柚月裕子

2015年07月12日

星雲便りNo.12:ツボとコツ

昨日は『壺の町』という阪神淡路大震災を絡めたミステリーを読みました。作者は望月諒子さん。ナゼか柚月裕子さんと混同していました(--;) タイトルについては物語の中盤あたりで語られますが、土地にはそこに住んでいた人たちの様々な想いがしみこんでいるのだと思いました。震災で被害にあわれた方はあんまり読みたくないかも……。今日はスカイツリー絡みの『塔の下』(五條瑛)を読む予定です。


「話のツボ」とか言いますが、その由来や「コツ」の違いなどについて書かれたサイトがありました。ほぉ~!と勉強になりました。

http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/73008.html



明日からお盆さんの地域もあるでしょうか。迎え火を炊くと思いますが、その火を3回またぐという風習がある地域もあるようです。「病気から身を守る」と言う意味があったみたいです。あとは火をたきながら「こなかいさん、こなかいさん、この火のあかりできてください~」と呪文のように唱えるとか。こなかいさん……此方、彼方でしょうか?



新聞に『終活読本ソナエ』夏号(いつか迎える「その時」にそなえる季刊誌)の広告がありました。たまに立ち読みするのですが、なんかどれも都会の話という感じがして、あんまりピンとこなくて……。そしてビックリしたのが《雑誌誕生2年を記念した有田焼の骨壺プレゼント》( ̄□ ̄;)!!


ずいぶん前に何かの雑誌で「自分の骨壺を焼いてみませんか」的な広告を見たことはありますが、そのものをプレゼントってなんなんでしょうか……ちょっとこの感覚は理解出来なかったです。



今日も関東はアツい(;´д`)ゞ! 皆さま、お身体に気をつけて下さい。



追記:明け方4時過ぎです。トイレに起きたついでにケータイを見たら「大分で震度5強=愛媛、熊本は5弱」の地震のニュースが……!! お住まいの皆さま、ケガなどされていませんか? 落下物など被害はありませんか? 大丈夫でしょうか? 台風も接近しています。どうぞお気をつけ下さい。




rohengram799 at 13:25コメント(12) 

2015年03月22日

咲雲便りNo.22:サクラ・サクラ~千里香

ハクモクレンが見ごろです~というブログ記事をいくつか読ませていただきましたが、ウチのまわりではまだつぼみがぷっくり!状態でまだ咲いていなかった……私が通りすぎた後にコッソリ咲いていたりして(~_~;)


ハクモクレンと道路をはさんだ反対側には沈丁花が咲いていました。沈丁花の別名は『七里香(しちりこう)』というそうで、理由はもちろん七里先までその花の香りが届くほどであるから……遙か遠くまで香りが届いて「私はここにいます」とその存在を知らせてくれる花には、秋のモクセイもありますね。こちらは「九里香」だそうです。


私はなぜか「七里香」を「千里香」と勘違いして検索してしまったのですが、この名前の桜がありました。花は大輪、一重咲きで淡紅色。開花期は4月中旬。花に芳香があることが品種名の由来となったそうです。桜の香りのお線香の商品名にあったりして(笑)


http://yokokanamiki.at.webry.info/201304/article_7.html




この前『5分で泣ける!胸がいっぱいになる物語 ベストセレクション (宝島社文庫)』をコンビニで見つけ、仕事帰りではぁ~と疲れていたせいか、衝動買いしてしまいました。コンビニで文庫本を買う日がが来るとは……!! 1作品10分間くらいで読めて作品数も29と多いのですが、書き下ろしではなかったので「5分で読める」シリーズで読んでいたものが半分くらいあり……ベストセレクションって書いてあるのに見落としていた……ちゃんと見ればよかった( ̄~ ̄;)


最初の作品は『サクラ・サクラ』でペリリュー島大戦秘話です。2日後に米軍上陸の情報を聞きつけ、自分たちも一緒に戦わせてほしい」という島民有志の申し出を「帝国軍人を愚弄する気か!」と断ります。仲良くなれたと思ったのに…違ったんだ…と悲しく悔しい思いを抱き、翌日本島に向かう船に乗り込みます。全員が乗った時には夜になっていました。だんだんと遠ざかる浜に彼らは見たのです。たくさんの見送りの人々がいました。大きく手を降り、何かを叫び、そしてそれはさくら~さくら~の歌声に……浜にいたのは日本兵でした。島民を戦争に巻き込まないために、少しでも安全な場所に迅速に避難させるために、わざと憎まれるようなことを言ったのです……ρ(・・、) 昔、マンガで読んだタイタニック号が沈没する時に乗客が讃美歌を歌っていたという話を思い出しました(本当かどうかは知りません)。パラオに観光旅行に来た若者にその話をした老人はいつの間にかいなくなっていました。



史実をもとに脚色された話ではありましたが、月明かりに照らされたその光景が映画のようにうかんできました。戦争を体験したことがない世代、聞いたことはある世代、全く知らずゲームの中の出来事のように思っている世代もあるでしょう。こういう物語をきっかけにしてペリリュー島やパラオの歴史について、戦争について関心をもってくれたらと思いました。まだまだ私も知らないことばかりなのですが……一番最初の作品なので、目次で探す手間なくすばやく立ち読みできますぞ、ぜひ一読して下さい!!。


http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/8209/Peleliu.htm



しかし~あのネコ話を書いた(白雲便りNo.20:もうひとりの私をどうぞ)柚月裕子さんが、この話を書いたなんて……作家の技量、恐るべし!…





*前の記事のお返事は明日になります。






rohengram799 at 20:05コメント(8)トラックバック(0) 

2014年09月25日

白雲便りNo.20:もうひとりの私

今日は北川歩実さんの『もう一人の私』という短編集を読んでいます。今のところ、二重人格的な話はなくて、赤ちゃんの取り違えとか他人に成りすまし…みたいな話です。時々、違う時間軸に「自分のようで自分でない何者」が存在しているのかしらん?なんて考えたりもしますが、こんなおやぢ擬きがあちこちいるのはやっぱりヨクナイと思うので、妄想はストップさせます(~_~;)


最初は宝島社文庫の『5分で読める! ひと駅ストーリー』シリーズの最新刊「猫の物語」を読んでいましたが、こちらは猫がらみのショート・ショート。やっぱりあきてしまうので、同時進行で北川さんのを読んでいるという( ̄▽ ̄;)


執筆陣は……柚月裕子/佐藤青南/おかもと(仮)/新藤卓広/喜多南/天田式/大間九郎/上甲宣之/水原秀策/水田美意子/伊園旬/山下貴光/桂修司/中村啓/中山七里//篠原昌裕/梶永正史/乾緑郎/堀内公太郎/上村佑/吉川英梨/上原小夜/中居真麻/沢木まひろ/相戸結衣/小林ミア/石田祥/大泉貴/深沢仁/紫藤ケイ/英アタル/藤八景/藤瀬雅輝/小泊フユキ……とお初の人もお馴染みの人も、という感じ。


最初の柚月裕子さんの『愛しのルナ』はいきなりそう来たか( ̄□ ̄;)!!って感じ。仔猫を拾って育てて、とってもラブリーなので(チンチラの雑種らしい)動画サイトに投稿。たくさんコメントをもらって嬉しい( 〃▽〃)……まぁここまではフツウなんですが、「飼い主さんはどんな人かな」「猫は飼い主に似るっていうから、飼い主さんも美人なんだろう」的なコメントが多くなり……ウフフ、今日はワタシも一緒に皆さまにご挨拶するわよ~ん(*´∀`)♪でその飼い主は……(;゜∇゜)


ネタバレしてしまいますが、作品がたくさんあるので……私、あんまり美人じゃない飼い主さんがコメントを読んで舞い上がって、金髪キラキラ、ハデハデなメイクでネコちゃんと映って、アララ(+。+)な展開だと思っていたら……本当に「ソックリ」だったんですよ(~Q~;)
そう、整形したんです!!日本ではもちろん断られたので、海外で……目も口も猫ですよ……ええ、リアル化け猫でしょうね((((;゜Д゜))) 『CATS』のメイクどころじゃありませんよ……ああ、なんでこの主人公はここまで病んでしまったのか……そして、最初にこの作品ってどーよ( ̄~ ̄;)と思ったワタクシでありました。


残りはカワイイ猫ちゃんの物語にたくさん出逢えますように……では、おやすみなさいまし(+.+)(-.-)(__)..zzZZ





rohengram799 at 22:28コメント(8)トラックバック(0) 

2011年11月02日

ひつじ雲便り530:『最後の証人』の『告白』

今は裁判員裁判の記事を新聞などで見ることが少なくなりましたが、どこかで裁判は行われているのですよね。


『最後の証人』は交通事故でひとり息子を亡くした夫婦が、権力を利用し不起訴になった犯人に復讐をする物語で、タイトル通り「最後の証人」が裁判で重要な役割を果たします。ただの検察や弁護士作品ではなく、喪黒福造ではないけれど「取り扱うものは心」って感じです。


この作品の前に映画にもなった『告白』も読みましたが、こちらもひとり娘を殺されたことに対して母親が復讐する物語。


はらせぬウラミをはらします…で、必殺仕事人に依頼をする人もいれば自分で敵討ちをしようとする人もいたわけで…復讐と敵討ちは同意語になるの?法律がダメなら自分の手で…と思うのは愛する者を理不尽に奪われた人なら当然考えることで…。
犯人が反省しているから許してやれよ、とかいう問題ではありませんし…。


罪を憎んで人を憎まずと言われても「わかりました」とは素直に言えないですよね~(-_-;)「償い」というものは一体誰に対してのもので、どの方法が正しいのか…。


しばらく忘れていましたが、自分に裁判員のお知らせなんかきたらどうしたらいいの!?とアセアセになった本でありました。




rohengram799 at 10:10コメント(13) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード