月出里

2013年11月08日

わた雲便りNo.8:月見里の小説家

♪最後の最後まで恋は私を苦しめた……コレはちあきなおみさんの名曲『夜間飛行』でありますが、例のナンパなおばさんと同日シフトが終わりました~ちょっと親しく声かけして下さるお客様には「いじめられたから辞める。担当者がひき止めてくれなかった」などと言っていたそうです~こんな思考回路だから誰も引き留めるワケがない!スタッフからは「最近ますますやる気がないね」と言われるくらいの態度だったし…。人件費削減したい会社側からしたら「自分から辞めてもらうのはありがたい\(^^)/」が本音だったでしょう。

お話は変わりますが、この前いつもと違う本屋で「名字と家紋」とかいう、ウチの父が存命なら絶対買ってるな!という雑誌を立ち読みしてきました。描きやすい家紋もあれば、あまりにゲイジュツ的なデザインもあり……閉店までの2時間、たっぷり楽しんできました(笑)

名字も「小鳥遊」は『WORKING!!』の効果もあったのか(゜゜)小鳥は弱いため、ゆっくりと遊ぶことができない。しかし鷹のような強い鳥がいなければ、安心して遊ぶことができる…ということで「たかなし」!と理由もバッチリ答えられる人が多い気がします。

あと以前に「月出里(すだち)」という地名について書いたことがありますが「月見里(やまなし)」という名字があった(@ ̄□ ̄@;)!!理由は「山がないと月が見える」から……ああ、そう…とちょっと脱力感…山と月の組み合わせも悪くないのにね(^∇^)

「栗花落(つゆり)」とかは落花生の親戚みたいに思えてしまいますがヾ(--;)もしもどこかで呼び出されたらちょっとハズカシイ系なのが「勝宮流(まさぐる)」……字面は剣豪っぽいのに「まさぐるサ~ン」と呼ばれたら視線が集中しそう(///∇///)

そして「小説家」と書いて‘こごとのや’と読むのもスゴい!「コゴト」ときくと「お小言」で)人をとがめる言葉とか不平をブツブツつぶやくって感じですが、この場合は言の葉を積み重ねる、紡ぎ出すイメージですかね~?あと、会って話すことを「目言(めこと)」と言うそうです。「目は口ほどに物を言う」ではなくて、目を見て話すという……相手を恨みがましい目で見るのが得意なワタクシにはふさわしくない言葉ですわ( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 12:59|PermalinkComments(3)

2011年11月11日

第620号:「すだち」の月

日付が変わりました。11月11日です。「11」がこれほど注目された年はないのでは?と思いますが…。満月だということにいろんな意味付けをする人もいるのでしょうね。


茨城県の稲敷に「月出里」という地名があるのをご存知ですか?高校時代の友人が住んでいるのですが、一度聞いたはずなのに読み方を忘れてしまって…(--;)今回、満月だし(笑)確認してみました!!


「すだち」というそうです。じゃ近くに「かぼす」もあるのか!?なんてアホアホなワタクシはつい思ってしまうのですが……メキシコにロス・カボスという場所があるというのは聞いたことがあります(((^_^;)


さて「月出里」の由来ですが、渡り鳥が多く飛来する場所だそうで~あたたかくなると、北国に向けて一斉に飛び立つのだそう。それも、月夜の晩に。「月が出る晩に鳥が一斉に飛び立つ里」だから「月出里」と書いて「すだち」なんだそうです。一番明かるい月の日を選ぶのでしょうか?う~ん、ロマンがありますね(*^^*)


それから『満月の夜、母を施設に置いて』(藤川幸之助=詩/松尾たいこ=絵/谷川俊太郎=対談)という本を教えてもらいました。アルツハイマーになった母親の介護のことなどを書いた詩集だそうです。


『扉(とびら)』という詩から…。


私がホームから帰ってしまうと
私が出ていった重い扉の前に
母はぴったりとくっついて
ずっとその扉を見つめているんだと聞いた
それでも
母を老人ホームに入れたまま
私は帰る
母にとっては重い重い扉を
私はひょいと開けて
また今日も帰る



帰る作者の背中にも、残された母親の背中にも月の光は明るくそそがれていて……作者の長い影が立ち去りがたく、扉の方に向かって延びているような気がします。


本の最後には「母から詩が降ってくる」という題で谷川俊太郎さんとの対談も掲載されているそうなので、興味のある方はぜひ!!


昨日の帰りは雲が多かったけれど、月が見えました。今夜の天気予報はイマイチみたいですが、満月が見られたら嬉しいですね♪



rohengram799 at 00:11|PermalinkComments(15)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ