楳図かずお

2018年04月05日

清和雲便りNo.7:14歳

「14歳」という言葉から皆さまは何を連想するのでしょう。私のように楳図かずおさんのバイオ鳥肉の細胞から誕生した天才科学者"チキン・ジョージ"を一番に思い浮かべた人もいるかしら(^^;)(;^^)



『白いうた 青いうた』という日本の作曲家・新実徳英と日本の詩人谷川雁によって1989年から1995年まで作曲された合唱曲のシリーズがあり、合唱曲としては珍しく、曲が先に作られた後に詞が作られたそうです。全100曲を目指していましたが、1995年、肺がんで谷川さんが亡くなられてしまい、53曲で中止に。享年72歳。その中に『14歳』があったのです。




  十四歳


  はなびらのにがさを
       
  だれがしってるの

  ぴかぴかのとうだい

  はだしでのぼったよ

  かぜをたべた

  からっぽになった

  わたしいま十四

  うみよりあおい

  はなびらのにがさを

  だれがしってるの

  だれが





「14歳には14歳の暗さがある。自分たちのことをよくわからない大人たちに、花と呼ばれるとちょっと反発したくなる、そんな気持を代弁したかった」そうです。思春期の少女の子どもの部分と大人の女性の一片をのぞいたような、なんとなくセクシーさを感じてしまった私はやはりおやぢなのでしょうか?






rohengram799 at 18:14|PermalinkComments(4)

2016年07月06日

布雲便りNo.6:オロオロおろち(ヾ(´・ω・`)

『岩牡蠣ををろちのごとく一呑みに』(武田禪次)


うわぁ…うわぁ……牡蠣の見た目からしてダメな私にしたら、ヒャー(;゜∀゜)な俳句ですが、きっと大粒なんでしょうね、それを口に入れた時の自分の感覚だったり、見ていた人の感想だったのかも……食べ終わったあとに舌をペロリって映像が浮かんできました。


おろちの「お(旧かなは「ヲ」)」は「尾」の意味。「ろ」は助詞で、現在使われている助詞の中では「の」に相当する語。「ち」は「いかかづち(雷)」や「みずち(水霊)」の「ち」と同じ、霊力や霊的な力をもつものを表す語である……と。「うわばみ」という言葉もありますが、これは15世紀頃からで古代語の「をろち(おろち)」に代わって用いられるようになったそうです。


楳図かずおさんのマンガに『おろち』ってありますが、不思議な能力を持ち、歳をとることのない謎の美少女「おろち」が、悲壮な運命に翻弄される人々の人生を見つめていくオムニバス形式(9つのストーリー)作品。私はコワイので(内容よりあの絵柄が……ホラーそのもの!)読んだことはないです。2008年に映画実写化されていたんですね。



『うな丼と決め牡蠣船の客となる』(西畑敦子)……ありそう(´∇`) 《カキペディア|牡蠣百科》というブログがあってフランスには「殻付き生牡蠣」の自動販売機があるという記事にビックリしました。



あとまとめサイトで日本の「潮干狩り」 知った中国人観光客ら、海岸に殺到 カキを取り尽くし、殻をポイ捨てを読んで……(-""-;) 三番瀬を荒らさないで~!!



トロッコ列車「奥出雲おろち号」というのが、4月初旬から11月下旬までの金・土・日・祝日(ゴールデンウイーク・夏休み期間・紅葉期間には平日も)運転しているそうです。ヤマタノオロチからのネーミングでしょうが、楳図さんのホラーキャラがコッソリ紛れ込んでいたら…((((;゜Д゜)))とヘンなことを考えてしまいましたぁ!!




rohengram799 at 10:12|PermalinkComments(10)

2015年03月27日

咲雲便りNo.27:梅酢トラベラー

小学生の頃、NHK「少年ドラマシリーズ」で筒井康隆さんの『時をかける少女』を原作にした『タイムトラベラー』ってありましたが、昨日は新津きよみさんの『梅酢トラベラー』ではなく(笑)『彼女の遺言』を読みました。


独り身で子供も持たなかった、仕事ひとすじの啓子は、病気のため54歳という若さで亡くなりました。啓子の小学生からの親友である宏美は、遺品として梅酢を受け取ります。同封されていたノートには「この梅酢で十円玉を磨いたら、その製造年に五時間だけ意識が戻る」という不思議な体験が記されていました。コインをどの液体、調味料につけたらキレイになるかという実験を小学生の時に二人はしていたのです。宏美はちょっとコワイし半信半疑ながらも、息子を不幸にしているDV嫁との初対面時に戻り、別れさせることに成功します。まぁそのためにギクシャクはしますが…。そして、なんらかの代償があることにも気づきます。しかし、啓子が当時付き合っていた男性のプロポーズを受けていたら、彼女の人生は幸福なものになったはず…と思った宏美は意識のタイムスリップに挑むことに……。不思議系ミステリーですが、限られた時間でタイムスリップしているからかこのくらいなら案外出来て体験している人もいるのかも?なんて思ってしまいました。


梅酢というと楳図かずおさんがうかんできて『楳図トラベラー』だったらホラーすぎて体験したくない……((((;゜Д゜)))しかし、この「楳」の字はなんぞや(´・ω・`)?で気になる……ので調べてみました!!


「木」+音符「某」。「某」は「木」+「甘(口の中にものを含む)」で、もともと実を口に含む「梅」を意味していたそうですが、推定音mbaiが、「暗い」を意味する一連の語(黒、墨、黙、海)と同音であったため、「(暗くて)はっきりしないもの」を表す代名詞となり、「うめ」の意では「楳」が造字されたようです。


また難読漢字に「梅皮花」というのがありました。カイラギと読むそうです。「鰄」とも書きますが「サメ類の背の中央部分の皮。硬い粒状の梅花の形をした突起があり、刀剣の鞘(さや)・柄(つか)などの装飾に用いる。また、その皮で装飾された刀。さめかわ。」のことで、他に「茶碗などの釉(うわぐすり)が焼成不十分のために溶けきらず、さめはだ状に縮れた状態。」を指すようです。「サメハダの器」などと書かれた説明を読むより「梅皮花」とあった方がずっと風情がありますね。その茶碗を手に取り「いい仕事してますね~」(古いなぁ)とか言ってみたい(^◇^)



最後に《汚れた硬貨はどこまでキレイにできるか?3つの方法を試してみた》をご覧下さい。


http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/kouka/


どうぞ、皆さま、身も心もピカピカの金曜日をお過ごし下さいませ(*´∀`)ノ




rohengram799 at 14:04|PermalinkComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ