水原弘

2018年01月18日

新光雲便りNo.13:たそがれの案山子

コマーシャルでちあきなおみさんが歌っていた『黄昏のビギン』という歌、もともとは♪黒い花びら~の水原弘さんが歌っていたみたいですね。うん、あの声にあっているような気がする・・・って私は何歳なんだ(笑)



久しぶりに近藤ようこさんの漫画を買いました。この方の絵柄の雰囲気も好き。タイトルは『たそがれの市 あの世お伽話』。描きおろしを含めた11話が収められています。


http://konomanga.jp/guide/130655-2



死んだら最初にたどり着くさびしい場所、それが「たそがれの市」。 自分が死んだと気付かない”大人のおいと”を見かけた少女のおきく。おきくはおいとにまとわりつく幽霊を遮り言う。「お前は元の場所に戻りな」と。おきくとおいとの関係は・・・な最初の「紅の皿」。病で先だった母が子を思う深い哀しみを描いた「涙池」。身分違いの恋と因縁を描いた「思い出」など。



『案山子』では、お館さまに見込まれ、また戦に行き手柄を立て出世し、母親に楽な暮らしを、という息子が出てきます。


「おまえ侍の真似ができるかい! お孫さんの無事だけがおっかあの望みだよ」

「ふん ここで生き腐れていたら おれはあの案山子と同じだ」

「親不孝者! おまえが留守の間 田を守ってくれた案山子の方が頼みになるよ!」

「じゃあ 案山子を息子と思え」と笑う息子の姿を見送り、顔をおおった母親の嘆き。


「ほんとうはおまえを案山子にしてでも 手元においておきたいよ・・・」



お鼻がツーンとしてしまった・・・そして、さだまさしさんの『案山子』を歌いたくなるのでした。



♪元気でいるか 街には 慣れたか友達出来たか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る ・・・






rohengram799 at 18:41コメント(4) 

2015年03月18日

咲雲便りNo.18:思索~黒い花びら

昨日は本当にアツかったですね~半袖で働いていても気持ちが悪くなってきそうでした(;´д`)


春だなぁ~って思うのは、天気もありますがテレビ番組の改編とかもそうですね。まぁほとんどドラマとかも見ないのですが、マンガや小説を映像化したものが多いので、イメージと違うからやめて(/´△`\)とブツブツ言いたくなってしまうのがオバチャンであります。4月からはAKBのまゆゆが『書店ガール』を原作にした『戦う書店ガール』に主演とか。まぁもともと『ブックストア・ウォーズ』というとイマイチ買う気にならない(失礼!)内容がそのままのストレートなタイトルだったのが『書店ガール』になったので、そのタイトルを見て買って読んだワタクシがアレコレ言うのも……しかも続編は買ってない(O.O;)(oo;) でもドラマタイトルとしてはなんか安っぽい気がする(´-ω-`) 一方で『書店員の恋』のドラマ化でなくてよかったと思ったりして……この話がAKBの誰か主演だったらすごくイヤだもん('~`;)


http://www.ktv.jp/shoten/index.html



さてさて、春を代表する花はたくさんありますが、近くの小学校にパンジーが植えられていました。パンジーは英語「pansy」からの外来語。「思い」「考え」「思索」を意味するフランス語「pensee(パンセ)」に由来しています。花の形が頭をたれて物思いにふける人の顔のように見えるところから……だそうです。私が20くらい使っている誕生花&花言葉の本には……英名は200以上あると言われ一番長い呼び名は「彼女に入り口で会って部屋の中でキスしなさい」……とあって、なんだそりゃ(;゜∀゜)


日本には江戸時代末期にオランダから渡来。当初は「遊蝶花(ゆうちょうか)」や「胡蝶菫(こちょうすみれ)」と訳された後に「三色菫(さんしきすみれ)」と呼ばれましたが、英語「pansy」から「パンジー」の呼称で定着したようです。またパンジーを低木や潅木の下に植えると、生物マルチのような、雑草を抑制する効果が得られるとか……これは知りませんでしたわ!


パンジーって可愛いイメージですが「ブラックオパール」「ブラックビューティー」「ブラックパール」「ブラックベルベット」「ブラックプリンス」など黒い花びら(本当に真っ黒ではないですが)のものもあるそうです。他の黒い花びらもこちらでご覧下さいませ。


http://page.freett.com/tisananiwa/catarogu/kuro.htm



ワタクシ、面黒くても腹黒くはなくてよ(*^O^*)←ウソつき! 皆さま、パステルカラーのステキな1日をお過ごし下さいね♪



《おまけ》

面黒いは「おもしろい」と「つまらない」の相反する意味で用いられた言葉。おもしろい意味の面黒いは近世江戸の通人や職人が使い、つまらない意味の面黒いは俳句や川柳で使われました。もちろん私のはツマラナイ方の意味ですがρ(・・、)
詳しくはコチラを。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3578/2004/omokuroi.htm





rohengram799 at 09:27コメント(8) 

2014年06月26日

慶雲便りNo.22:黒い花びら

前の記事の『バッタ塚』の時に、「犬塚」さんはよく聞くけど「猫塚」さんもいるのかしら?と思ったら全国に80軒弱いらっしゃるみたいですね。「猫村さん」はもちろんいらっしゃいます! 検索中に『犬塚』という昔話が見つかりました。


http://www.nishi.or.jp/~siryo/minwa/minwa09.html


しかし……四国に助っ人でイヌ……四国はタヌキなのでは?そしてなぜひょうたん?もしかして「ひょうたんから駒(こま=馬)ならぬ「ひょうたんから狛犬」なのか?なんていろいろ考えてしまいました(´-ω-`)



だいぶアタマを使ったので(;・ω・)甘いもの、甘いもの~GABAチョコ美味しい!という前ふりをしておいて……チョコレート色のユリがあるって皆さまはご存じでしたか? 私はチョコレート・コスモスは知っていたのですが、ユリは初耳……クロユリと違うの?と思って調べたら、なんということでしょう!!な華やかさ、妖しさ\(◎o◎)/ クロユリが安達ヶ原の鬼婆だとしたら(す、すみませんっ! でも深山黒百合とか漢字を見たら、かつての深窓のご令嬢って感じがして)スカシユリのランディーニは白雪姫の継母か黒衣の伯爵夫人のようじゃないですかぁ!!←あくまでワタクシのイメージ(◎-◎;) クロユリは高山植物なので、山に捨てられた老婆の化身なのかしら?とか「臭い」と書いてある記事を読むと「加齢臭なの?」とか自分もバァサンになりつつあるのに思ってしまう(;>_<;)


クロユリと同じ仲間で「フリチラリア」というのもあるのですが(コレもなんか、フリフリのドレスをチラリ♪なリア充に置き換えてしまう)和名の「ヨウラクユリ」の「瓔珞」は仏具で、釣り鐘型をした飾りのことだそうです。ヨウラクがロウラクに見えて、若いおにいさんを巧みに手なずけて、自分の思いどおりに操るイケナイ年上の女性(ひと)がうかんでくるおやぢなワタクシ、本当に脳ミソがカビているのではないかと思うくらい、困ったものです……(-。ー;)



妖しいユリさまたちはコチラをご覧下さいませ!


http://pongarden.blog47.fc2.com/blog-entry-869.html



今回のタイトルから水原弘さんを連想したアナタ! 私より年上ですよね!
私はリアルタイムで聞いたことがありませんから( ̄▽ ̄;)






rohengram799 at 21:03コメント(12) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード