梅雨

2017年08月16日

竹春雲便りNo.15:旱星(ひでりぼし)

う~ん、なんだかこの1週間の天気予報を見ると梅雨時期のような・・・。



梅雨に関する言葉ってたくさんあって「梅雨夕焼け」というのもありました。夕焼けだけなら夏の季語なんだそうですが、「梅雨」がつくと雨上がりのしっとりした、またあざやかさな雰囲気が伝わってきます。「梅雨の闇」という、柳の下にユーレイ的な(笑)季語もあるそうです。


梅雨の合間の晴れは嬉しいですが、長雨と同じであまりに長く続くと困ってしまいます。「旱梅雨(ひでりづゆ)」という季語があるそうですが、「旱星」もありました。しかし、日の下に干すの一字、よく意味を表していますね~!




「旱星」は雨の無い、ひでり続きの夜に見える星のこと。炎天続きの夜にひでりを象徴するような星。火星やアンタレスなどの赤い星をいうらしい。


『旱星われを罵るすなはち妻 』(西東三鬼)


三鬼はどんな失態をやらかしたのか、もともと恐妻家なのか、イライラして八つ当たりされたので外に出てきたのか・・・いろんな場面が浮かびます(;´∀`) 



『旱星食器を鳴らす犬と石 』(秋元不死男)


昼間の暑さからいくぶん涼しくなり、食欲復活!のワンちゃんでしょうか? アルマイトの食器に顔を突っ込み、ガツガツエサを食べている愛犬を飼い主さんが「おいおい、そんなに慌てて食べるなよ」と苦笑しながらもあたたかいまなざしを向ける姿が浮かんできます。星空とワンちゃん、そしてご主人さま・・・物語が生まれそう(笑)





ワンちゃんつながりで・・・日本サービスドッグ協会という、引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)たちの医療費や介護用品の支援などを行うNPO法人があるそうです。

http://www.servicedog.or.jp/



rohengram799 at 08:58|PermalinkComments(4)

2017年06月15日

さくも便りNo.10:雨上がり

空梅雨なのかしら、というような晴れ間が続いているので、たまに雨降りの日があると「傘!傘!」と慌ててしまいます。朝、降っていても帰りに雨があがっていると傘をついつい忘れてしまいがち。



『雨あがり』という山之口貘さんの短編を読みました。話の中には傘を忘れすぎだろ!という男の子が出てきますが、主人公は可愛いミミコちゃんという女の子。1回だけ雨合羽を学校に忘れてしまったことがあります。もう忘れないようにしなくちゃ!と思ったミミコちゃん、他にもたくさん持ち帰るものがあった日に、なんとランドセルを忘れてきてしまいましたΣ(´д`*) この短い話も青空文庫で読めます。


http://www.aozora.gr.jp/cards/001693/card56662.html




この作品の作者は山之口貘さん。以前『求婚の広告』をブログで紹介しました。コレです( ´∀`)



1日もはやく私は結婚したいのです
結婚さへすれば
私は人一倍生きてゐたくなるでせう
かやうに私は面白い男であるとおもふのです
面白い男と面白く暮らしたくなって
私ををつとにしたくなって
せんちめんたるになってゐる女はそこらにゐませんか 
さっさと来て呉れませんか女よ
見えもしない風を見てゐるかのやうに
どの女があなたであるかは知らないが
あなたを
私は待ち侘びてゐるのです




6月の花嫁ならぬ6月の花婿を夢見ている殿方も多いのかしら? いただいたコメントにお返事させていただきました。 遅れてすみません! 皆さま、楽しい週末をヾ(´ー`)ノ





rohengram799 at 16:55|PermalinkComments(6)

2017年05月03日

起雲便りNo.3:月明かりに

弘兼憲史さんのマンガ『ハロー張りネズミ』がドラマ化されるらしい~今までもあったのだろーか? 私はマンガしか知らないけれど、がなり前の作品のはず。なんで今頃?と思うのだけれど、知らない世代には新鮮なのかしら? しかしやたらとマンガの実写化が多くてウンザリしてきます~映像技術の進化やイケメン・美少女が増えたからなのか?



今月のお便りのタイトルを決めるのに、5月の異称を検索していたら『賤男染月』というのが出てきまた。読み方は「しずおそめづき」。旧暦5月の異称。旧暦5月とは、今日でいうところの6月4日頃から7月2日頃までをさすそうです。しかし・・・意味がわかりません。賤はいやしいとか人を見下す意味ですよね?


梅雨時のジメジメした感じを賤男とたとえたのか、それとも梅雨時は男をナメクジみたいな雰囲気に変えるのか? また全然違う意味なのか、調べたけれど語源がわかりませんでした。



染月には「濃染月」「木染月」(こぞめづき)とか「紅染月」(こうそめづき)とか、は陰暦8月の異名で木々が美しく染まっていく、紅葉していく様を表したものとかあるんですけどねぇ。




GW・渋滞ですとかテレビはにぎやかですが、働いている人間には仕事帰りのお月さまが癒しになりますわ~では、本日も行ってきます!






rohengram799 at 11:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年06月22日

あかね雲便りNo.62: 雨栗日柿

朝の豪雨はなんだったのかしら…というくらい、綺麗な夕焼けが見えます。直接間接を問わず被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。


ところで、ワタクシ、『雨栗日柿(あまぐりひがき)』という言葉を初めて知りました!! 雨に恵まれた年は栗の出来が良く、日照りの多い年は柿が良く実るということだそうな。日照りが続くと栗のイガは成熟せずに落ちるものが多く、柿は雨が多いと害虫に犯されて不作となるからだそうです。言葉を入れ換えた『日柿雨栗』もあるみたいです。柿農家はコチラを選ぶのかしら?なんて思ったりして(((^^;)しかし、柿や栗って二文字で言いやすいし、実がたくさんなって生きていく糧になるから、生育(成育)にはずいぶん前から気をつかっていたってことですね。←気と木をかけたワケではない(;o;)


今回は、俳句の季語の「柿若葉」からあらら~ん♪とたどり着いたのですが、柿の若葉は初夏らしく明るい艶のある萌黄色。雨上がりにはキラキラしてひときわ目を引きそう~!出てすぐの若葉は柔らかく香りが良く、天ぷらにして食されることもあるそうです。秋の季語は「柿紅葉」そのまんま、紅く色づいた柿の葉ですf(^^;


台風がきたり、豪雨になったりだと、早く梅雨明けしないかなぁ~と思いますが、水不足も困ります。どの植物、農作物にも恵みの雨であって欲しいですね。




rohengram799 at 19:00|PermalinkComments(11)

2010年06月12日

ひつじ雲便り61:おひさまをあらいに行こう!

そろそろ梅雨入り…な天気予報が氣になりますね(((^_^;) 雨の日は、家で本を読むのも楽しい時間……今回はフリーペーパーに載っていた絵本の紹介です。


『そらにかえれたおひさま』


3日間も顔を出さないおひさまを、ヒヨコやウサギたちが訪ねて、きれいに洗ってあげます。


すると、おひさまは再び輝き出す。


ほのぼのしていて、ステキなお話ですよね。
梅雨時ならではの絵本な氣がします(^0_0^)




そらにかえれたおひさま 改訂新版
クチコミを見る



rohengram799 at 08:00|PermalinkComments(4)
記事検索
月別アーカイブ