本田美奈子.

2018年12月25日

竜潜雲便りNo.29:ヴォカリーズ

遠田潤子さんの『カラヴィンカ』をパラパラと読み返しました。迦陵頻伽(カラヴィンカ)とは、人頭鳥身の想像上の生き物のこと。極楽に棲み、この上もなく美しい声を持ち、仏の教えを説くといいます。内容は結構ハード。

https://kadobun.jp/reviews/193/dea62088



主人公の実菓子は「ヴォカリーズ」の歌手。ヴォカリーズは、歌詞を伴わない発声練習や歌唱法で、フランス語の「vocaliser(声にする、声だけで歌う)」の命令形「vocalise」に由来。「ラヴェルやコープランドもヴォカリーズを残しているが、やはりラフマニノフの作品が最も有名だろう。」と検索した記事に書いてあったので、YouTubeで聴いてみました。



「でも、俺は思うんです。尊厳という言葉がたとえきれいごとであったとしても、ちゃんと言葉にしなきゃいけないと思うんです。そうでないと、こんなもの、すぐに失われてしまう。あることすら忘れられてしまう」(p345)



以前読んだ時は、ラストがなんとなく消化不良で、う~ん、だったけど、本田美奈子.ちゃんの歌声を聴いてその部分がなくなったような気がしました。他の人のも聴いたけど、彼女の声が一番この作品にあっているような・・・。



美奈子.ちゃんが元気でいてくれたらなぁ~あまりにも早く空に還ってしまって残念です。


rohengram799 at 11:25|PermalinkComments(2)

2012年10月07日

あかね雲便りNo.173:じなんです

長男ですが「じ」なんです…この前、例の担当者がやってきて「痔で入院して大変だった時の話」をして帰っていきました。仕事の話より熱心でしたわ(-_-;)しかし区切り一つでかなり言葉が変わりますよね~こういうのを「ぎなた語」というんだそうです!!


「弁慶がなぎなた(薙刀)をふりまわしふりまわし」という文章を、本来なら「弁慶が、なぎなたを、ふり回しふり回し」と区切るべきなのに、1回目の「な」を間投詞の一種と解釈し「弁慶がな、ぎなたをふり回しふり回し」と読めることに由来するそうです。あと「ギロッポン」(六本木)など業界用語、隠語的なものは「倒語」(とうご)と言われるとか。ゴルゴ13が「チャンネェ」と言っている姿を想像し、ひとりウケてしまう私(((^^;)←「デューク・“トウゴ”ウ」…それだけのつながりなのに!!


私は仕事で隠語や符丁のようなものを使ったことがないので、ひそかに憧れていたりします。普通に「食事にいってきます」とかだったし。隠語が一番多い職業ってやはり警察関係なんでしょうか?たまに警察小説なんか読むと、そんな言葉が出てドキドキしちゃいます!!


お話は変わりますが、昨日から例のパチの歌が『1994年の雷鳴』というヤツになりました。この年に何か意味があるのか、歌詞が聞き取れないのでワカラナイ~!しかし、このタイトルを見ると♪マリリ~ン~を思い出すのは私だけではないハズ!!


こんなふうに年号のついたタイトルの物語で面白いのがあったら教えてほしいです!私はマンガだと大和和紀木さんの『紀元2600年のプレイボール』小説だと久世光彦さんの『一九三四年冬―乱歩』が好きです!←それしか思いつかなかった!!(笑)




rohengram799 at 19:00|PermalinkComments(18)

2012年02月15日

ひつじ雲便り573:『孤独の歌声』σ(^_^;)?

♪Amazing grace,  how sweet the sound…


ドラマ『白い巨塔』(唐沢くん版)でも流れていた名曲《アメージンググレイス/おどろくばかりの神の恵み(意訳)》ですが、昨日読み始めたばかりの『冬の童話』でもこの讃美歌が重要な役割を果たしていてビックリであります!!


お話は男女交互の語りになっていますが、切なく楽しく読んでおります。昨晩も寝る前に読んでいたのですが、朝起きたらダンナから「お母さん、今度はイビキかきながら、なんか歌ってたよ」発言が!!(・・;)))


なんですと!?


昨日の記事で「うまいことリズミカルなイビキをかけないものでしょうか」と書きましたが、それが脳内にメモされてハナウタになったのか?ダンナに「アメージング・グレイスだった?」ときいてみましたが「全然ちがう」と言われました~残念('~`;)


パチスロの《ミリオンゴッド》でもこの曲が流れるみたいですね。ビッグボーナスはまさに「神の恵み」でありましょう(爆)


たくさんの方が歌っていますが、亡くなられた本田美奈子.ちゃんの歌う『アメージング・グレイス』が一番好きかなぁ…。


さて、今夜はどうなる!?( ̄▽ ̄;)




rohengram799 at 12:35|PermalinkComments(18)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ