木乃伊

2018年01月30日

新光雲便りNo.24:砂丘の蛙

フィギュアスケーターの安藤美姫さんがブログをはじめたというので、最近の記事を読んでいたら「トーマスアゲオアガマ」を飼いはじめたらしい。


どこで一区切りつくのかわからない名前だ・・・ 見た目はトカゲみたいだけど・・・ガマ? いやいや、トーマス/アゲオ/アガマなんだろう。しかし、アガマってナニ?と思って検索しました。



トカゲは「アガマ」「スキンク」「オオトカゲ」「ヤモリ」「カメレオン」の5種類に大きく分けられ るらしい。スキンクなんてはじめて聞いたわ。スキングだったら「巣王」と脳内変換されてしまいそうだ(笑)




さてさて、爬虫類つながりではなく両生類ですが『砂丘の蛙』という警察小説を読みました。シリーズ2作目だったと読み終わってから知りましたが、気にもならずに読めましたわ。タイトルと表紙買いの1冊でしたが、鉄オタ要素もあり、島根・鳥取方面に旅をしたくなりました。あと以前読んだ『狸汁』の作者だとは思いませんでした。


https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334775872



「砂丘の蛙」というタイトル、哲学的ですよね。本文中に出てくるキーワードなので、もったいぶってここには書きませんが(笑)変わりに実物の蛙の木乃伊をご覧下さい!・・・いらない?


http://www.bes.or.jp/tottori/blog/detail.html?id=5369




rohengram799 at 08:53コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード