植原翠

2017年11月20日

霜見雲便りNo.20:フライトスーツ(゚∈゚ )

猫のかぶりものをしたマスターのいる喫茶店の話を読んでいます。表紙を見た時には、猫を擬人化したファンタジー小説かと思っていたので、買わなかったのだけれど、読書メーターで他の人の感想などを読み、3巻で完結していたので買ってみました。ベタベタした恋愛物ではなく、人と向かい合い、きちんと自分の気持ちを伝えることの大切さを描いている気がします。ラノベ(だと思う)なので、サクサク軽く読めますね。ツッコミどころはもちろん満載ですが(笑)


https://estar.jp/_announce_view?ann_no=3885




今は2巻を読み終わるところですが、インコを肩にのせたお客様が来店した話があり「フライトスーツ」という言葉が出て来て、なんだ、それは?と思い、検索したら・・・鳥さんのオムツだった!(o゚Д゚ノ)ノ

http://lightlemon.muragon.com/entry/3.html



インコ以外にもあるのかしら? 鷹匠の肩にいる鷹がフライトスーツ姿だったらイヤだわぁ(笑)


たかの宗美さんという漫画家さんの『紅丸ぼたん~インコカップルのお騒がせ夫婦漫才劇!!~ (ペット宣言)』を思い出したインコの話でした。あと「キャラメルバナナカフェオレ」という飲み物、名前だけでゲロ甘(失礼)・・・こんな缶コーヒー、実際にありそうでコワイです(;´д`)



猫の木喫茶店マスター、3巻ではいよいよかぶりものを脱ぐらしいです。どんなラストなのか?
ドキドキします(≧▽≦)





rohengram799 at 15:05コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード