月光仮面

2012年11月14日

サバ雲便りNo.15:激昂仮面は父でしょう…byヨシズミ(°°)ノ°

石原サンの新党の名前が『太陽の党』…やっぱり自分の出世作(!?)『太陽の季節』を♪忘れられないの~なのかと思ってしまった!!しかし、岡本太郎氏の《太陽の塔》を思い出す人もいるのでは?同時にウラの黒い太陽も思い出す~『黒部の太陽』ならぬ「黒い太陽」('~`;)


さて、太陽といえば月(笑)先月の満月はすっかり忘れていました(-_-;)今日の新月は朝の7時過ぎらしいので、夜中にカチカチしています(((^_^;)


『月光の父の匂ひがインク壺』(堀之内勝衣:ほりのうち・かつい 1943(昭和18)年兵庫県生まれ)


新月は月は見えないのですが、この句が気にいったので載せてみました!月の光が父親に降り注いでいるんですかね~それともふたりでお月見をしているのか…。なんとなく、父親は筒井康隆さんのイメージ(笑)着物姿でちょっと気むずかしい文筆業のおと~さん。インクの匂いって独特ですよね。机にダァ~!!とぶちまけた記憶とともによみがえりましたわ…(~_~)


皆さまの記憶する「父の匂ひ」ってなんですか?ウチは魚屋だったので、昔は「魚臭い」だの「猫がよってくる」だの言っていましたが(>_<)だんだんお客さんも少なくなってきてからはそういうニオイもなかったですね。パチ屋に来るお客様は今の時期、樟脳クサイです!!


石原サンの『太陽の党』がキナ臭い!!と言われたら「政(まつりごと)は爆発だっ!!」と弾けてしまうのかしらん……(´д`)



rohengram799 at 01:03|この記事のURLComments(13)
記事検索