氣綱

2019年04月23日

春愁雲便りNo.22:私だけに

「絆」を「氣綱」と書いている話をどこかでチラ見した記憶があるのだけれど(氣の字の方が気よりパワーがあるらしい)、もともとはこんな漢字だったのか、当て字なのか、意味合いが違うのか(´・ω・`)?


「気力の綱」「気持ちの綱」だとすれば、他人との関係より、自分の身体と心の関係のような気がする……と、こちらの五行詩を読んで思いました。


http://iwasakiwataru.com/?eid=1126



宝塚の『エリザベート』で「私だけに」という歌があって、これを思い出したのでタイトルにしてみました。


たとえ王家に嫁いだ身でも
命だけは預けはしない
私が命委ねるそれは 私だけに
私に……



https://petitlyrics.com/lyrics/1012656




rohengram799 at 17:18|PermalinkComments(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ