東山魁夷

2020年12月28日

天泉雲便りNo.25:晨(あした) 〜 よいお年を!

新聞記事で見つけた奥田小由女さんという方の彫刻作品が気になって検索したところ、ご夫婦の美術館がありました。

http://www.genso-sayume.jp/sakuhin/349/


「晨」という一字、墨をたっぷりつけて書いてみたい……達筆なら(^o^;)


【平和の晨】
https://www.otafuku.co.jp/otafukunote/detail/?t_id=22



作者は違いますが『丸腰上等』のタイトルが素敵過ぎるこの本も 気になります。表紙に書かれた文章、拡大してもわからないところがあるので買いたいなぁ。

http://www.gei-shin.co.jp/books/ISBN978-4-87586-573-5.html


こちらは東山魁夷の『静晨』。
https://www.npsam.com/shop/detail/shopitem182



*****


今年はこの記事でブログ納めにしたいと思います。
まだまだメモ(下書き)はたくさんあるのですが……どれもオホホ(*^O^*)な話だ……それは来年に持ち越させていただきます。

2020年、バタバタわちゃわちゃとしたワタクシの戯れ言日記にお付き合いいただき、本当にありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

ご縁があった皆さま、おひとりおひとりにご挨拶出来ずに申し訳ありません。コメントのお返事等も遅れるかもしれません。すみません。どうぞお身体に気をつけて、おだやかで楽しい年末年始をお過ごし下さい。

またよろしければ来年も「空のお城」に遊びにいらして下さいませ。お待ちしております ♪(o・ω・)ノ))


rohengram799 at 20:00|PermalinkComments(12)

2016年09月08日

秋雲便りNo.6:『風景』との出逢い

瀬戸内寂聴さんの短編集『風景』を本屋さんで選んだ時から、記事を書くときのタイトルは、中学時代の国語の教科書に載っていた画家・東山魁夷さんの随筆「風景との出会い」にしよう!と決めていました……少し字はかえました(O.O;)(oo;)



瀬戸内さんの名前をはじめて聞いたのは文通していた同い年の女の子の手紙でした。なにがきっかけだったかわからないけれど多分尼僧の話とか書いていたのかも……「瀬戸内晴美の生き方はつくづく立派だと思うわ。」と便箋に書かれたキレイな字を思い出します~お寺の子だったので私よりずっと仏教関係には詳しく関心があったのかも。リルケの詩を教えてくれたのも彼女でした。小5くらいから高校生になるくらいまで文通していましたが、今はどうしているのかな~?


瀬戸内さんの書かれたものは週刊誌の人生相談的なものを何回か読んだくらいで、小説を読むのは今回がはじめて! 東京の人かと思っていたら徳島生まれなんですね。『風景』には7つの短編が収められていますが、自伝的なものもあるし、お遍路さんの出てくる話もありました。お接待も発心の地もわかる……『お遍路ガールズ』を読んでいてよかった(笑)


最初、なんかドロドロした昼メロみたいな話を書く人なのかな~と(瀬戸内さん=性愛みたいなことがよく見出しにあったので)それほどハードなことはなく、むしろアッサリしていて読みやすかったです。登場人物の気持ちはむしろ淡々と控えめに思えました。そしてそれが静かに深く心に入り沁みるような感じがしました。


戦時下の北京で出会った恩人との思い出、邂逅、そして別れを描いた『絆』は特に好きですね。また結婚していて60年も連れ添った妻がいるのに、一途に幼なじみを想うオヤジの話『悋気』は、お前はプラトニックラブだからいいだろう、と思ってそんな気分に酔っているかもしれないけれど、奥さんからしたらジョーダンじゃない!だよなぁ……自分に気持ちが向いていないことに気がつかないわけがないだろーに……。男って何歳になってもバカじゃないの~って思いましたわ。




なんとか今回は消去せずに書けた~(;A´▽`A 前の記事のお返事遅くなります。ごめんなさい。台風・大雨がもう続きませんように……どうぞおだやかな1日をお過ごし下さいませ。





rohengram799 at 09:40|PermalinkComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ