizuka/




静御前の末裔という人が「月姫」という名前で本を書いていました。どうやって確認したんだろ?


待つ女追う女―雨月物語 >> https://i.bookmeter.com/books/705004




静御前の母親も白拍子で磯禅師(いそのぜんじ)という名前らしいです。娘の静御前が多くの男に苦労させて、本人も辛く悲しい人生になってしまったのは、並外れた美人に生まれたせいだから 、と考えたらしい。そして、これから家に女が生まれる場合には、みんな醜女(しこめ)であってほしいと神仏に祈願したという(;・ω・) 願いが叶ったのか、その後、磯禅師の血筋には美人は生まれず、みんな醜女ばかりだったとのこと。殿方はどうだったのか? まぁ、いいか ヾ(@゜▽゜@)ノ



rohengram799 at 22:00コメント(4) 

2019年05月08日

景明雲便りNo.6:月と太陽 ≠ キミとボク

タイトル買い、表紙買いしました〜ああ、青春!の1冊(* ̄∇ ̄*)


太陽と月の図書室 (スターツ出版文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/13488690



高校1年生の図書委員ふたり。表紙裏に書かれた「ラストは圧巻!」はオーバーではないかと思うけれど、あまりにも出来すぎた偶然が重なっているので、まぁ作り話だし、だけどここまで都合がいい人間関係だとかえって「偶然が偶然を呼んで奇跡になるのかも(・_・?) 」なんて考えてしまいました!



結構、設備のいい学校なので、舞台はどこだろ?と思った浜松でした。 静岡市の駿府城公園が出てきたり。作者が静岡在住でした。やはり自分が住んでいるところだからか、駅や電車などの描写はリアルさを感じました。図書委員会顧問の言葉は本好きな人にはわかる!と思います。



「本というのは宝物だって思うんだよ、僕は。だって、そこにいる人だけじゃなくてさ、時空を超えて、過去、現在、未来の、世界中の人の思いとつながることができるでしょ。それに、一ページずつ指のひらでめくる、なんともいえない手ざわりとインクの匂いと、あと、表紙や背表紙のたたずまいっていうのかな。そういうのがいいよね」(p122)




このレーベルではこちらも読みました。交換日記も懐かしい学生時代を呼び起こす(’-’*)♪


交換ウソ日記 (スターツ出版文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/12202809




レオ様の映画『太陽と月に背いて』好きだった〜小説があるのは知らなかったです。ラストは映画の方がイイ!らしいけど、小説もいつか読もうと思って……だいぶ時間が経った気がする ( ̄ω ̄;)


太陽と月に背いて (徳間文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/81002




【駿府城公園】

https://sumpu-castlepark.com/




rohengram799 at 19:00コメント(0) 

2019年03月13日

令月雲便りNo.14:ムーンライトマジック 🌝🌚

また政府がへんなキャンペーンを始めた~! 「プレミアム“キャッシュレス“フライデー」………長いわ! 「プレミアムフライデー」だって「何が?」ってかんじだし、10連休だって「誰が?」って感じだし。
本当にガッツリ休みになる職種、職場なんてあるんでしょうか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000050-zdn_n-sci




さてさて……万葉集に作者不祥のこんな歌があるそうです。


天橋(あまはし)も長くもがも
高山も高くもがも
月読(つくよみ)の持たる変若水(おちみず)い取り来て
君に奉りて変若(おち)得しむもの


天への橋、もっと長くなれ
高き山、もっと高くなれ
月の神の持つ若返り水を取りにいって
君にささげ、若返らせたいのだから



最初、亡くなった奥さんを生き返らせたい歌なのかと思っていたのだけれど「若返らせたい」だったとは! なんだよ💢 自分の勘違いなんだけど、やっぱり若い方がいいのか(`Δ´)! みたいな……。

しかし、月に若返りの水があると思うのは、満月が欠けていってもまた満月に戻るから(実際は欠けて見えるだけなんだけど)なんでしょうか?


こちらはハンドメイド絵本『月と太陽』です。

http://www.uchiyama-shoten.co.jp/smp/book/b335466.html





来世、皆さまはまた同じ人と巡りあって心を通わせ、共に暮らしたいですか? 私は………どうでしょうか?(;゚∇゚)




「来世」 谷郁雄

もしも
生まれ変れるなら
もう一度
ぼくになる
君が
ぼくの目の前を
通り過ぎたとき
それが
君だと
思い出せるように



rohengram799 at 16:46コメント(6) 
記事検索
月別アーカイブ