歴史群像

2016年07月26日

布雲便りNo.26:おっとり砂丘 

♪どうぶつえんにこうよ~みんなでいこうよ~
昔、かまやつひろしさんが『みんなのうた』で歌っていましたが、そんな夏休みに突入しましたね。


文部省唱歌に『動物園』というのがありました。

♪動物園の のどかな午後は 孔雀がすっかり得意になって うちじゅう いっぱいひろげて見せる 金ぴか模様の晴着の衣裳


孔雀が一番手とは……やはりハデさが人目をひいて人気だったのかしら? お寺に孔雀がいるイメージがありますが、高島屋の屋上に象がいたことがあったそうです。名前は「高子」さん! また昔の銀座松屋の屋上にもライオンやトラがいたとか? こちらは写真とか残っていなくてはっきりしたことがわかりませんでした。屋上遊園地ではなく屋上動物園が当たり前だったのか、それだけの資金力があったと言うべきか……。



さてさて……県知事が「スタバはないがスナバはある」と発言し、今は「スナホ・ゲーム解放区」宣言し、砂丘でGO!GO!GO!な鳥取県ですが、一度鳥取県として置県されたのに島根県になり、消された屈辱の5年(オーバーかしら)があり、再置されたことをご存じでしたか?……って私も昨日『歴史群像』のイベントページを読んで知ったばかりなのですが(; ̄ー ̄A


《鳥取県再置の記録や史料を展示 鳥取市で特別展
 鳥取市上町の市歴史博物館で16日、特別展「明治九年鳥取縣(けん)廃セラレ候(そうろう)~鳥取県再置への軌跡」が始まった。1876(明治9)年に鳥取県が島根県に統合され、その5年後に鳥取県が再置された当時の記録や史料、書状など約150点が展示されている。9月25日まで。》


鳥取県が廃県された同年から今年で140年!! 県の歴史を再認識してもらおうと同館が企画。明治新政府の三条実美太政大臣が、明治天皇の裁可を待つ間に再置の準備をするよう、作間一介書記官に指示した貴重な書簡が初公開。 統廃合に不満を募らせた旧鳥取藩士が再置運動を起こし、政府への積極的な働き掛けで1881年に再置が実現した史料も紹介しています。このほか、西南戦争の際、山県有朋が「早く自らの命を絶ち本意でなかったことを証明し死傷者をこれ以上増やさぬように」と、西郷隆盛に戦争継続を思いとどまらせる書状も展示されているそうです。


鳥取県というと漫画家の谷口ジローさんの故郷というのと、砂丘が浮かんできますが、日本で一番大きな砂丘は青森の猿ヶ森砂丘(約15000ha)なんだそうです。鳥取砂丘は約5451ha。1ha(ヘクタール)=100m×100mです。猿ヶ森砂丘は昭和34年から防衛省・自衛隊の軍事演習場になっているので、一般人は入れません。だから知られていないと思います。


「鳥取砂丘・風の人」ってなかったっけ?と思ったら東京ロマンチカの歌でした(≧∇≦)

http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=rahyale&id=34520005



タイトルの「おっとり」はもちろん鳥取を意識したものですが、「のんびり」「ゆっくり」ではなく、「押っ取り刀で駆けつける」「押っ取り刀で飛び出す」の、急いだ状態をイメージして下さいませ。鳥取県がなくなっただと!? 一大事だ!!という、県民の、熱砂のようなアツい思いを感じて下さい!!


押っ取りは「急いで手に取る」「勢いよくつかみ取る」ことを意味する「押っ取る」の連用形で、押っ(おっ)は「おっぱじめる」や「おったまげる」の「おっ」と同じ、動詞に付いて意味を強める「押し」の音変化だそうです。“おっぺけぺー”もペケを強調しているのかしら(´・ω・`)?




明日の記事はまた「読書感想文」(笑)の予定です(* ^ー゜)ノ






rohengram799 at 19:06コメント(10) 

2013年07月16日

うろこ雲便りNo.34:カレーなるTuesday

昨晩は涼しかったですね~仕事でグッタリした身体には心地よかったです~虫の音が聞こえたのは気のせいでしょうか?(笑)


久しぶりに『歴史群像』を買ったワタクシ、防災頭巾の歴史がイラストでわかりやすく描いてあり、昭和11年生まれの方の「物不足だったけど綿だけはあった」という言葉が印象的でした。今は防災頭巾といいますが、昔は防空頭巾と言ったのですね。戦時中のいつ頃からかはわからないそうですが…。


食べ物の話題も楽しい~虎屋の羊羮も人気だったそうで(室町時代からなんだそうですね!!)軍御用達羊羮のうち海軍用は「海の勲(いさおし)」陸軍用は「陸(くが)の誉(ほまれ)」と名付けられていたそうです。そして、海軍さんといえばカレー!!お昼に玉子サンドを食べ(コンビニのですが)満足した私、最近の帰りはカレー!カレー!!な気分なので、またまた最寄り駅近くのコンビニに立ち寄りレトルトカレーの棚を見たら……マリコさま・優子・まゆゆの写真入りのものが……ハウス食品、いつから?コレを買うのってエロ本買うより恥ずかしくない?(私だけ?)それにまゆゆ、何故きのこたっぷりカレーなのぉ!? あ、まゆゆ課題図書『おれのおばさん』読み終わりました。解説の中江有里さんが最後に書かれていた、亡くなられた児玉清さんの一言「ぼくもこの本、好きなんだよ」にうんうん、とうなづいたワタクシでした。


おっと、話が脱線しましたが(((^^;)《戦士の食卓》というコラムがあり、毎回カラーでごちそうが載るんですが、今回はなんとも豪華な☆伊勢海老カレー☆であります!!『海軍研究調理献立集』(昭和7年発行)には兵食用としてアサリのカレーも紹介されているそうです。他にカレー粉を使う料理として魚のカレー揚げ、アジのカレー焼き、豚とじゃがいも(馬鈴薯)のカレー煮が、また士官食として小海老のカレー煮も……どんな本か見てみたいです。


しかし、カレーといえばカレーうどんほどではないでしょうが、衣服についたらどうしよう!!の危機感があるワタクシ、海軍さんは白い軍服……そこにカレーが……ああ、そんなことを考えてはいけませんね!第一、そんな粗相をするような人間は伊勢海老カレーを食べられるような立場にはいないはず( ̄▽ ̄;)


『食堂つばめ』にはカレーは出てこなかったと思いますが「大好物は人に作ってもらったもの」という主人公の言葉はいいな~と思いました。こんな家族が欲しい!!


連休明けでお仕事の皆さま、ツラいですががんばっていきましょう!!今日は火曜日、カレー曜日かな~(゜゜;)\(--;)





rohengram799 at 09:54コメント(7) 

2011年08月05日

ひつじ雲便り480:バタバタ・パタパタ・ハタハタ

本日の読売新聞朝刊の見開き全面広告『コクリコ坂から』~お金使っているな~という印象(-_-;)


この作品では旗を揚げているシーンをよくみますが、小学校の時に週番なるものがありました。高学年からだったのか記憶が曖昧ですが、確か4番生と呼ばれる人が毎朝「校名旗」を揚げる担当でした。


旗を揚げる担当ということは理解できても「こうめいき」という言葉がうまく漢字変換されず~私のアタマの中は「公明器」や「光明器」に誤変換されたまま大人になりました(笑) いつもなんでへんな呼び方をするのかと疑問でしたが…自分がアホアホなだけでした(´д`)


あと本屋で『歴史群像』を立ち読みしたのですが、海軍さんのコラムで、艦同士で掲げられた旗を確認し、上官の艦にはラッパで挨拶するというような話がありました。確認が遅れて挨拶しないと「こんにちは。お忙しいようですね」と海軍さんらしいスマートなイヤミがモールス信号で届いたみたいです(笑)


立ち読みゆえに記憶が曖昧ですが、興味のある方はノモンハンの特集がくまれた最新号をご覧下さいませ(((^^;)


《歴史群像》http://rekigun.net/magazine/



rohengram799 at 14:24コメント(14) 

2011年01月07日

ひつじ雲便り349:オスカー マーク2

昨日は本屋さんでダンナ用に『歴史群像』も購入。付録に《日の丸の翼カレンダー》があり、ちょうど手頃な大きさで、私好みに軍人さんの誕生日や航空機メーカーの設立記念日などが書いてあります。


1、2月は富士山をバックに飛行する『富嶽』のイラスト。尾翼に描かれた富士山のマークに大和魂を感じます。戦闘機や戦争を讚美するつもりはありませんが、これが先人たちの手で作られたと思うと感慨深いです。大切な人たちが住む国を護るための翼と信じていたでしょうから。


さて、アメリカ軍は日本陸海軍機識別シルエットを作成していたらしく、それに名前をつけていたようです。戦闘機とフロート付きの水上機には男性の愛称、爆撃機、飛行艇、偵察機には女性の愛称というよう命名規則があったそうで…。


細かい話はカットしますが(笑)私が注目したのは、一式戦闘機『隼』二型の愛称。


《オスカー マーク2》……ああっ!?(゜□゜)


三式戦闘機『飛燕』(漫画の「はじめの一歩」にチラっとでてくる…)は《トニー》…このセンスはよくわかりません(笑)


新しくブログをはじめる時は『空のお城通信~オスカー マーク2』にするか…と思った、ほにょにょな話題でした。失礼m(__)m




rohengram799 at 11:01コメント(11) 

2010年10月24日

第310号:シュークリームと平和と『フランスの友だち』

今日は『トリコロール記念日』~1794年、フランス国民公会が、現在フランスの国旗となっている青・白・赤の三色旗(トリコロール)を国家の象徴と定めた日。


フランス革命の時、市民軍はパリ市の色である赤と青の帽章をつけていました。革命が全国に広がって、市民軍は国民軍となります。その総司令官に任命されたラファイエットは、「市民と王家が協力して新しい国を作るべき」として、帽章に王家の色である白を加えます。王政は1791年に廃止されましたが、この3色を使った三色旗は国民軍のシンボルとなった、ということです。


フランス革命というと、どうしてもオスカルさまを思い出してしまいますが、今回タイトルの『Apres la guerre』は、1989年のフランス映画からで、フランスの小さな村を舞台にした戦争と民衆を描いた作品。
ただ海外版しかDVDはないみたいなので、私も実際は見ていないです(-_-)


フランス革命に関連したことだったので、フランス制作の戦争関連映画を探したところ、『歴史群像』100号記念特別号に《WW?欧州戦線戦争映画100選》という特集があったので…。 他には有名な『禁じられた遊び』『影の軍隊』『鉄路の闘い』ドイツとの『ブリキの太鼓』ポーランドとの『戦場のピアニスト』など…。


ただ、圧倒的にアメリカ制作の映画が多いです。
経済力なのか、アメリカが戦勝国だという誇示なのか……はふぅ(._.)


おやつにシュークリームを食べながら、平和について考えるなんて、ノンキな日本人の発想でしょうか…(__)


rohengram799 at 11:40コメント(4) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード