杜甫

2016年04月03日

暮雲便りNo.3:暮雲春樹(ぼうんしゅんじゅ)

4月最初の日曜日、私の田舎では今日がひな祭り~私のお雛様たちはどこにいるのかしら……ずっとどこかにしまわれているのだと思いますが……申し訳ない(/。\)



今月の記事は「暮雲便り」ですが、その説明を少し……。


暮雲(ぼうん)……ちょっと発音しにくく、マヌケな感じがしなくもないですが(;゜0゜)「暮雲春樹」という四字熟語を知ったので、使いたくなってしまいましたの……! 意味は「遠くに離れている友を思う情のこと」です。「暮雲」は夕暮れの雲。「春樹」は芽吹いた春の樹木。「春樹暮雲(しゅんじゅぼうん)」とも言うそうです。

 

出典は『春日李白を憶う』という杜甫の詩から……検索すると漢詩・書き下し文・現代語訳などの他、ふたりの交友関係やこの詩が作られた時の状況など詳しく出てきました。ここでは現代語訳を……。


李白よ、あなたの詩は天下無双だ。
世間に流されず、あくまでわが道を行く。他の誰にも真似はできない。
その詩の新鮮で活き活きしているのはユ信のようだし、才能のあふれることは鮑照にも並ぶほどだ。
ここ渭水の北ではもう春めいて、木々が茂ってきている。
あなたは江東で日暮れの雲の下にいるのか。
またいつか酒樽を前に細やかに文学論に興じたいものだ。



距離を隔てていても、相手を想う気持ち……ワタクシも小さいケータイの画面からではありますが、皆さまに出逢えたことに感謝し、毎日の暮らしの中で皆さまからいただいた言葉やブログ記事などを思い出して、ホッコリしたり前向きになったり考えたり……表面上は能面仮面かもしれませんが、喜怒哀楽フル活用しております。もし時々悪寒を感じていたらワタクシの念かも……スミマセン!(;´д`)


直接会ってしまったらおそろしく取り返しのつかないことになると思うので(皆さまの心身を疲弊させるヘンタイ魔力を持つおやぢ、それがワタクシ……多分)ずっとこのまま電脳世界でお付き合い下さると嬉しいです(^。^;)



しかし、李白と杜甫、素晴らしい詩人や優れた文化・芸術の宝庫で、古の人々のあこがれでお手本だった大国だった今は……(´;ω;`)


♪あんなに素晴らしい愛が 何故に今はとどかないの あなたのあの胸に……

天地真理ちゃんの『想い出のセレナーデ』のサビが浮かんできてしまいました……!



月がかわっても年度がかわっても、こんなワタクシですが、またどうぞよろしくお願い申し上げます。桜サクサク、しあわせザクザクな毎日になりますように(*´∀`)♪






rohengram799 at 09:14コメント(12) 

2012年05月13日

あかね雲便りNo.12:スーパー(ニナ)リッチ!?('~`;)

母の日のプレゼントでニナ・リッチのお財布がよく売れました(*^^*)……なんてカバン屋に勤めていた頃の話ではない!というのは、いつものパターンで賢い皆さまはおわかりですよね(~_~;)


演出家の蜷川幸雄さんがテレビに出ているのを見ていたダンナが「“蜷”ってナニ?」ときいてきました。実は私もずっと疑問に持ちながらも「ヘビやらマムシやらの類だろう」にしか思っていませんでした←彼の風貌や灰皿を投げつける稽古風景を知っていたので(--;)


で、調べてみたらアラ!?(゜□゜)「虫」は、昆虫ではなく「小さな生き物」を表す言葉として考え、「卷」は「巻」で……「蜷」=「巻貝」を表す言葉でありました!!だから川がつくのか~なんて感心したりして(笑)


「蜷」は「古事記」や「日本書紀」にも登場し、こんな話もあるそうです。


神功皇后が、敵である熊襲(クマソ)の征伐に行った時のこと、皇后は「蜷」で城を築きます。その後、和平交渉と称して熊襲を城内におびき寄せ、熊襲が城に入った後、皇后は城から脱出!!そして蜷で作った城を転覆させ、熊襲を一網打尽(^o^)vメデタシメデタシ~ですが「蜷」の城ってどんな“シロ”モノ!?←おやぢ入っています♪たくさんの蜷を幻術でニナちゃん(女の子)に変身させ、熊襲のオジサンたちを酒池肉林の世界に誘い…イヤイヤ(^.^)


万葉集にも「蜷」がいくつか詠まれています。


『鴨じもの 浮き寝をすれば 蜷(にな)の腸(わた) か黒(ぐろ)き髪に 露そ置きにける』(作者不詳)


浮き寝をしていると(蜷の腸のような)黒髪に露が降りている……「蜷」は必ず「蜷の腸 か黒き髪に」(蜷の腸のように黒い髪の毛)と詠まれていて、「蜷」の内蔵が黒いことを黒髪を強調するための枕詞として用いているよう。巻き貝そのものを詠んではもらえないのは…ちょっと悲しい気持ちに(ToT)


蜷(にな)の「な」という読みは「菜」を表していたようで、サザエみたいな「食用の巻貝」のことを表していたと考えられます。サザエなどの巻貝も腸(内蔵)の色が真っ黒なんでしょうか?私は食べたことがないのでわかりませんが(-_-;)


日本人ならツヤツヤの長い黒髪よね(*^^*)と思うのですが、今のワタクシは白髪がかなり侵略してきましたので…「白頭掻けば更に短かく」でトホホ(;´д`)にならぬよう気をつけなくては!!←おわかりと思いますが「春望」の一節と作者の杜甫とかけております!!


今日はマツキヨでラッ○ス・スーパー・リッチのシャンプー&リンスを買おうかしら( ̄ー ̄)




rohengram799 at 11:20コメント(6) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ