木露柿

2011年12月27日

第657号:甲州小梅ちゃん大作戦!!

皆さま、昨日は失礼しました。一人モンモンとしているより、文字にし、皆さまにコメントをいただいて、気分が上向いて参りました~ありがとうございます(^^)


実家からは「枯露柿」が届きました。今はのれんのように干していますが、昔は農家の庭先に皮をむいた柿をならべ、天日で乾燥させるていました。柿全体に陽があたるように適当な間隔をおいてコロコロ位置を変えていたことから「ころ柿」の名がついたとか…。


心ころころ、柿もころころ……で「柿根性」という言葉があるそうですね。渋柿は焼けばすぐに渋(しぶ)がとれ、干し柿にすると一晩で甘くなることから一見頑固そうに見えても変わりやすい性質のことをいうそうです。


そして~梅干にしても梅肉エキスにしても、煮ても焼いてもまだスッパイ梅!頑固でなかなか変わらない性質、いい意味では頑張り屋さんのことを「梅根性」というそうです。


朝ドラの『てっぱん』にこの言葉がでてきたとか…見ていない私は全くはじめての言葉で、『ど根性ガエル』の寿司屋の梅さんみたいな、ドジだけど一途な人を連想してしまいます(((^_^;)!


「松・竹・梅」は、うな丼の注文みたいですが(笑)中国では「歳寒三友(さいかんさんゆう)」といって友としてふさわしい3人を表すとか。「正直な人・忠実な人・多聞な人」!!


「松」は厳冬にも落葉せず、断崖絶壁にも良く根を張ることから忍耐強く、真心を尽くす人。「竹」は節を持った人。また隠し立ての無い正直な人。「梅」は厳冬に咲く事から、激しい状況でも笑顔を絶やさない人。


また梅の実は、やがて落ちて芽を出す事から「生命のしるし」とされているそうです。他にも高潔な美しさを君子にたとえた「四君子(しくんし)」(梅・菊・蘭・竹)、清楚な美しさの画材とされる「三清(さんせい)」(梅・竹・水仙)など…縁起物の画材として紅白梅がありますが、なるほど!!と思いました。


激しい状況でも笑顔を絶やさない人かぁ~出来るかわかりませんが『甲州小梅ちゃん大作戦』と名付けて、人生の最期に「大成功!!」とニンマリしたいものです( ̄ー ̄)




rohengram799 at 15:57コメント(14) 
記事検索
月別アーカイブ