村上龍

2015年11月27日

暁雲便りNo.33:心はあなたのもとに

《「悪霊はらう」糖尿病の7歳、治療させず死亡》……新聞にまた痛ましい見出しが……。


体を触る行為を「治療」と称し、重い糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7歳)に適切な治療を受けさせずに死亡させたという栃木の会社役員の男(60)。男児の家族によると、男は「悪霊をはらう成功報酬」などとして、両親から200万円以上を受け取っていたとか。男は男児が1型糖尿病と診断されていることを知りながら、治療に不可欠なインスリン注射をさせずに男児の足や腹を触るなどの行為を繰り返したことで今年4月男児を殺害した疑い。病気治癒にお祓いとか薬や病院以外のものに頼りたくなる気持ちはわかります。その気持ちを利用してお金をまきあげるだけでなく暴行とは……。


テレビでも1型糖尿病について解説していましたが、膵臓のβ細胞が壊れてしまい、まったくインスリンが分泌されなくなってしまうのが1型糖尿病。インスリンを体外から補給しないと生命に関わるため、インスリン注射を欠かしてはなりません。私たちがよく知っているのは2型糖尿病という、遺伝的に糖尿病になりやすい人が、肥満・運動不足・ストレスなどをきっかけに発病する方ではないでしょうか。1型糖尿病を発症するのは子どもや若い人に多く、最初は風邪に似た症状が出るそうです。



『心はあなたのもとに』 (村上龍)というタイトル買いした本を読んでいたのですが(解説が小池真理子さんなのも決め手でした)その主人公の恋愛対象となる女性がこの1型糖尿病患者でした。


「恋の対象というのは、常に不在なのではないか」……そう書いたのは、フランスの哲学者、ロラン・バルトだったと思う。/恋する相手が不在であれば、恋ごころはかきたてられる。恋人が遠い外国に行ってしまったり、重い病で入院していたり、その他、様々な事情で触れたいと思う時に触れられず、話したいと思う時に話せなくなると、私たちの恋はより深度を増す。恋人に向けた想いがいっそう強まる。


小池真理子さんの解説はこんな文章から始まりました。主人公というか物語をすすめるのは西崎という50歳を少し超えた、「外資で鍛えられたエリート」投資家で、2度目の結婚をした7つ年下の妻との間ふたりの娘がいます。夫婦仲はよく、娘たちはすくすく育ち、家庭は円満で何の問題もない。


そんな金に余裕が有りすぎる男が、いろいろ遊び歩いているのに風俗で働いていた香奈子という離婚歴のある女性と特別な関係を持ちます。パトロン的な感じですかね? 風俗をやめさせ、銀座のホステスになり、管理栄養士を目指し専門学校へ通わせたり……入院費も負担したり……しかし病状はアップダウンを繰り返し、結果的には悲しく寂しい結末に(これはもう最初からわかっています)。


西崎に対してイヤな男と思う人もいるでしょうが、私は病人の気持ちやその人との接し方(というと語弊があるかもしれませんが)についての描写はうんうんと納得するものでした。心療内科の医師のアドバイス的なものも素直に受け入れられたし……エロエロ場面が思ったより少なく、ビジネスと恋愛の話のバランスもよかったからかも。彼の両親や家族についてはこんな人たちもいても不思議ではないよね…って感じ。こんな世界の人たちと全く知り合いではないのに、リアリティがあるというか……さすが大物作家は違うなぁと(笑)



『誰かを大切に思う気持ちは、何かを変化させ、いつか必ず相手に届く。』



この言葉にお鼻がツーン!となったワタクシです。ラストはちょっと…という人がいるかもしれませんが、私は好きです。『美しき一日の終わり』のねーさんがあまりにも世話焼きでうっとおしい愛情だったのに比べて、こちらのふたりの方が純度が高い気がしました。あくまで私の感想ですけど(^o^;)





rohengram799 at 23:50|この記事のURLComments(10)
記事検索