2020年01月18日

献春雲便りNo.18:400 と600

今日はセンター試験!(今年が最後) 寒い中、受験生の皆さま、ご家族の皆さま、関係者の皆さま、大変だと思います。私も某大学を受験した日は雪はやんでいましたが、あちこち雪かきしたい後の雪の山があって、受験会場まで行くのに苦労した記憶があります。頑張って下さい!



私は知りませんでしたが、桜の開花予想に「400度の法則」「600度の法則」なるものがあるのですね。

東京のさくらを基準として、2月1日からの平均気温の合計が400℃を超えると開花の目安になるというもの。「毎日の平均気温」です。

600度の法則は、東京のさくらを基準として、2月1日からの最高温度の合計が600℃を超えると開花の目安になるというもの。こちらは毎日の「最高気温」。


毎日、足していくだけなのでやっている人は多いのでしょうか? 勉強も毎日の積み重ねで、サクラ咲く🌸になるんだろうなぁ、と、もう勉強する気力もなくなったナマケモノの私は思ったのでした。

ちょっと笑ってしまった大試験の俳句をひとつ。


どこよりも厠の温し大試験 国見敏子


いつ頃の作品かわからないのですが、今なら暖房つき便座であったかい〜!って感じですかね? 他の時代なら、緊張した受験生たちでトイレが長蛇の列!視たいな感じでしょうか?


rohengram799 at 00:05コメント(2) 

2019年04月20日

春愁雲便りNo.19:小鳥

「ふたり小鳥になった日は手をつなげない」


木村聡雄さんの俳句。こちらの句集からですが、ふらんす堂さんの製本はどれもステキ(*´∇`*)

http://furansudo.ocnk.net/phone/product/1622





東京の狛江(こまえ)市と言われても、町田や八王子ほどピンとこない人の方が多いかも……と思いつつ、私も1回しか行ったことのない場所。それも30年以上前(^o^;) 何を調べていた時か忘れたけれど【狛江市の昔話】にあった、披露宴の話が面白かったので……。イヤ、お嫁さんからしたら「吸い物が変わるたびにお色直し」とかグッタリだろうな、と思うけれど、地域の風習ってやっぱり不思議(笑)



披露宴では、まず「落ち着きの餅」と呼ばれる餅を入れた吸い物が出て、その後、蛤(はまぐり)の吸い物、つぎがサヨリなどの吸い物で、最後に青菜か結び昆布などの吸い物になる。吸い物が変わるたびに嫁はお色直しをする。婿と嫁の膳にはお高盛りの椀が出て、嫁はしるしだけ箸を付けるが、この高盛り飯は、両人で翌日になっても食べきらなければならぬものとされていた。披露宴は、よそ行き程度の銘仙などを着て嫁が最後のお色直しをし、「嫁の茶」といって、やがて一同にお茶を入れてまわると、お開きになった。


https://www.city.komae.tokyo.jp/sp/index.cfm/45,3390,349,2100,html




今日は風がヒンヤリと冷たかったです。バス停近くの桜は全部散ってしまいました。これからは新緑の季節ですね。瑞々しい感性を失わずに毎日暮らしていけたらいいなと思います。



では (*・ω・)ノ



rohengram799 at 08:22コメント(0) 

2019年04月08日

春愁雲便りNo.7:桜蕊降る

以前『ささやかな人生』(*)で、桜の花が散ったあとのことを書きましたが、昨日のお花見日和から一転、朝からポソポソと雨が降って肌寒いですわ。




「たこ焼きのそこそこの味桜蕊 」( 森泉理文)



桜蕊 (さくらしべ)とは…こちらのブログ記事の写真がわかりやすいのでお読み下さいませ。

https://ameblo.jp/highjunman/entry-12150139432.html



俳句にあるいは「そこそこの味」というのに味がある(笑) こういう場所で食べるから美味しい!ってありますが、お花見シーズンも終わりになってきて、テキ屋のおにーさん方の気合いもだんだん下降してきた様子と重なっているのかも、と思うようになりました。


山梨では月遅れのひな祭りが終わって、信玄さんのお祭りに突入します! 今年の信玄さんは山下真司さんだったらしい。マツケンじゃないのかぁ。


https://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/

http://www.kofushingen.jp/sp/tourism/t02.php



ではでは、皆さま、どうぞよい1週間になりますように♪(o・ω・)ノ))




(*)http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50591995.html


rohengram799 at 09:40コメント(2) 

2019年04月02日

春愁雲便りNo.1:思い出し笑い

昨日は新元号が発表になり、大騒ぎでしたね。最初「メイワ」と聞こえたので「明和電機(*)」かと思ってしまった! 「令和18年はR-18」とか見て笑いましたけど、来月にはもう新時代なんですね〜しみじみ。




「春愁の中なる思ひ出し笑ひ 」(能村登四郎)


春は秋のもの悲しい雰囲気の愁いと違って、バタバタと、卒業やら転勤やら引っ越しやら…まわりが慌ただしくなりなんとなく自分だけ置いていかれるような気分になりますね。また桜が咲き、はらはら舞い散る様子に心乱れ、季節の変わり目の気温差に体調も乱れ……ですありますが、そんな中でも「うふふ」となる出来事をひとつやふたつ思い出すとなんだかほっこりします。自分の心の中にだけに咲く花があるというのはなんとなく幸せであります。




★先月に読んだ本一覧はこちら(4/30まで)→ https://i.bookmeter.com/users/718307/summary/monthly




ではでは、今月もどうぞよろしくお願いいたします♪(o・ω・)ノ))



(*)https://www.maywadenki.com/




db099d86.jpg


rohengram799 at 08:56コメント(8) 

2019年03月30日

雛月雲便りNo.30:犬と狼と桜

3月も明日で終わり。早いですね。日も長くなりました。



フランス語では、黄昏どきのことを「犬と狼のあいだ」(entre chien et loup)と言うそうです。その時刻になると犬と狼の見分けがつかなくなるから、と。この前テレビでオオカミ犬の話題を取り上げていましたが、またへんなブームにならなければいいなと思います。オオカミ犬って神話に出てくるイメージなので、人間が思い通りに管理しようなんてムリムリ(ヾノ・∀・`)って考えてしまう。


https://pepy.jp/75146




しかし、冷えますね〜「花冷え」という言葉が天気予報で繰り返されていて、クドい!と言いたくなってしまいますが(-ω-;)冬にもどったようなヒンヤリした空気が家の中にも。この冬もコタツのみで過ごしましたが、片付けるのはまだまだ先になりそうです。



「花冷え」は春の季語ですが、月野ぽぽなさんの句からは妖しげな夜桜を連想してしまいます。


『どこまでがあなたどこからが桜』


『まだ人のかたちで桜見ています』



花は桜木、男は………「花道」派? 「岩城」派? ってコレがわかる人はいるのか心配(笑)



【月野ぽぽなさん・お姿も可愛らしい❤️】

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/shiroshiro488/entry-12348833545.html%3Fusqp%3Dmq331AQPCAEoAZgB5pCuoMWk2s1P


rohengram799 at 10:16コメント(6) 
記事検索
月別アーカイブ