森絵都

2015年04月03日

桜雲便りNo.3:女がそれを食べる時

今日は風が強いですね。ハクモクレンの木はハダカ状態になり、せっかく咲いた桜もハラハラと舞っています( ´△`)



前に『肉小説集』の話を書きましたが、今日の新聞コラムにこんな話がありました。明治天皇が肉類をあまり召し上がらない。参議の大久保利通は滋養を気遣い、もっと肉食を、と進言した。天皇がお答えになる。「菜食の徒にも、空海があるぞ」。……探せば『菜食小説』もあるのかしら?(笑)



♪春には春の恋がある~そろそろおまえとお別れだ~


これはアン・ルイスさんが歌っていた『女はそれを我慢できない』ですが(笑)『女生徒』と並行して『女がそれを食べるとき』を読んでいます。9人の女流作家が描く食と愛についてのアンソロジー。表紙はあわい水彩画でふんわり・ほんわかしているので、あまぁ~い掌説を期待する方もいるかもしれませんが、作家陣にウッ( ̄0 ̄;となることでしょう。


井上荒野・江國香織・岡本かの子・小池真理子・幸田文・河野多惠子・田辺聖子・山田詠美・よしもとばなな……内容が薄味ではないのはおわかりですね(^。^;) 小池真理子さんの『贅肉』(スゴい話でしたわ)と幸田文さんの『台所のおと』(なぜか“台所ノート”と発音してしまうのですが、台所の“音”です)は読みたかったのでラッキーでした。『台所のおと』に「若さというのは、いつでもすぐ今以上に、騒ぎ出せる下地があることなかあ、などと自分の若い頃も思い出させられたのであり…」の一文にフムフムしたりして……。


食べ物と言うと辻村深月さんの『ツナグ』には「卵焼きおにぎり」が出てきました。


「普通の家は海苔で巻くおにぎりを、うちは卵で巻いた。ふりかけを混ぜて握ったご飯を、小麦粉と、溶いた卵につけて、一面ずつフライパンで焼いて固める。そうすると、表面が卵で黄色くコーティングされたおにぎりができる。」


森絵都さんの『気分上々』の中の「ブレノワール」にはこんな言葉がありました。


「胃袋の中身が変わらないから中身も変わらないんだ」


夫婦が似てくるのは毎日同じものを食べているからだ、という話や頭がよくなる食べ物の話を思い出しましたわ。このタイトルの「ブレノワール」は黒麦のことで、これを使った固いガレットを中心にしたは母と息子の物語。最後はせつない……ρ(・・、)。



黒麦で検索したら「 ライムギの別名」とありました。ライ麦と言えばサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』(原題The Catcher in the Rye)。読んだことはないけれど『かもめのジョナサン』と同じくタイトルは知っている名作(笑) 別邦題が「危険な年齢」「ライ麦畑の捕手」とあって、イメージが……と思いました(~_~;)



食べ物の話を書いていたら、お昼ご飯の時間になりました。朝ごはんの残りをかき込むように食べて、仕事にいってきま~す(  ̄ー ̄)ノ






rohengram799 at 12:15コメント(12) 

2015年04月01日

桜雲便りNo.1:気分上々(*^o^)/\(^-^*)

雨の午後です。せっかく咲いた桜の花が散りはじめてしまい、なんだかせつない4月の始まり……加藤楸邨さんの『猫の恋声まねをれば切なくなる』を思い出してしまいました( ̄0 ̄;)


猫と言いますと『黒猫の単語帳』という写真集がありました。一枚に付きひとつ、英単語(発音記号付き)が書いてあります。いろんな表情・姿の猫ちゃんたち(黒猫ばかりではないです)がラブリーです。たまに人間もチラリ(笑)


ついでに植物やら盆栽やら農業やらのコーナーを見ていたら、表紙に「ポタジェ」と書かれた雑誌がありました。「ポタジェ(potager)またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)とは、家庭菜園を意味するフランス語であり、果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞の両目的を兼ね備えた庭」のことだそうです。なんてオシャレな言葉なんでしょ~!!


中世のフランスの修道院では自給自足の生活を送っていましたが、そこで食用になる植物を栽培したのが始まりといわれているそうです。「ポタジェ」の語源は「ポタージュ」(potage、「スープ」)で、ポタジェでスープを作るための野菜を栽培したことに由来するそうです。その後、世界中から多くの果実や野菜がヨーロッパに持ち込まれるとともに、実用だけでなく見た目の美しさが重視されるようになり、荘園や城主の庭などに現在のポタジェの原型とも言えるスタイルが出来上がったそうな。


確かに写真を見たら、花壇のようでした。ある程度の土地があったらやってみたい人も多いのではないかしら……美的センスの他に作物の相性の良し悪しを考えないと大変かもしれませんが、ただ植えて育てるより楽しそうです(*^^*)



さてさて……先月は仕事上でもシフト変更が相次ぎ、バタバタしていました(-。ー;) しかし!、 期待の新人さんがひとり入りました~\(^o^)/ ちょっと健康面で不安なところもありますが(ノドが弱いみたい)仕事ぶりは真面目で助かっています。


今は森絵都さんの短編集『気分上々』を読んでいます。このタイトルのように新年度をウキウキ気分でスタートさせたいと思います。今月のタイトルは「桜雲便り」です。毎日きちんと発行できるように頑張りたいと思います。またどうぞ仲良くあきれずにお付き合い下さいませ(´ー`)ノ






rohengram799 at 16:21コメント(10)トラックバック(0) 

2015年03月16日

咲雲便りNo.16:母の北上

森絵都さんの『母の北上』がNHKラジオで放送されたそうです。これは私も読んだ短編集『異国のおじさんを伴う』に収録されています。


主人公の「僕」は結婚していて、2年前に父親が亡くなってからはあまり実家にいかない生活を送っていました。たまに実家に帰省すると、母親の生活拠点が北へ北へと移動していることに気付きます。陽当たりも居心地も良いリビング・ダイニングが母の定位置だったはずなのに、その北にある洋間を定位置にし、とうとう今年の正月には家の北端にある、かつては物置代わりだった狭い和室まで移動していて……「僕」がリビングへ移動しようとすると母は止めに入る……( ̄~ ̄;)


しばらく外出していた「僕」はひらめいた(・∀・) 「リビングやダイニングには父親との思い出の品が溢れ返っていて、それを見るのが辛いから部屋を移動しているのでは? 新しい趣味を見つけて新しい思い出を作ってみたら?」という意味のことを言ったのだけれど、それは違った(´;ω;`)


母親の頼みで家電ショップへ行くと、そこで蛍光灯や電球をいくつも購入……( -_・)? もしや……そーなんです!! 実家の天井が高いせいで電球が切れても交換できなくて、母親はまだ電球が点く部屋へ移動していただけなのです……普段めったに使わない部屋ほど電球が切れるのは遅くなりますからね。


自立できていないみたいでなかなか息子に本音を言えなかった母親ですが、彼女には「友達以上恋人未満」のケンさんという気になる人がいて、そのノロケ話はよく喋るのでした(´∇`)



このお母さんの気持ち、わかる!! ウチもリビングは天井が高くて、脚立に乗って換えるのがコワイ私は、ダンナや子どもがいないと何も出来ません。LEDすればいいのでしょうが、まだまだ踏み切れない我が家です。実家でも電池切れの目覚まし時計とかありましたわ。コンビニ的な店屋が近くにあったのですが、閉店してしまい……電気屋さんはあるけど、電池だけ買いに行くのも億劫という感じだったようです。取り合えず他にも時計はたくさんあったし(((^^;)ほのぼの感もありながら、考えることも多い作品でしたわ。



さてさて「北上」と言いますと、小林旭さんが歌っていた『北帰行』ってありますよね。


♪窓は夜露にぬれて みやこすでに遠のく
北へ帰る旅人ひとり なみだ流れてやまず


私がこの歌を初めて聞いたのは『摩利と新吾』という木原敏江さんのマンガのイメージアルバム(LP)でした。今で言うとマンガやアニメのキャラクターソングみたいなヤツですかね~他に『日出処の天子』(山岸涼子さんの聖徳太子を主人公にしたマンガ・いきなりお経?が流れて夜中に聞くと怖かった!)と『エロイカより愛をこめて』(青池保子さんのマンガ・私は少佐が好きです!)を買いました。今どこにあるんだろ('_'?)


Wikipediaによると《北帰行(ほっきこう) は1961年(昭和36年)にヒットした日本の歌謡曲である。歌手小林旭。原歌は、旧制旅順高等学校(旅高)の愛唱歌(広義の寮歌)。》とあって、読み方は「きたきこう」ではなく「ほっきこう」なのね、『摩利と真吾』も旧制高校・バンカラなエピソード満載で寮歌もあったわ~だからこのオリジナルの他にこの歌もあったのね!!と30年(もっとか?)経って納得できました(; ̄ー ̄A


http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/hokukiko.html



木の芽時です、「母の北帰行」が「母の奇行」にならないように十分気をつけたいと思います( ̄▽ ̄;)




rohengram799 at 14:15コメント(9) 

2015年03月12日

咲雲便りNo.12:パパイヤ夫人の魔法(*^O^*)

昨日は森絵都さんの『架空の球を追う』を読みました。水色の空に白い雲、飛んでいく5色の風船の表紙にひかれて(文春文庫)買ってしまった一冊(´∇`)薄いのに中身は大変充実していました!!



表題作は少年野球を見守るお母さん方の会話がメインになっています。他の話も本当に日常の「ああ、あるある」「うん、ありそうだよね」という11編です。なんかうまく最後はオチがついて落語みたい!!と思うものも……。『異国のおじさんを伴う』もおもしろかったけれど、コレはなんかふふっと苦笑いしてしまうタイプですね。最後の『彼らが失ったものと失わなかったもの』は美しい短編映画になりそう……と思いました。タイトルから想像するものとは違いましたが(;^_^A



私が一番気に入ったのは『パパイヤと五家宝』です。一人の晩餐を楽しむ食材を買いに寄った高級スーパー、ウワァ~やっぱりどれも高いわ~と思っている「私」。しかし2000円のパパイヤを躊躇せずに籠に入れたパンツスーツの和風美人(40歳前後・指輪で既婚を確認)に導かれるかのように、野菜など同じ品物をカゴに入れていきます。お肉コーナーでは迷いなくサーロイン肉を手にするパパイヤ夫人!! 150gで3180円( ; ゜Д゜)……ためらいながらもカゴ入れついでにサイコロ型の牛脂も放り込むやっばり庶民な私!

そしてパパイヤ夫人はお菓子コーナーへ。クッキーやらウェハースやら……輸入菓子以外にも和菓子が充実していて、実家の母親がよく食べていた「五家宝」が急に私を現実に引き戻したのです~パパイヤ夫人の魔法がとけた!!


高級品はもとの場所に戻し、豚肉のしょうが焼きをメインに献立を考えて買い物をし直し、レジへ……がっ!!そこで悲劇が……商品を全部スキャンして空っぽになったはずのカゴにいたのは……返してなかった牛脂でした( ̄□ ̄;)!!



……籠の中身とは不相応なそれから目を背け、彼女が私を一瞥する。 責めているのではない。むしろ哀れむような眼差しだ。豚の薄切りロース肉を選びながらもちゃっかり牛脂をせしめていく女。高価なステーキ肉には手が届かないが、せめて脂の匂いだけでも楽しみたいのか? ならば見逃してあげましょう。……



レジのお姉さんは牛脂を豚肉の入ったカゴに入れてくれました……違うの、違うのよ、お姉さん!!これには深いわけが……(とは書いてないですが)と心中で叫ぶ私を知らずにパパイヤ夫人は他のレジでスマートにお買い物を終えていたのでした(≧∇≦)



「五家宝」の名前はだいぶあとから知りましたが、田舎でも食べていました。商売をしていたのでよくお客さんにお茶を出したついでにお菓子も……で、おせんべいよりもやわらか系が年上の皆さまには人気(o⌒∇⌒o) 私はみどり色(ヨモギ?)しか実家では食べたことがありませんでしたが、きな粉もあるんですね。熱くて渋いお茶によく合いますね~食べたくなってきましたわ。


《五家宝》
http://syaruruk.exblog.jp/11315525/



高級スーパーでお買い物をするためには、電車に乗って遠くまでいかないといけないワタクシ、徒歩圏内のスーパーをハシゴするのが日課になっています。さぁ、チラシcheckだ( ̄▽ ̄;)






rohengram799 at 09:21コメント(8)トラックバック(0) 

2015年03月03日

咲雲便りNo.3:ふたりだけのメモリー

♪今日は楽しいひな祭り~でしょうか? 桜餅を買って母の写真の前にお供えしました。


ウチには雛人形はないのですが、広告とか見るとお顔もお衣裳もかわってきていますね。私の知っている右大臣と左大臣は白髪頭でしたが(ダンナが言うにはそういう役に就くまで年数がかかるんだよ、だからおじいさんなのは仕方ない…だそうで)今はイケメン大臣もいたりして……(^◇^) 歴史のある雛人形はお顔が凛々しいというかコワイくらいの気品がありますよね。



さてさて、前の記事に書いた浅田次郎さんの8つの短編集『姫椿』ですが、どの話もうーん、と生きてきた年月の重さを感じる作品でした。私がこの本を買おうと思ったのはラジオの朗読で『オリンポスの聖女』が取り上げられ、そのあらずじと感想を書かれたブログを読んで「おもしろそう!」と思ったからです。



一郎には学生時代から7年間同棲生活を続け、別れてしまった女性がいます。名前は典子。時は流れ、今の彼は妻と3人の子供と仕事にもめぐまれ順調な生活を送っていると言える40代。一郎は仕事で訪れたオーストラリアのシドニーで、大道芸イベントに遭遇します。色々な大道芸のなかで、白い石造だと思ったものが、パフォーマンスであることに気がつき驚愕します。見物客たちも、それが石像だと思いこんでいるからか、像の前には誰ひとり立つものがいません。やがて、白い石像は言葉ではなく身体で彼に語りかけるのです。その言葉は……本を読んで下さい(笑)


ラストシーンはとても美しかったです。長い年月を越えて彼に届いた彼女の気持ち……ふたりはちょうど学生運動が盛んな時代が青春時代。バンバンの『いちご白書をもう一度』の♪僕は無精ヒゲと髪をのばして学生集会へも時々出かけた
就職が決って髪を切ってきた時 もう若くないさと君に言い訳したね……が浮かんできました。



『シエ』(けものへんに解で「シエ」)は人気の高い作品のよう。「顔は麒麟、額に鹿の角を持ち、足には牛の蹄、尻尾は虎、体は鱗に被われた中国の伝説の生きものだという。体の割に頭が大きくちょっと間が抜けてみえて憎めない」……これは浅田さんの考えた架空の生き物かしら? 中国語ではカニの意味だと前にきいたので。


シエは人の不幸を食べて生き続ける伝説上の動物。とあるペットショップでシエと出会ったスーちゃんはシエを飼うことに決めます。9年間自分の分身のように思ってきた唯一の家族だった猫のリンが死んでしまったショックもあったので、この奇妙な生き物と同居することに。


コインロッカーベイビーだったスーちゃん、ダメンズと付き合っちゃうスーちゃん……シエを相手にひとり愚痴ることも。そんなシエと別れる時が来てしまった!……スーちゃんに「不幸の分だけ、ちゃんと幸せになれるよ」って、自分は人の不幸が好物で五千年生きてきたけど疲れた。自分の不幸を食べてくれる人は誰もいないのだから…………って「毎年桜が咲いたら、ほんのちょっとだけでいいから、ぼくのことを思い出してね。」……電車の中で読まなくてよかった……( TДT)



続きを読む

rohengram799 at 08:45コメント(8) 
記事検索